2011年05月

『ローラーガールズ・ダイアリー』 感想&予告編

”I like you very much, just as you are.”
前回ご紹介した映画『ブリジット・ジョーンズの日記』では主役のブリジットがこんな台詞を言われて、メロメロにとろけていたわけですが。
そりゃあ、「そのままのきみが大好きなんだ」なんて言われたら、嬉しいですよねぇ。

だって、実は、「本当に素の自分」で本当にいられる場って少ないですもの。だからこそ、その自分が認められるって嬉しい!
そして、嘘いつわりなく、「自分らしく」過ごせるのって、すごく幸せ!

今のままの自分でいいのか悩んでいたアラサーのブリジット。
自分らしさを探していたティーンエイジャーのプリス。
歳は違えど、二人が見つけた答えはひとつ。「自分らしいのが一番!」。
というわけで、今回は「自分らしさ」つながりで、こちらの映画をご紹介します。

家族、友情、スポーツ、ラブ。いろんな要素がつまった一作です♪

110505Rolla.jpg

ローラーガールズ・ダイアリー@ぴあ映画生活
2009年:アメリカ
監督:ドリュー・バリモア
出演:エレン・ペイジ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、クリステン・ウィグ、ドリュー・バリモア、ジュリエット・ルイス
公式HP:ローラーガールズ・ダイアリー
満足度:★★★★

あらすじ
17歳のブリス(エレン・ペイジ)は、母(マーシャ・ゲイ・ハーデン)に従って美少女コンテストの数々に参加してきたものの、興味はちっとも持てず、どこか窮屈な日々を過ごしていました。
そんなある日、ブリスは隣町で開かれたローラーゲームの試合を見て、その虜に!
年齢を偽り、チームに仲間入りし、猛練習を重ねるうちに・・・

スポンサーサイト

興行成績 2010年10月16日~17日

2010年10月半ばの興行成績ですが・・・
DVDがそろそろ出てきているので、ジャケット入れて再度アップします☆
過去の話題作をDVDでチェックしてみては?
↓↓↓

すっかりご無沙汰してしまっています。
そして、すっかり抜けていました。11月分の興行成績をのせようと思ったら、10月が未だで・・・。
今さらですが、振り返ってみたいと思います。

約1ヶ月前(2010年9月18日~19日)との比較を出していますよ♪

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

『ブリジット・ジョーンズの日記』 感想&予告編

前回ご紹介した『フロスト×ニクソン』は、白熱のインタビューの様子が素晴らしく、こちらまで手に汗にぎるスリリングさが伝わってきました。
フロストはこのインタビューで大きな成功をつかんだわけですが・・・
今回ご紹介するこちらの映画では、主役のブリジットがリポーターに転身し、ちょっとした独占インタビューのチャンスを手に入れます。むろん、フロストほどのビッグインタビューではありませんが。

ともあれ、「インタビュー」つながりということで、いってみましょう!

ダメダメだって、自分らしけりゃいいじゃない!パワーがもらえる1本です♪

110331Bridged.jpg

ブリジット・ジョーンズの日記@ぴあ映画生活
2001年:アメリカ
監督:シャロン・マグワイア
出演:レニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、ヒュー・グラント
満足度:★★★★★

あらすじ
ロンドンの出版社に勤めるブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)は32歳のシングルトン(独りで立派に生きていける独身者)。
新年のパーティで手痛い質問攻めにあい、今年こそは体重を減らし、お酒とタバコを控え、ステキな恋人をゲットしようと決意し、日記をつけ始めますが・・・。

※イギリスの女流作家ヘレン・フィールディングの同名小説の映画化です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。