2010年07月

興行成績 2010年1月16日~17日‏‏

2009年1月の興行成績ですが・・・
DVDがそろそろ出てきているので、ジャケット入れて再度アップします☆
過去の話題作をDVDでチェックしてみては?
↓↓↓


さて。2010年、今年はどんな映画がヒットしていくのでしょう?
3D映画、増えていくんですかね?
そういえば、今年の夏には、3Dテレビが発売される予定ですよね、確か。マイ・ベイビーが物心つく頃には、3Dが当たり前の時代になっていたりして。
いやはや、何だかなぁ・・・。

ともあれ、今年最初の興行成績チェック、いってみましょう!(興行通信社調べ)

約1ヶ月前(2009年12月19日~20日‏‏)との比較を出していますよ♪

※( )内の数字は公開週数です。

スポンサーサイト

『博士の愛した数式』 感想&予告編

前回ご紹介した『容疑者Xの献身』の堤真一さんは本当に素晴らしかったですねぇ。
彼の役どころは天才的な数学の頭脳を持ちながらも、一身上の都合で研究職に残れず、しがない高校教師となってしまい、暗~い毎日を過ごしているという・・・
ちょっといつもの堤さんからは想像できないタイプだったんですが。
正体不明の薄気味悪さが良い感じに出ていました。

さてさて、今回はそんな堤さんが演じた「数学者」つながりで、こちらの映画をご紹介します。

こちらの「数学者」もかなりの好演です!

100718Hakase.jpg

博士の愛した数式@ぴあ映画生活
2005年:日本
監督:小泉尭史
出演:寺尾聰、深津絵里、齋藤隆成、浅丘ルリ子、吉岡秀隆
公式HP:博士の愛した数式
満足度:★★★★

あらすじ
新学期。生徒たちから「ルート」と呼ばれている若い数学教師(吉岡秀隆)は、最初の授業で何故自分にルートというあだ名がついたのかを語り始めます。
それは彼がまだ10歳だった頃のこと。家政婦だった母親(深津絵里)が働き始めた家の主は、80分しか記憶のもたない元数学博士(寺尾聰)で・・・。

※小川 洋子さんの同名小説の映画化です。

2010年7月後半に発売のDVD

梅雨明けも間近?
今年はベビーと迎える初めての夏。
日中はあまり出かけられそうにないので、お家でまったり映画鑑賞に励みたいと思います♪

ではでは、2010年7月後半に発売される新作DVD情報をご案内します。
当たるかどうかは分かりませんが、個人的に気になる映画には印をつけていますので、購入はもちろん、レンタルのご参考にもどうぞ♪( ̄▽ ̄)ノ"

※この記事はシネマトゥデイのDVD発売情報を元に書いています。
※映画タイトルのリンクは公式HPへとびます。


7月16日発売

お姉ちゃん、弟といく
 妄想と想像を膨らませ、実の弟にトキメキを覚えてしまった姉は・・・!?

『容疑者Xの献身』 感想&予告編

数珠つながりで作り始めたこのブログ。
自分なりのルールとして、安易に「俳優」つながりするのは避けておこうと思っていたのですが・・・
今回はピコンと浮かんだこの映画が頭を離れなくなってしまったので、やってしまいます。前回ご紹介した『フライ,ダディ,フライ』から「堤真一」さんつながりです♪

フライ,ダディ,フライ』では、ダメダサな親父役をカラリと演じた堤さん、今回の映画ではオタクな数学教師をじっとり演じていらっしゃいます。
いやはや、本当に演技の幅が広い!

100711Yougisya.jpg

容疑者Xの献身@ぴあ映画生活
2008年:日本
監督:西谷弘
出演:福山雅治、堤真一、松雪泰子、金澤美穂、柴咲コウ
公式HP:容疑者Xの献身
満足度:★★★★

あらすじ
顔がつぶされ、指が焼かれた死体が発見されますが、身元はすぐに判明。
そして、その男の元妻・花岡靖子(松雪泰子)が容疑者として浮上します。しかし、彼女には完璧なアリバイがあり・・・。
一方、その事件に対して捜査協力を求められた天才物理学者・湯川教授(福山雅治)は、花岡の隣人が大学時代の親友であり、天才的な頭脳を持つ石神哲哉(堤真一)だと知り、彼が事件に関わっているのではないかと疑い始めます。果たして事件の真相とは・・・?

※東野圭吾の同名小説の映画化です。

IHURUのおすすめ映画★INDEX-7

ご紹介した映画61本目~70本目までのINDEXです。
各映画ごとに、何かしらの関連性を持った映画を2本のせているのですが、それについてのコメントは何もしていないので、ここで1言だけのせていきます♪
ただし、未見のものもあります。それについては、amazonの評価があれば★でのせておきます。

☆はIHURUのおすすめ度、というか、お気に入り度です。5つ星満点です。

レビューNo.60 『イントゥ・ザ・ワイルドから・・・

↓「壮絶なラスト」つながりで・・・

レビューNo.61 『生きてこそ』(1993年:アメリカ)☆☆☆☆☆

生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]   アライブ-生還者- [DVD]   クライマーズ・ハイ [DVD]

関連作品「飛行機事故を題材にした映画」

『アライブ-生還者-』(2007年:フランス)★★★★★(2件中)
『生きてこそ』の基となった事故で生き延びた人たちに対するインタビューと事のあらましを断片的に描いた再現映像からなるドキュメンタリー映画。これまたずしんときそうです。

『クライマーズ・ハイ』(2008年:日本)☆☆☆
1985年、御巣鷹山に墜落した日航機を巡る地元新聞社の記者達の闘いぶりを描いた映画。日航機墜落の一方が届いてからの新聞社内の臨場感が凄かった。
全体的には、伝えたい内容がとっちらかっている印象、いまいちのめり込めませんでした。

↓「生きることへの執念」つながりで・・・

2010年7月前半に発売のDVD

2010年6月前半に発売される新作DVD情報です。
当たるかどうかは分かりませんが、個人的に気になる映画には印をつけています。
購入はもちろん、レンタルのご参考にもどうぞ♪( ̄▽ ̄)ノ"

じめじめむしむし嫌な感じの日々が続くと、思わず気分もウェッティーになってしまいますが・・・
そんな時こそ、良い映画を見て、すっきりしましょうね!
素敵な夏まで、あと少し!のはずですから。

※この記事はシネマトゥデイのDVD発売情報を元に書いています。
※映画タイトルのリンクは公式HPへとびます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。