2008年08月

『キンキーブーツ』 感想&予告編 ― 笑えて泣ける、UK発のハートフル・コメディー

今回ご紹介するのは、前回ご紹介した『プリシラ』同様「ドラッグ・クイーン」(派手に女装したゲイ)が活躍する映画です。(余談ですが、毎回こんなふうに「何らかのつながり」でもって、レビューをつないでいけたらいいな、と思っています。)

今回の舞台はイギリス。「UKを完全ノックアウトした『フルモンティ』以来のハートフル・コメディ」という謳い文句どおり・・・

ワハハと笑えて、ちょっぴり泣けて、最高にハッピーになれる映画です!(>▽<)

0808Kinky.jpg

満足度:★★★★★
2005年:イギリス
監督:ジュリアン・ジャロルド
出演:ジョエル・エドガートンキウェテル・イジョフォーサラ=ジェーン・ボッツユアン・フーパー

あらすじ
ノーサンプトンの伝統的な靴工場の一人息子チャーリー(ジョエル・エドガートン)は、父親の急逝により、いやいやながらも跡を継ぐことに。
破産寸前の工場を救うためニッチ市場への参入として、「キンキーブーツ」(ドラッグ・クイーン専用の超ロングブーツ)の製作・販売を思いついたチャーリーは、ドラッグ・クイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)を工場に呼び寄せる。しかし、田舎育ちで昔かたぎの職人達に、靴職人としての腕がないチャーリーや奇抜な恰好のローラが簡単に受け入れられることはなく・・・。

※実在の紳士靴メーカー 「W.J. Brookes Ltd」 がモデルとなった物語

スポンサーサイト

『プリシラ』 感想&予告編 ― 見る度に新しい発見があるするめのような一作

「好きな映画なに?」とか「おすすめの映画なに?」という質問には、しばしば困るのですが、「1番好きな映画は?」という質問には、間違いなくこの映画を選びます。
そして、やっぱり、1番最初に紹介する映画は、1番好きな映画にしたかったので、これを最初にもってきました。

何度観ても、新しい感動がえられるスルメのような映画です。(>▽<)No.1!

0808PRISCILLA.gif

満足度:★★★★★
1994年:オーストラリア
監督:ステファン・エリオット
出演:ヒューゴ・ウィーヴィング、テレンス・スタンプ、ガイ・ピアース、ビル・ハンター

あらすじ
ミッチ(ヒューゴ・ウィーヴィング)の誘いにより、オーストラリア中部の砂漠の真ん中にあるリゾート地でショウを行うことにしたバーナデット(テレンス・スタンプ)とフェリシア(ガイ・ピアース)。
3人は景気良く1台のバンでシドニーを旅立ちますが、バンはおんぼろだし、ドラッグ・クイーン(派手に女装したゲイ)である彼女たちは、地方ではやけに目立つ存在。
当然、トラブルは起きるわ、ミッチには大きな秘密があるわで・・・。

自己紹介

はじめまして。

IHURUと申します。
"All will be Happy "というブログで、映画や本のレビューから旅話、仕事ネタ(ほんの少し)。最近ではブログライター記事まで幅広く綴っていたのですが・・・
さすがに何がしたいのか分からない感じになってきたので、新しく映画専用のブログを立てることにしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。