スポーツ

『シンデレラマン』 感想&予告編

今年は秋を感じるのがここ数年よりも早かったですね。
秋といえば、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋・・・といろいろ言われますが、みなさま、いかがな秋をお過ごしでしょう? わたしは授乳中ゆえ、食欲がとまりませーん!でも、来月からは妊娠前に突然はまったジョギングを復活させようと画策中です。

ともあれ、本日はスポーツ系のヒューマンドラマをご紹介します。
ストーリー展開は王道ですが、けっこう泣いてしまいました。

20141013_sinderella.jpg

満足度:★★★★
2005年:アメリカ
監督:ロン・ハワード
出演:ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーゴ、パディ・コンシダイン

あらすじ
1920年代、ボクサーとして華やかな戦歴飾ったジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)。
しかし、年齢や怪我からライセンスを剥奪されてしまい、大恐慌の最中、日雇いの仕事をしながら妻(レニー・ゼルウィガート)や子供たちと暮らすことに。生活は貧しく、食べ物を買うことさえもやっとの時、ジムの元に試合に出るチャンスが巡って来て…。

※実在した伝説のボクサー、ジム・ブラドックの奇跡を描いた実話ドラマです。

スポンサーサイト

『レスラー』 感想&予告編

きのうは30度近くまで気温があがり、今日は昼間でも20度。なんつー落差。
でも、おかげで、おととい安売りしていたおでんの種、今夜ばっちりいきました!最近、出た赤いパッケージのプレミアムモルツとおでんの相性が抜群すぎて、ツレ用に買ったやつも飲んでしまいました。(>▽<)/

ちなみに、うちのおでんはトマト入り。丸ごと入れると、美味しいんですよ~♪

さてさて。今宵ご紹介するのは前置きとは何も関係ない、この映画。文字通り、レスラーのお話でございます。

男のロマンととるかバカヤロウととるかはアナタ次第です☆

20131004_RESLER.jpg

レスラー@ぴあ映画生活
2008年:アメリカ
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド、マーク・マーゴリス
満足度:★★★★

あらすじ
かつて人気を極めたレスラーのランディ(ミッキー・ローク)。けれど、プロレス業界の衰退と自身の加齢によりかつての勢いは失われ…。
そんな折、心臓発作を起こしレスラー生命をたたれたたランディは家族のいない自分の孤独さに気づき、打ちひしがれます。ランディはお気に入りのストリッパーの励まし(マリサ・トメイ)を受け、一人娘のステファニー(エヴァン・レイチェル・ウッド)との関係を修復しようと試みますが…。

『ウォーターボーイズ』 感想&ENDING動画

先週末のこと。天気予報の晴れマークがいつもより激しいと思っていたら、なんと「猛暑」マークとのこと!
いきなりの最高気温35度にも負けず、元気いっぱいな子どもをつれて、区民プール(屋内)へ行ってきましたが、自転車での往復にヘロヘロになってしまいました。夏の週末はなかなかつらいです・・・。

ともあれ。夏といえば、プール!プールの映画といえば、やはりこちら!
あははっと笑える青春シンクロ物語です。

20130706_WaterBoys.jpg

ウォーターボーイズ@ぴあ映画生活
2001年:日本
監督:矢口史靖
出演:妻夫木聡、玉木宏、三浦哲郎、近藤公園、金子貴俊、竹中直人
満足度:★★★★

あらすじ
部員が高校3年生の鈴木(妻夫木聡)ひとりという廃部目前の唯野高校水泳部。
そこへ突如やってきたのは若くて美しい女性教師・佐久間(眞鍋かをり)。それを知った男子たちはこぞって入部するが、佐久間先生はなんと“シンクロをやる”と言い出し・・・。

『ローラーガールズ・ダイアリー』 感想&予告編

”I like you very much, just as you are.”
前回ご紹介した映画『ブリジット・ジョーンズの日記』では主役のブリジットがこんな台詞を言われて、メロメロにとろけていたわけですが。
そりゃあ、「そのままのきみが大好きなんだ」なんて言われたら、嬉しいですよねぇ。

だって、実は、「本当に素の自分」で本当にいられる場って少ないですもの。だからこそ、その自分が認められるって嬉しい!
そして、嘘いつわりなく、「自分らしく」過ごせるのって、すごく幸せ!

今のままの自分でいいのか悩んでいたアラサーのブリジット。
自分らしさを探していたティーンエイジャーのプリス。
歳は違えど、二人が見つけた答えはひとつ。「自分らしいのが一番!」。
というわけで、今回は「自分らしさ」つながりで、こちらの映画をご紹介します。

家族、友情、スポーツ、ラブ。いろんな要素がつまった一作です♪

110505Rolla.jpg

ローラーガールズ・ダイアリー@ぴあ映画生活
2009年:アメリカ
監督:ドリュー・バリモア
出演:エレン・ペイジ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、クリステン・ウィグ、ドリュー・バリモア、ジュリエット・ルイス
公式HP:ローラーガールズ・ダイアリー
満足度:★★★★

あらすじ
17歳のブリス(エレン・ペイジ)は、母(マーシャ・ゲイ・ハーデン)に従って美少女コンテストの数々に参加してきたものの、興味はちっとも持てず、どこか窮屈な日々を過ごしていました。
そんなある日、ブリスは隣町で開かれたローラーゲームの試合を見て、その虜に!
年齢を偽り、チームに仲間入りし、猛練習を重ねるうちに・・・

『コーチ・カーター』 感想&予告編 - 先生の信念に心を揺さぶられた一作 

前回ご紹介した『タイタンズを忘れない』は史実を基にした感動のスポ根もので、デンゼル・ワシントンの熱血コーチぶりにはやられました。
そういうわけで、今回は「熱血コーチ」つながりでいきます。こちらも、『タイタンズ~』同様、史実を基にした映画です。

これまた涙・涙!ティッシュ必須ですよ~!(T■T)/

090412CoachK.jpg

満足度:★★★★★
2005年:アメリカ
監督:トーマス・カーター
出演:サミュエル・L.ジャクソン、ロブ・ブラウン、リック・ゴンザレス、アシャンティ

あらすじ
1999年、かつてバスケの名門校であったカリフォルニア州立リッチモンド高校は、昨シーズンの成績、4勝22敗という弱小チームになり下がっていた。
そんなチームを立て直すため、伝説の卒業生 - バスケの全米代表に選抜された - ケン・カーター(サミュエル・L.ジャクソン)がコーチとして就任する。
就任早々、カーターは、選手たちに「契約書」を渡し、厳しい条件を課すが、そのやり方には、選手からはもちろん、その両親や学校長からも反発がおこり・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。