シルヴェスター・スタローン

『ロッキー・ザ・ファイナル』 感想&予告編 - ついに目覚めてしまったロッキー熱!?

チャチャチャー・チャチャチャー♪
チャチャチャー・チャチャチャー♪
パラパッパパ・パパパー・・・・・・パパラッパ・パー♪(ロッ、キー!ロッ、キー!)

てなことで、本日のお題は『ロッキー・ザ・ファイナル』。
長年避けてきたロッキーに、ついにやられてしまった記念すべき一作です。

20150914_ROCKY

満足度:★★★★★
2006年:アメリカ
監督・脚本:シルヴェスター・スタローン
出演:シルヴェスター・スタローンバート・ヤングアントニオ・ターヴァージェラルディン・ヒューズ
公式HP:ロッキー・ザ・ファイナル

あらすじ
ボクシング界から引退したロッキー(シルヴェスター・スタローン)は小さなイタリアンレストランを経営して生計を立てていた。
他界した愛妻エイドリアンとの思い出にすがって生きているロッキーは、己の心の喪失感を埋めるかのように、再びプロボクサーのライセンスを取得するために立ち上がるが・・・。

シルヴェスター・スタローンを無名の俳優から一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』のシリーズの第6弾。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。