夏帆

『海街diary』 感想&予告編 - 淡々とした中に残る大きな余韻

年初め、元旦の夜に見た映画です。
新年早々、美女4人にしっかり目の保養をさせていただきました。しかも、美しいだけじゃない。それぞれが持ち前の良さを十二分に発揮して、キャラを作り上げていました。

ん~、もしこんな姉妹が隣に住んでいたら、毎日ストーキングしちゃいそうです。笑

20160109_UMIMACHI.jpg

満足度:★★★★★
2015年:日本
監督:是枝裕和
出演:綾瀬はるか長澤まさみ夏帆広瀬すず加瀬亮堤真一樹木希林風吹ジュン
公式HP:海街diary

あらすじ
鎌倉で暮らす三姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)のもとに、15年前姿を消した父親の訃報が届く。葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、そこで、異母妹のすず(広瀬すず)と初対面する。
すずは父と母が別れる原因となった女性の子どもであったが、その女性は既に亡くなっており、父の新しい再婚相手とともに暮らしていた。義理の母親とは居心地悪そうな様子を見せつつも、父の死に気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。その姿を見た幸は、彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛け、4姉妹での鎌倉の生活がスタートする。

☆ベストセラーを誇る吉田秋生のコミック(海街diary コミック 1-6巻セット (フラワーコミックス))を実写化。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。