戦争関連

『アメリカン・スナイパー』 感想&予告編 - 静寂の中に潜む緊張感にしびれた一作

巷の評価が高かったので気になりつつも、見る時を誤ると「寝落ちしてしまうかも」とか「気分が落ち込みそう」とかいう理由で後回しにしていた本作。いやはや、そんなの杞憂でした。
もうですね、なんていうか、「さすが、クリント・イーストウッド!」としか言えません。

最初から最後まで緊迫感に包まれつつ、作り上げた肉体で実在した人物を演じたにすっかり魅了されました。

20160119_AMERICAN.jpg

満足度:★★★★★
2014年:アメリカ
監督:クリント・イーストウッド
出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー
公式HP:アメリカン・スナイパー

あらすじ
1998年、アメリカ大使館爆破事件をテレビで見て愛国心から海軍に志願したカイル(ブラッドリー・クーパー)は30歳という年齢ながら厳しい訓練を突破して特殊部隊ネイビー・シールズのスナイパーとなる。
イラク戦争に出征し、狙撃兵として類まれな才能を開花させたカイルはいつしか軍内で「レジェンド(伝説)」と称賛されるようになるが、敵からは「悪魔」と呼ばれ懸賞金をかけられるようになる。その後、4回にわたってイラクに送られた彼は、同僚の死や凄惨な戦いから、次第に心を病んでいき・・・

※アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝「アメリカン・スナイパー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)」を実写化。

スポンサーサイト

『少年H』 感想&予告編 - 戦争の無慈悲さをしみじみと感じる一作

わたし実は小学生の頃、水谷豊さんが大好きでした。
夕方、刑事ドラマの再放送をやっていて、本気で恰好いいと思っていたんですよねぇ。なんて渋い趣味だったんでしょう。
そういえば、近所の大工のおじさんのこともかなり好いていた時期もあるし、中村正俊さんとかも好きだったし・・・まあ、普通に光GENJIの大ファンでもありましたが、今思うとちょっと変ですね。

今は特にファンでもなんでもない水谷豊さんですが、こういう優しい雰囲気を漂わせつつも芯が1本通った強いお父さん像はとても似合っていました。戦争の無慈悲さとその後の空虚さをしみじみと感じた一作です。

20150910_SYOUNENH.jpg

満足度:★★★★
2012年:日本
監督:降旗康男
出演:水谷豊伊藤蘭吉岡竜輝花田優里音小栗旬

あらすじ
昭和初期の神戸。洋服の仕立て職人の父・盛夫(水谷豊)とキリスト教徒の母・敏子(伊藤蘭)の間に生まれた肇(吉岡竜輝)は、胸にイニシャル「H」が入ったセーターを着ていることからエイチと呼ばれていた。
好奇心旺盛で曲がったことが嫌いな肇だったが、可愛がってくれていた近所のうどん屋の兄ちゃん(小栗旬)が特別高等警察に逮捕されるなど、第2次世界大戦の開戦を機にその生活は暗い影を帯びていき・・・。

※1997年、講談社より刊行された妹尾河童の自伝的小説『少年H上下巻セット』が原作

『ソハの地下水道』 感想&予告編 ― ユダヤ人救出の真実を基にしたキリキリ痛む物語

4月だというのに、最低気温3度、最高気温6度というまさかの寒空。(東京)
毎日の寒暖差についていけず、ダルダルな本日。先日見て、ドドンと凹んだ一作をご紹介いたします。

見るタイミングを計らないととんでもないことになる映画ってありますよね。
これもかなり胸が痛み、人間の愚かさに苦しくなるので、自分のコンディションが悪い時に見たら、立ち上がるのが大変だと思います。
それでも、素晴らしい出来であることに変わりはないので、ぜひ、余裕のある時に心してとりかかってみて欲しい一作。

