2008年12月

『パリ、ジュテーム』 感想&予告編 - どれもが素敵な18編からなるオムニバス映画

前回ご紹介した『アメリ』は、パリを舞台にしたチャーミングな恋物語でした。
モンマルトの丘をはじめとしたパリの風景が本当に素敵で・・・。というわけで、今回はますますパリの街が好きになるような、そんな映画をご紹介したいと思います。「パリの街」つながりです。

テーマは「愛」。パリのあちこちの街角で撮影された短編オムニバスです♪

081229Paris.jpg

満足度:★★★★★
2006年:フランス
監督:ブリュノ・ポタリデス、グリンダ・チャーダ、ガス・ヴァン・サント 他
出演:フロレンス・ミュレール、レイク・ベクティ、ギャスパー・ウリエル、スティーヴ・ブシェミ 他

あらすじ
「パリの街角での愛」をテーマとして、18人の監督が描いた18のショートムービー。
5-10分という限られた短い時間で描かれたいろいろな愛の形は・・・。

スポンサーサイト

『アメリ』 感想&予告編 - オドレイ・トトゥの出世作、ほんわか可愛い物語

前回ご紹介した『女性上位時代』は主人公のミミがセックスの何たるかに関心を持ち、あれやこれやと空想というか想像というか妄想に走る、なかなか素敵な映画でした。
それにしても、空想、想像、妄想。妄想はちょっと意味が変わってくるけれど、空想と想像はそんなに変わらないですよね?
でも、「空想」の方が数段乙女チックで可愛く感じられる。不思議なものですね~。

・・・って、そんなことはおいといて。今回のつながりキーワードは「空想」(1番可愛いのを採用)でいってみたいと思います。

オドレイ・トトゥ扮する空想大好きなアメリのほんわかムービーです。

081214AMERI.jpg

満足度:★★★★★
2001年:フランス
監督:ジャン・ピエール・ジュネ
出演:オドレイ・トトゥ、マチュー・カソヴィッツ、リュフュ、ヨランド・モロー
公式HP:アメリ

あらすじ
子供の時に、医者の父親から身体検査を受けたアメリ(オドレイ・トトゥ)は、うれしさと興奮で心臓バックバック。父親はそれを心臓病と勘違いし、文字通り、アメリを箱に入れたように育てていく。
「空想」を唯一の楽しみにして過ごしてきたアメリは22歳になった今も他人とのコミュニケーションが巧くとれないまま。そんなアメリが恋に落ちたら・・・?

『女性上位時代』 感想&一部動画 - キュートでセクシーなカトリーヌ・スパークにくすくす笑いが止まらない!

前回の『ボルベール(帰郷)』のベネロペ・クルスは、女のわたしが見てもドキマギするくらいセクシーでした。
なので、今回は、「セクシーな女性」つながりで、この映画をご紹介したいと思います。タイトルと画像を見るとかなり怪しげですが・・・
なかなかに笑える映画です。いえ、決してコメディではないんでしょうけど。

ベネロペちゃんのような艶やかなセクシーさではなく、キュートなセクシーさ満開のカトリーヌ・スパーク主演。おしゃれでエロくておバカなイタリア映画です。

081206JOSEIJOUI.jpg

満足度:★★★★★
1968年:イタリア
監督:パスカーレ・フェスタ・カンパニーレ
出演:カトリーヌ・スパーク、ジャン・ルイ・トランティニャン、ルイジ・プロイェッティ

あらすじ
若くして未亡人となったミミ(カトリーヌ・スパーク)は、夫が彼女に内緒で所有していたマンションから、隠されていた彼の「性癖」を知ることとなる。
自分以外の女性と、ノーマルじゃないセックスに興じていた夫。ミミはセックスの世界のすべてを知りたいという探究心に突き動かされて・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。