歴代日本アカデミー賞

2008年 第31回日本アカデミー賞

ぽつりぽつりと過去を振り返ってみようというこのコーナー。
今回は2008年にタイムスリップです。


■最優秀作品賞:『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
■最優秀監督賞:松岡錠司 (『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』)
■最優秀脚本賞:松尾スズキ (『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』)
■最優秀主演女優賞:樹木希林 (『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』)
■最優秀助演男優賞:小林薫 (『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』)


東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

【DVD鑑賞】
満足度:★★★★
めちゃくちゃ泣いたりりー・フランキーの自叙伝的小説の映画化。劇場の泣きの雰囲気にのまれてしまいましたが、「オカン」になった今見たら、また別の意味で泣けてくるかもしれません。時間ができたらまた見直してみたい映画です。詳しい感想はコチラ


スポンサーサイト

2013年 第36回日本アカデミー賞

ぽつりぽつりと過去を振り返ってみようというこのコーナー。
今回は2013年にタイムスリップです。


■最優秀作品賞、話題賞/作品部門:『桐島、部活やめるってよ』
■最優秀監督賞:吉田大八(『桐島、部活やめるってよ』)
■最優秀編集賞:日下部元孝(『桐島、部活やめるってよ』)

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)
バップ (2013-02-15)
売り上げランキング: 3,435


2011年 第34回日本アカデミー賞

ぽつりぽつりと過去を振り返ってみようというこのコーナー。
今回は2011年にタイムスリップです。


■最優秀作品賞:『告白』
■最優秀監督賞、最優秀脚本賞:中島哲也(『告白』)
■最優秀編集賞:小池義幸(『告白』)


告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
東宝 (2011-01-28)
売り上げランキング: 18,905


満足度:/完成度:★★★★★
全然好きじゃないけど、やられた作品です。松たか子は凄いよね。
詳しい感想はコチラ


2010年 第33回日本アカデミー賞

ぽつりぽつりと過去を振り返ってみようというこのコーナー。
今回は過去記事を修正して、2010年にタイムスリップです。
そういえば、『沈まぬ太陽』、見たいと思っていたけれど、そのままになっているなぁ。

さあ、それではいってみましょう、第33回日本アカデミー賞の受賞結果です♪


◆最優秀作品賞:『沈まぬ太陽』
◆最優秀主演男優賞:渡辺 謙(『沈まぬ太陽』)
◆最優秀編集賞:新井 孝夫(『沈まぬ太陽』)


沈まぬ太陽 Blu-ray(特典DVD付2枚組)

2012年 第35回日本アカデミー賞

過去の受賞作を振り返っていこうということで、過去記事を修正~。
今回は2012年にタイムスリップです。


◆最優秀作品賞、最優秀音楽賞、最優秀撮影賞、最優秀照明賞、最優秀録音賞、最優秀編集賞:「八日目の蝉」
◆最優秀監督賞:成島 出(「八日目の蝉」)
◆最優秀脚本賞:奥寺 佐渡子(「八日目の蝉」)
◆最優秀主演女優賞:井上 真央(「八日目の蝉」)
◆最優秀助演女優賞:永作 博美(「八日目の蝉」)


八日目の蝉 通常版 [DVD]八日目の蝉 通常版 [DVD]
(2011/10/28)
井上真央、永作博美 他

商品詳細を見る

こどもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかない希和子(永作博美)は、ちょうど同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する。しかし、二人の母娘としての幸せな暮らしは4年で終わる。さらに数年後、本当の両親にわだかまりを感じながら成長した恵理菜(井上真央)は大学生になり、家庭を持つ男の子どもを妊娠してしまう。


子役の子が可愛くってねぇ。クライマックス、旦那まで涙ぐんでいました。原作の良さを裏切らないいい仕上がりでした!(詳しい感想はコチラ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。