2009年02月

『サルサ!』 感想&一部動画 - 音楽に身をまかせたくなる一作♪

前回ご紹介した『マルタのやさしい刺繍』は80歳の何ともチャーミングなおばあちゃんが若い頃の夢を叶えるために奮闘するハートウォーミングな映画でした。
今回は「チャーミングなおばあちゃん」つながりでこの映画をご紹介します。
この映画ではおばあちゃんは主役ではないですが、とても重要な役割を果たしています。
そして、このおばあちゃんもまた大変魅力的です。

ご機嫌なサルサのリズムに踊り出したくなる映画です。( ̄▽ ̄)ノ_彡

090222Salsa.jpg

満足度:★★★★★
1999年:フランス・スペイン
監督:ジョイス・シャルマン・ブニュエル
出演:ヴァンサン・ルクール、クリスティアンヌ・グゥ、カトリーヌ・サミー、エステバン・ソクラテス・コバス・プエンテ

あらすじ
クラッシックのピアニストとして将来を嘱望されていたレミ(ヴァンサン・クルーク)は、キューバ音楽への情熱をあきらめられず、それまでの生活を捨ててパリへ。
レミはキューバの著名な音楽家チューチョ(エステバン・ソクラテス・コバス・プエンテ)のもとで「サルサ教室」を開くことを思いつき、金髪を黒髪に、バニラ色の肌をチョコレート色にして、キューバ人との混血児「モンゴ」に変身し・・・。

スポンサーサイト

興行成績 2008年11月15日~16日

2008年11月にアップした記事ですが、DVDが予約も含め出揃ったので、ジャケット入れて再度アップします☆過去の話題作、DVDでチェックしてみては?
↓↓↓
10月半ばの興行成績をチェックしてから、早くも1ヶ月が経過してしまいました。今年も残すところあと1ヶ月とほんの少し。時間が止まって欲しい今日この頃です。
ともあれ、11月半ばの興行成績をお知らせします。(興行通信社調べ/Yahoo!映画より)

約1ヶ月前(2008年10月11日~12日)との比較を出しています♪

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

興行成績 2008年10月11日~12日

2008年10月にアップした記事ですが、DVDが出揃ったので、ジャケット入れて再度アップします☆過去の話題作をDVDでチェックしてみては?
↓↓↓



10月半ばの興行成績です。(興行通信社調べ/Yahoo!映画より)
約1ヶ月前(2008年9月13日~14日)との比較を出しています♪

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

興行成績 2008年9月13日~14日

2008年9月21日にアップした記事ですが、DVDが出揃ったので、ジャケット入れて再度アップします★過去の話題作、DVDでチェックしてみては?
↓↓↓



大学生の頃は、ありあまる時間があり、さらに学割もきいたので、よく映画館に行ったのですが・・・
最近は、なかなか新しい映画をチェックすることもままならなくなっています。
そして、TVCMでがんがん流れて、よっぽど観たい映画じゃないと、映画館に足を運ぶことも遠のいてしまっています。

なんだかちょっと寂しい・・・。

というわけで、毎月1度くらい、興行成績をチェックしてみようかな、と、思います。
まあ、これだとミニシアター系の良作はひっかからないと思うのですが・・・

とりあえず、9月半ばの結果はこんな感じです。(興行通信社調べ/Yahoo!映画より)

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

『マルタのやさしい刺繍』 感想&予告編 - キュートで素敵なおばあちゃんに夢をもらえる映画

「いくつになっても、夢をあきらめない!」

夢をかなえるための情熱に年齢なんて関係ない。そんな前向きなメッセージがこめられていた『世界最速のインディアン』。
今回も、前回と同様、老いてなお夢を忘れない、そんな素敵な物語をご紹介したいと思います。

思わずスキップしたくなっちゃうくらい素敵な映画です。(*^^*)

090218MARU2.jpg

満足度:★★★★★
2006年:スイス
監督:ベティナ・オベルリ
出演:シュテファニー・グラーザー、アンネマリー・デューリンガー、ハイジ=マリア・グレスナー、モニカ・グプサー

あらすじ
スイスの山間の小さな村。
長年連れ添った伴侶を亡くし、意気消沈していた80歳のマルタ(シュテファニー・グラーザー)は、ある日「ランジェリーショップを開く」という若い頃の夢を思い出す。
そして、その実現に向け勇気をもって歩き始めるが、保守的な村の面々は・・・。

『世界最速のインディアン』 感想&予告編 - 夢見るおじいちゃんに元気をもらえる映画

前回は、オーストラリアの笑って泣いてほっこり心が温まる映画『月のひつじ』をご紹介しました。今回は、オーストラリアの隣国、ニュージーランド発、とびきりの元気がもらえる映画をご紹介したいと思います。
『月のひつじ』も事実を元にした映画でしたが、こちらも事実を元にした映画で、どちらも、「ロマンに満ちた」甲乙つけがたい秀作です。

