クリスティーナ・アギレラ

『バーレスク』 感想&予告編 - 圧倒的な歌唱力とゴージャスなショーに魅了される一作

以前やっていたブログのレビューより加筆転載です。
これぞアメリカン・ドリーム。単純明快なサクセスストーリーだけれど、素晴らしいパフォーマンスに魅了されまくりでした☆

20160111_Baresuku.jpg

満足度:★★★★★
2010年:アメリカ
監督:スティーヴン・アンティン
出演:クリスティーナ・アギレラシェールクリステン・ベルキャム・ギガンデットスタンリー・トゥッチ
公式HP:バーレスク

あらすじ
歌手になる夢を追い掛けている田舎娘のアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、セクシーなダンサーたちが毎夜ゴージャスなショーを繰り広げているロサンゼルスのバーレスク・クラブで働くことに。
オーナーであり伝説的なパフォーマーであるテス(シェール)のもと、たぐいまれな歌唱力と傑出したダンスの才能を花開かせていくアリは人気者となり、経営難に苦しんでいたクラブは再び盛りあがりを見せていくが・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。