2009年04月

『コーチ・カーター』 感想&予告編 - 先生の信念に心を揺さぶられた一作 

前回ご紹介した『タイタンズを忘れない』は史実を基にした感動のスポ根もので、デンゼル・ワシントンの熱血コーチぶりにはやられました。
そういうわけで、今回は「熱血コーチ」つながりでいきます。こちらも、『タイタンズ~』同様、史実を基にした映画です。

これまた涙・涙!ティッシュ必須ですよ~!(T■T)/

090412CoachK.jpg

満足度:★★★★★
2005年:アメリカ
監督:トーマス・カーター
出演:サミュエル・L.ジャクソン、ロブ・ブラウン、リック・ゴンザレス、アシャンティ

あらすじ
1999年、かつてバスケの名門校であったカリフォルニア州立リッチモンド高校は、昨シーズンの成績、4勝22敗という弱小チームになり下がっていた。
そんなチームを立て直すため、伝説の卒業生 - バスケの全米代表に選抜された - ケン・カーター(サミュエル・L.ジャクソン)がコーチとして就任する。
就任早々、カーターは、選手たちに「契約書」を渡し、厳しい条件を課すが、そのやり方には、選手からはもちろん、その両親や学校長からも反発がおこり・・・。

スポンサーサイト

『タイタンズを忘れない』 感想&予告編 - 涙ちょちょぎれるスポ根ムービー

前回ご紹介した『JUNO/ジュノ』は高校生の女の子が妊娠して、ちょっぴり成長するという物語でした。ジュノの軽いノリに100%共感することはできませんでしたが、ジュノを演じたエレン・ペイジは雰囲気ばっちりで良かったです。
さて、今回は、「アメリカの高校生」つながりです。高校生といっても、今回は野郎にスポットをあてて、この映画を選びました。

ウホウホっとやる気が出てくること間違いなしの一作です! アメフト分からない方にもおすすめの映画ですよ~>▽<

090405Taitans.jpg

満足度:★★★★★
2000年:アメリカ
監督:ボアズ・イェーキン
出演:デンゼル・ワシントン、ウィル・パットン、ウッド・ハリス、ライアン・ハースト、キップ・パルデュー

あらすじ
1971年アメリカ南部。未だ黒人差別が激しい田舎で、白人と黒人の高校が統合されることになった。 白人、黒人、お互い牽制し合う学生たち。
そんな状況はフットボールチーム「タイタンズ」でも同様だったが、選手たちは黒人監督ブーン(デンゼル・ワシントン)のもと、徐々に人種の壁を乗り越えていき・・・。

『JUNO/ジュノ』 感想&予告編 - 10代後半だったらJUNOに心酔したろうな、な映画

前回ご紹介した『ジョゼと虎と魚たち』の主人公「ジョゼ」はそこいらによくいる女の子とは一味違う女の子でした。今回ご紹介する映画の主人公「ジュノ」も一筋縄ではいかない女の子です。
というわけで、今回は「個性的な女の子」つながりです。
全くの偶然ですが、ジョゼとジュノ、名前の響きもちょっと似ていますね!

おもしろかった!と軽く言いきることはできないけれど、印象的な作品でした。
女子向けの映画です☆

090402JUNO.jpg

満足度:★★★★
2007年:アメリカ
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー、ジェイソン・ベイトマン、オリヴィア・サルビー、J.Kシモンズ、アリソン・ジャネイ
公式HP:JUNO

あらすじ
ジュノ(エレン・ペイジ)は16歳の高校生。
バンド仲間のポーリー(マイケル・セラ)に興味本位でセックスを仕掛け、妊娠してしまう。 最初は中絶しようと思ったジュノだけれど「おなかの赤ちゃんにも爪がある」ということを知り、出産して養子に出すという決断をする。
かくしてジュノと生まれてくる赤ちゃんの里親の交流が始まるが・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。