2009年09月

『ウインドトーカーズ』 感想&予告編 - 非情な任務と闘いに苦悩する兵士たちの姿に感涙

前回ご紹介した映画はブルース・ウィリス主演『アルマゲドン』でした。
ブルース・ウィリスと言えば・・・

白いランニングシャツ!(格好よく言えば、タンクトップ)

似合いますよね~。ガチガチのマッチョじゃなくて、ちょいと脂肪がつき気味な肉体ってところが、またミソです。
そして、白いランニングシャツが似合うと言えば、この人もそうじゃないでしょうか?

ニコラス・ケイジ☆

ブルース・ウィリスよりは若干、逆三角形を維持しているかな?
けっこうセクシーだと思うんですけど・・・実は大好きなんですけど・・・
なんか、胸に顔をうずめたら、いい匂いしそうじゃない???しない???

まあ、そんなわけで、今回は「白いランニングシャツが似合う男」つながりで、こちらの映画をご紹介します。

実在した「コードトーカー」(ナバホ族の暗号通信兵)を題材にした戦争映画。泣きましたわ。(T T)

090929windtalkers.jpg

満足度:★★★★★
2001年:アメリカ
監督:ジョン・ウー
出演:ニコラス・ケイジ、アダム・ビーチ、ロジャー・ウィリー、クリスチャン・スレーター
公式HP:ウインドトーカーズ

あらすじ
1943年、南太平洋ソロモン諸島ガダルカナルの激しい戦闘から唯一の生還を果たしたエンダーズ(ニコラス・ケイジ)。エンダースは重症を負いながらも、失った仲間の最期の声が忘れられず、再び戦地に赴くことを熱望します。
そんな彼に与えられた新たな任務は、「コードトーカー(ナバホ族の暗号通信兵)」を援護し、その「コード(暗号)」を死守すること。かくして、サイパン島での死闘が幕を開け・・・。

スポンサーサイト

興行成績 2009年3月14日~15日

2009年3月21日にUPした記事です。DVDジャケ追加しました★
この時、第1位だった『ヤッターマン』はちょうど明日(2009/9/25)DVD発売予定ですよ~!楽しみっ!
↓↓↓
桜の開花が待ち遠しくてしょうがない今日この頃。
3月半ばの興行成績をお送りします。(興行通信社調べ/Yahoo!映画より)

約1ヶ月前(2009年2月14日~15日)との比較を出しています♪

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

『アルマゲドン』 感想&予告編 - 泣かせポイントにひっかかって感動しましょう的な一作

シルバーウィーク最終日。
皆さん、お休みは満喫されましたか?

さて。前回ご紹介した『フィッシュストーリー』は売れないバンドの1曲が地球を救った!っていう映画でした。「地球を救う」映画っていうと・・・いろいろ思い浮かびますが・・・今回はブルース・ウィリス主演のこの映画をご紹介したいと思います。

ベタなんだけど、映画館で観た時は泣いちゃいました。(;へ;)

090923armageddon1.jpg

満足度:★★★★
1998年:アメリカ
監督:マイケル・ベイ
出演:ブルース・ウィリス、ベン・アフレック、ビリー・ボブ・ソーントン、リヴ・タイラー

あらすじ
テキサス州に匹敵する大きさを持つ巨大な小惑星が地球に接近。
NASAから人類滅亡の危機を救うのに白羽の矢を立てられた石油採掘のプロ・ハリー(ブルース・ウィリス)は仕事仲間とともに厳しい訓練を受け、惑星へ向かいますが・・・。

興行成績 2009年2月14日~15日

2009年2月22日にアップした記事です。
DVDジャケ追加しました★過去の話題作、DVDでチェックしてみては?
↓↓↓


妙に温かい日があったり、そうかと思えばずどんと冷え込んだり・・・
花粉もちらほら飛び始め・・・
体調管理が大変なきょうこのごろ、2月半ばの興行成績をお送りします。(興行通信社調べ/Yahoo!映画より)

約1ヶ月前(2008年1月17日~18日)との比較を出しています♪

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

IHURUのおすすめ映画★INDEX-5

ご紹介した映画41本目~50本目までのINDEXです。
各映画ごとに、何かしらの関連性を持った映画を2本のせているのですが、それについてのコメントは何もしていないので、ここで1言だけのせていきます♪
ただし、未見のものもあります。それについては、amazonの評価があれば★でのせておきます。

☆はIHURUのおすすめ度、というか、お気に入り度です。5つ星満点です。

レビューNo.40 『ザ・マジックアワーから・・・

↓「港町」つながりで・・・

レビューNo.41 『かもめ食堂』(2005年:日本)☆☆☆☆☆

かもめ食堂 [DVD]   転々 プレミアム・エディション [DVD]   ジャージの二人 [DVD]

関連作品「脱力系の映画」

『転々』(2007年:日本)☆☆☆☆
オダギリジョー×三浦友和の似通った雰囲気が物語の関係にいきていました。キャッチコピーの「とぼとぼストーリー」っていうのがぴったり♪
詳しいレビューはコチラでどうぞ!