自分の「良心」に正直に従う、それがどれほど偉大なことか。人間がいかに自己中心的で愚かなことか。身に染みる一作です。

20150408_SOHANOCHIKASUIDOU.jpg

満足度:★★★★
2011年:ポーランド、ドイツ、カナダ
監督:アニエスカ・ホランド
出演:ロベルト・ヴィエツキーヴィッチベンノ・フユルマンアグニェシュカ・グロホウスカマリア・シュラーダーヘルベルト・クナウプ

あらすじ
1943年のポーランド。
水道労働者のソハ(ロベルト・ヴィエツキーヴィッチ)は貧しい暮らしを凌ぐため、地下水道に盗品を隠してそれを売りさばいていた。ある日、ソハはナチスの迫害から地下に逃れたユダヤ人たちに出会い、金目当てで彼らをかくまい始めるが・・・。

※実話を題材にしたロバート・マーシャルのソハの地下水道 (集英社文庫)同名書籍(集英社文庫刊)を映画化した作品である。

『縞模様のパジャマの少年』 感想&予告編

見るタイミングを選ぶ映画ってありますよね?
これはまさにそれです。心に余裕があるときにご覧になることをおすすめします。

衝撃的なラストに、エンドロールが終わるまでじっくり見てしまった一本です。

20141210_Shimamoyou.jpeg

満足度:★★★★
2008年:イギリス、アメリカ
監督:マーク・ハーマン
出演:エイサ・バターフィールド、ジャック・スキャンロン、アンバー・ビーティー、デイヴィッド・シューリス、ヴェラ・ファーミガ

あらすじ
第二次世界大戦下、8歳の少年ブルーノ(エイサ・バターフィールド)は、ナチス将校の父(デヴィッド・シューリス)の栄転でベルリン郊外に引っ越す。
引っ越し先の裏庭の森の奥、決して行くなと言われた場所=強制収容所を訪れたブルーノが出会ったのは、縞模様のパジャマを着た少年シュムエル(ジャック・スキャンロン)だった。何も知らない二人は友情を育むが…。

『永遠の0』 感想&予告編

何の因果か。
この映画を見た翌朝、叔母の訃報がありました。動脈の血が逆流したことによる突然死。80歳に近い年齢だったので、早すぎる死というわけではないのですが・・・
一人暮らしの彼女が発見された時には既に亡くなっていたというのには、何とも言えない気持ちになりました。

そして、思ったこと。
わたしのばあちゃんは叔母の継母にあたるのですが、二人の年の差は12,3歳。ばあちゃんは20歳くらいの時に、空襲で奥さんを亡くしたじいちゃんのもとに嫁いだとのこと。
20歳で20も歳の離れた、二人の子持ち男性と見合結婚。・・・なんていうか、これも劇中にあった「あの頃、一人一人にあったドラマのひとつ」なんだなと思ってしまいました。

ちなみに、90歳になるばあちゃんは足こそ悪いものの、今も元気で。ばあちゃんは叔母の死をどんな風に受け止めているのかな・・・。

と、前置きがとても長くなってしまいましたが、最近、夜映画を見始めても、すぐにウツラウツラしてしまうわたしですが、これは久しぶりに、ガッツリ通して見られました。原作が好きなので、そんなに期待していなかったのですが、なかなかうまく映像化されていました。
岡田くんが思いのほか、良かったです!!

20141110_EiennoZero.jpg

満足度:★★★★
2013年:日本
監督:山崎 貴
出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文
公式HP:永遠の0

あらすじ
祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を知った佐伯健太郎(三浦春馬)。
フリーライターの姉が宮部のことを調べると言いだし、それを手伝うことになった健太郎は宮部のことを知る元軍人たちを訪ねてゆく。話を聞くうちに、天才的な飛行技術を持ちながら「海軍一の臆病者」と呼ばれ、生還することにこだわった宮部のことが浮き彫りになってゆき・・・。

※百田尚樹さんの同名小説『永遠の0 (講談社文庫)』が原作です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。