アンソニー・ホプキンスがチャーミングッ( >з<) y -☆に見えた一作です♪

090216SEKAISAISOKU.jpg

満足度:★★★★★
2005年:ニュージーランド、アメリカ
監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド 、ポール・ロドリゲス 、アーロン・マーフィー、アニー・ホワイト

あらすじ
60歳を超えてもライダーとしての夢を追い続けた実在の人物、バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)。
ニュージーランドの片田舎で、工具のたくさんつまったバラックに暮らす彼の夢は、ライダーの聖地、アメリカ・ユタ州のボンヌヴィルで世界記録に挑戦すること。彼はその夢のために、アメリカへと旅立ち・・・。

『月のひつじ』 感想&予告編 - くすくす笑えてじんわり感動できる小作品

前回は、ちょいと懐かしい『E.T.』をご紹介しました。
E.T.は、NASAの科学者たちに捕らえられそうになりながらも、エリオットたちの助けで、無事、仲間に再会することができたわけですが・・・。
もし、NASAの科学者たちに捕らえられていたら・・・?

・・・なんて、考えたくもないことですね。
さて、今回は、その「NASA」つながりで、こちらの映画をご紹介します。

地味だけれど、ロマンあふれる素敵な小作品ですよ~!(*>▽<*)/

090212TheDish.jpg

満足度:★★★★★
2000年:オーストラリア
監督:ロブ・シッチ (サント・シラウロ、トム・グレイスナー、ジェーン・ケネディ、マイケル・ヒーシュ )
出演:サム・ニール、ケヴィン・ハリントン、トム・ロング、パトリック・ウォーバートン、ジェネヴィーヴ・モーイ

あらすじ
人類初の月面歩行となった『アポロ11号』。
そのアポロ11号からの映像を受信することとなったのは、オーストラリアの片田舎パークスにある巨大なパラボラアンテナ。所長のクリフ(サム・ニール)、技術者であるミッチ(ケヴィン・ハリントン)とグレン(トム・ロング)は、NASAからの派遣要員アル(パトリック・ウォーバートン)と組んで、世紀のビックプロジェクトに参加することになり・・・。

『E.T.』 感想&予告編 - 温かな気持ちになれる古き良きSF映画

前回、前々回とピックアップした『キル・ビル』のコメントに、akaさんから嬉しい提案がありました。
「次はカタコト繋がりで海外ドラマの『HEROES』はいかがでしょうか。」というもの。
残念ながら『HEROES』は見たことがないのですが、「カタコト」つながりはいいなと思い、今回この映画を選びました。E.T.は人間じゃないし・・・とか、つっこみ入れないように!

時が経てもいいものはいい!そう思える映画のひとつです♪(*´ー`)

090211ET.jpg

満足度:★★★★★
1982年:アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ディー・ウォーレス、ヘンリー・トーマス、ピーター・コヨーテ、ロバート・マクノートン

あらすじ
地球に偵察に来ていた宇宙人一行。地球人に見つかりそうになり慌てて逃げ出した彼らだが、その中のひとりが置き去りにされてしまう。
翌日、エリオット(ヘンリー・卜ーマス)という少年に発見されたその宇宙人は、エリオットの家にかくまわれることとなり・・・。

【マイベスト5】ラブストーリー

新年明けて早1ヶ月!
32歳のバースデーが迫ってきているかと思うと、もうどこかに逃げ出したいわたしではありますが・・・ 2月といえば、節分!

・・・じゃなくて、バレンタインデイ
チョコレートをあげるあげないで盛り上がっていたのは遠い過去の出来事になりつつ・・・って、何だか後ろ向きだな、あたし。(-へ-;)

・・・え~、とにもかくにも、お気に入りのラブストーリーベスト5を発表したいと思います!ヒューヒュー・ぱふぱふっ♪ \(◇^\)(/^◇)/




『キル・ビル vol.2』 感想&予告編 - vol.1よりもドラマ性がUP、いよいよ復讐完結へ

今回は前回の『キル・ビル vol.1』の続編でいきたいと思います。

前回よりもドラマ性のある完結編です☆

090131KillBill2.jpg

満足度:★★★★
2004年:アメリカ
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ユマ・サーマン、デイヴィッド・キャラダイン、マイケル・マドセン、ダリル・ハンナ、ゴードン・リュー

あらすじ
かつての仲間からの無惨なリンチを生き延びたブライド(ユマ・サーマン)は、仲間の2人を殺し、次なる復讐へと向かう。残る相手は3人。
ボスであり、愛人だったビル(デイヴィッド・キャラダイン)とその弟バド(マイケル・マドセン)。そしてビルの新たな愛人となったエル(ダリル・ハンナ)。
果たして、復讐の旅の結末は・・・?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。