『ジャージの二人』(2007年:日本)☆☆☆
くすっとするところはあったものの・・・
あまりにも脱力系すぎました。この3本の中でも断トツのゆるさです。

↓「おいしそうなごはん」つながりで・・・

『フィッシュストーリー』 感想&予告編 - 坊主頭の高良健吾くんがヨロシ!

前回ご紹介した『DMC デトロイト・メタル・シティ』の主人公・根岸くんの大好きな言葉は「ノーミュージック、ノーライフ」。
今回はこの言葉を文字通りの意味でとらえて、こちらの作品につなげます。

売れないバンドの1曲が地球を救った!・・・そんなお話です。
高良健吾くんのファンなら必見!カワイク男前っ(*>▽<*)

090913FISHSTORY.jpg

満足度:★★★★
2009年:日本
監督:中村義洋
出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋

あらすじ
1975年、早すぎたパンクバンド「逆鱗(げきりん)」(伊藤淳史ほか)の物語。
1982年、やたら気の弱い大学生「雅史」(濱田岳)の物語。
2009年、修学旅行で大ポカをした女子高生「麻美」(多部未華子)とそこに居合わせた正義の味方になりたかった「パティシエ」(森山未來)の物語。
一見何のつながりもない物語が交錯した時・・・。

※伊坂幸太郎の同名小説『フィッシュストーリー (新潮文庫) 』が原作です。

興行成績 2009年1月17日~18日

2009年1月24日にアップした記事です。
DVDジャケ追加しました★今年はじめの話題作、DVDでチェックしてみては?
↓↓↓


今年第一弾の興行成績です!(興行通信社調べ/Yahoo!映画より)
約1ヶ月前(2008年12月13日~14日)との比較を出しています♪

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

興行成績 2008年12月13日~14日

2008年12月24日に書いた記事です★DVDジャケット追加しました!
去年の話題作、DVDでチェックしてみてはいかがでしょう~?
↓↓↓

いよいよ今年も残すところあとわずか。
むやみにあせる今日この頃ですが、とりあえず、今年最後の興行成績を見ていきたいと思います!(興行通信社調べ/Yahoo!映画より)

約1ヶ月前(2008年11月15日~16日)との比較を出しています♪

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

『DMC デトロイト・メタル・シティ』 感想&予告編 - 芸達者な松山ケンイチ君に大笑い!

ふと気がついたら、ヒューマン系の映画レビューが続いていました。
ここらでガラっとテイストは変えたいけれど、「数珠つなぎ」レビューの形は崩したくない!・・・ということで・・・

苦肉の策で思いついた「2009年日本アカデミー賞」つながり!(前回の『ぐるりのこと。』では主演の木村多江さんが最優秀主演女優賞をとっています★)
まあ、2009年というと『おくりびと』が圧倒的だったわけですが、それではまたしてもヒューマン系になってしまいますので・・・

今回は密かに「話題賞-俳優部門」に選ばれている松山ケンイチ君主演のこちらの映画にスポットを当てていきます!

松山ケンイチ君、松雪泰子さんのはっちゃけた演技に大笑いさせてもらった映画です!笑いたい人、集まれー!@(>▼<)@

090909DMC.jpg

満足度:★★★★★
2008年:日本
監督:李闘士男 出演:松山ケンイチ、松雪泰子、加藤ローサ、ジーン・シモンズ、大倉孝二
公式HP:デトロイト・メタル・シティ

あらすじ
おされ系ポップソングが大好きで、ポップシンガーになることを夢見て上京した根岸崇一(松山ケンイチ)。大学ではとびきりキュートな同級生・相川さん(加藤ローサ)や自分を慕ってくれる後輩に囲まれて幸せな日々を過ごしていたが・・・
卒業後は、デスメタル狂のレコード会社社長(松雪泰子)の陰謀で、なぜかやりたくもないデスメタルバンドのボーカルに。しかも、そのバンドの人気がぐんぐん出ちゃっものだから・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。