SF

『第9地区』 感想&予告編 - ぐいぐい引き込まれていく一作、ラストは・・・

いろいろあり、11月はちっとも更新できませんでした。
来年からは仕事にも復帰しなければいけないし、もう数年ごしの感想移行、今月こそは・・・。
というわけで、この映画。以前書いたレビューを見ても、ちっとも内容が思い出せないのですが。これは歳のせいでしょうか?苦笑

ともあれ、引き込まれていった記憶はぼんやりあります!ぐいぐい魅せられた!・・・はずです。(^へ^;)

DAI9CHIKU

満足度:★★★★
2009年:アメリカ
監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームジェイソン・コーブ

あらすじ
ある日、南アフリカ上空に正体不明の宇宙船が姿を現す。宇宙船の中にいた宇宙人たちは攻撃性がなかったため「難民」として認定されることとなった。 それから28年後。共同居住地区である第9区のスラム化により、超国家機関MNUは難民の強制収容所移住計画を立て、ヴィカス(シャルト・コプリー)が責任者に任命されるが・・・。

スポンサーサイト

『月に囚われた男』 感想&予告編

今宵は中秋の名月ということで・・・
この記事を書いているのは実は8月(あと数日で出産予定です!)なので、綺麗なお月様が見られるかどうか知る由もないのですが、とりあえず、月にまつわるこちらの映画をご紹介します。

噂に違わぬよく捻られたしかけに、ほおぉ~っとなりました。

2014090TUKINITORAWARETAOTOKO.jpg

満足度:★★★★
2009年:イギリス
監督:ダンカン・ジョーンズ
出演:サム・ロックウェル、ケヴィン・スペイシー(声の出演)
公式HP:月に囚われた男

あらすじ

近未来 - 地球のエネルギーは底をついた。
新たな燃料源を38万キロ彼方の「月」で採掘。
「ルナ産業」が実行し、一人の男が派遣された。

契約期間:3年
赴任地:月
労働人数:一人



『ゼロ・グラビティ』 感想&予告編

けっこうな話題になっていた映画ですね。
おうちでブルーレイ鑑賞だったので、やはり迫力には欠けましたが、面白かったです。映画館で3D鑑賞したらさぞかし凄かったんだろうなぁ・・・。

ジョージ・クルーニーって、あまり好きじゃなかったんですが、ちょっとだけ好きになりました。笑

20140818_ZEROGRAVITY.jpg

満足度:★★★★
2013年:アメリカ、イギリス
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー
公式HP:ゼロ・グラビティ

あらすじ
地表から600キロメートル離れた宇宙空間で、ミッションを遂行していた医療技師のDr.ライアン(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。
そこへ予想外の宇宙ゴミが飛来してきて、宇宙船は大破、仲間は全員死亡。漆黒の無重力空間へと放り出された絶望的な状況の中、2人は懸命に生還する方法を探り・・・。

『アバター』 感想&予告編

またまた1ヶ月以上ぶりのレビューになってしまいました!
DVD鑑賞はぽつぽつしているんですけどね。このブログのレビュー、一応、「数珠繋ぎ」ってことで自分ひとりでこだわっているから、余計に更新しにくくなっているんですよね・・・。

でも、せっかくだから、100レビューまでは数珠繋ぎでがんばってみようかな、と。

というわけで、今回は前回ご紹介した『闇の列車、光の旅』より、「新世界」続きということで、こちらの映画を選びました。
ホンジュラスの少女がアメリカという新世界にたどり着く前者、アメリカ人兵士が地球外の新世界でアバターとなる後者。ね?どちらも、「新世界」。

・・・って、もう、限りなく、無理やりな数珠繋ぎになちゃってますね・・・。

ストーリーはさておき、映像がすごーーーい!!!作品でした。

110815AVATA.jpg

アバター ブルーレイ版エクステンデッド・エディション(本編3種収録)(初回生産限定3枚組) [Blu-ray]
2009年:アメリカ
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、ミシェル・ロドリゲス、スティーブン・ラング、シガニー・ウィーヴァー
公式HP:AVATAR アバター

あらすじ
22世紀。人類は地球から遠く離れた宇宙で、莫大な利益をもたらす鉱物を発見します。
その鉱物を採掘するため、元兵士のジェイク(サム・ワーシントン)はアバター(ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体)をもちい、その星の先住民ナヴィに近づいていきますが・・・

『アルマゲドン』 感想&予告編 - 泣かせポイントにひっかかって感動しましょう的な一作

シルバーウィーク最終日。
皆さん、お休みは満喫されましたか?

さて。前回ご紹介した『フィッシュストーリー』は売れないバンドの1曲が地球を救った!っていう映画でした。「地球を救う」映画っていうと・・・いろいろ思い浮かびますが・・・今回はブルース・ウィリス主演のこの映画をご紹介したいと思います。

ベタなんだけど、映画館で観た時は泣いちゃいました。(;へ;)

090923armageddon1.jpg

満足度:★★★★
1998年:アメリカ
監督:マイケル・ベイ
出演:ブルース・ウィリス、ベン・アフレック、ビリー・ボブ・ソーントン、リヴ・タイラー

あらすじ
テキサス州に匹敵する大きさを持つ巨大な小惑星が地球に接近。
NASAから人類滅亡の危機を救うのに白羽の矢を立てられた石油採掘のプロ・ハリー(ブルース・ウィリス)は仕事仲間とともに厳しい訓練を受け、惑星へ向かいますが・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。