ラブストーリー

『ラブソングができるまで』 感想&予告編

他ブログからの加筆修正です。(年内には移行を終わらせよう~!) 学生時代からラブコメ系ってあまり見てこなったので、ヒュー・グラントもなんとなく避けていたのですが・・・
ブリジット・ジョーンズの日記』あたりから、ちょっとずつ好きになり、今では大好きになってしまいました。そこそこハンサムなのに、なんかダメな男の役が似合いますよねぇ。(>m<)

そんなヒューの魅力いっぱいの一作です!

20151023_lovesong.jpg

満足度:★★★★
2006年:アメリカ
監督:マーク・ローレンス
出演:ヒュー・グラントドリュー・バリモアヘイリー・ベネットブラッド・ギャレットクリステン・ジョンストン

あらすじ
今や落ち目の80年代のポップスター、アレックス(ヒュー・グラント)。そんな彼のもとに、人気絶頂の歌姫からデュエット曲の作曲と収録のオファーが舞い込む。
絶好のカムバック・チャンスを得るアレックスだったが、作詞経験のない彼は作家志望のソフィー(ドリュー・バリモア)を巻き込むことに。

スポンサーサイト

『シンプル・シモン』 感想&予告編 - 誰かを想う気持ちに愛おしさがこみあげてくる一作

こういう単館系、やっぱり好きだなぁ~としみじみ。
今は子育て真っ最中だから、映画館に行くといえばアニメに限られているけれども。10年先にはこんな映画を一緒に見に行って、感想を言い合ったりもできるかな?
そう考えると、今、好きな映画を観にいけないことも、前向きにまあいいかって思えますね。

複雑な世の中でシンプルに生きるのは難しいことだけれど、シンプルだからこそたどり着けた結末にニンマリしてしまいました。

20150923_SIMON.jpg

満足度:★★★★★
2010年:スウェーデン
監督:アンドレアス・エーマン
出演:ビル・スカルスガルドマルティン・ヴァルストロムセシリア・フォルスソフィ・ハミルトン
公式HP:シンプル・シモン

あらすじ
日々の変化と他者との関わりが苦手なアスペルガー症候群のシモン(ビル・スカルスガルド)。
彼の最大の理解者である兄のサム(マルティン・ヴァルストロム)は、恋人フリーダ(ソフィ・ハミルトン)と暮らす新居に彼を迎え入れて共同生活を送ることにするが、自分の生活ペースを事細かく守ろうとするシモンに嫌気が差したフリーダは出ていってしまう。
落ち込むサムに生活のペースが乱されたシモンは、サムに新しい恋人を探し出そうとするが・・・

『ハチミツとクローバー』 感想&予告編 - 恋がしたくなってしまう一作

雨、雨、雨でいやんなっちゃいます!
お出かけするのも面倒くさいし、洗濯物も乾かない~・・・
ってなわけで、気分だけでも爽快になれるよう、爽快感のある映画をご紹介します♪(他ブログにのせた過去記事からの転載なので、伊勢谷友介さんを初めて知った風になってます。驚)

こんな風に誰かを好きになること、きっともうないんだろうなぁ・・・と思うと、切ないような清々するような。でも、恋がしたいなぁと思ってしまう一作です。Ψ(ー▽ー)Ψ

20150911_Hachimitsu.jpg

満足度:★★★★★
2006年:日本
監督:高田雅彦
出演:櫻井翔伊勢谷友介蒼井優加瀬亮関めぐみ堺雅人西田尚美

あらすじ
浜美大に通う竹本(櫻井翔)は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみ(蒼井優)を見て恋に落ちる。彼女は大学の教授・花本(堺雅人)の親戚で、天才少女と噂される転入生だった。
浜美大にはもう1人非凡な才能をもつ森田(伊勢谷友介)がいて、彼は何かとはぐみにちょっかいを出すようになるが・・・

※羽海野チカの漫画『ハチミツとクローバー コミック 全10巻完結セット (クイーンズコミックス―コーラス)』が原作です。

『こわれゆく世界の中で』 感想&予告編 - 心にずしずし響いてきた、ダメ男の恋愛物語

GW直前、わたし7本、旦那5本とそれぞれDVDをレンタルしてしまいました。日中は子どもと遊ぶので、DVD鑑賞できるのは夜だけだというのに・・・。
しかも、そんな時に限って、お互い見たいものがかぶっていたので、夜な夜な眠気と闘いながらDVD鑑賞に励むはめに。楽しいような、辛いような。

この映画は、お互い興味のないものは別々の部屋でそれぞれ見ようとした日に見たもの。
その日は長女が初めて一人でジジババのところにお泊りに行っていて・・・。こういう時こそ仲良く一緒に見ろよって自分に突っ込み入れつつも、いつもと違う部屋で一人DVDに耽るのはとても心地良かったです。
ともあれ、そんな風なので、なんだかこの映画はことさら心に沁みてきましたわ。強烈にシンパシーを感じた作品です。

20150619_Kowareyuku.jpg

満足度:★★★★★
2006年:イギリス、アメリカ
監督:アンソニー・ミンゲラ
出演:ジュード・ロウ、ジュリエット・ビノシュ、ロビン・ライト、ラフィ・ガブロン

あらすじ
治安の悪いロンドンのキングス・クロスで、都市の再開発計画を進める建築家ウィル(ジュード・ロウ)。恋人リヴ(ロビン・ライト・ペン)と彼女の娘ビー(ポピー・ロジャース)とともに暮らす彼は、母娘2人の世界に入り込めずに悩んでいた。
そんなとき、オフィスの窃盗事件をきっかけに出会ったボスニアの未亡人アミラ(ジュリエット・ビノシュ)に心引かれ始め・・・。

『恋の門』 感想&予告編 ― くだらなさが心地良いラブコメ☆

映画の好みがあまりかぶらないツレが借りてきたもので、互いに「いいね!」となった珍しい一本です。あほらしいのにはまるツボは一緒なのかな。

松尾ワールド炸裂で最高でした!

20141213_koinomon.jpg

満足度:★★★★
2004年:日本
監督:松尾スズキ
出演:松田龍平、酒井若菜、松尾スズキ、忌野清志郎、小島聖
公式HP:恋の門

あらすじ
自称芸術漫画家の蒼木門(松田龍平)はアルバイトの初出勤日に遅刻をし、大急ぎで走っていると証恋乃(酒井若菜)と出会いがしらにぶつかってしまう。
何となくときめきは感じるものの、そのまま急いでバイト先に向かうとその会社には証恋乃がOLとして勤めており…

※ 羽生生純の同名漫画(『恋の門ハンディ版 全6巻完結 (ビームコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]』)が原作です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。