2013年02月

『ブタがいた教室』 感想&予告編

保育園へのお迎えの時間帯、少し前よりも明るさを感じる今日この頃。
まだまだ寒い日が続いていますが、確実に春は近づいてきているんですよね♪

そして、来月3月は卒業シーズン。
卒業する組、卒業をお祝いする組。楽しい思い出、嬉しい思い出、悲しい思い出、悔しい思い出・・・。いろんな想いを全部糧にして、次の道へ歩き出していけたらいいですね。

さて。今宵はこんなシーズンにぴったりの一作品。
かれこれ20年ほど前に実際に行われた授業をもとに作られた映画です。子どもたちひとりひとりの真摯な様子に胸をうたれました。

20130221_Pig.jpg

ブタがいた教室 (通常版) [DVD]
2008年:日本
監督:前田哲
出演:妻夫木聡、原田美枝子、大杉漣、田畑智子

あらすじ
新学期を迎える4月。6年2組の教室に子ブタを連れて登場した星先生(妻夫木聡)。
「このブタを、先生は皆で育てて、最後には食べようと思っています」と笑顔で告げる先生。食べ物の大切さを学ばせたいという先生の思惑はさておき、子供たちは愛くるしい子ブタの様子に釘付け。
全員一致で、子ブタを飼うことに賛成しますが…
スポンサーサイト

気になる作品 『人生、ブラボー!』

「人生、ブラボー!」
あまりいただけないタイトルではありますが、なんとなく、ピンときちゃったんです。きっとこれはいい映画に違いないっ!

好きな監督だとか好きな役者さんが出ているとか・・・そういうのではまったくないので、本当に、なんとーなく、なんですけどね。
でも、シネスイッチで上映されているので、間違いないと思います!(個人的にシネスイッチで上映される映画はあたり!と思うことが多いのです)

20130218_Blavo.jpg

2011年:カナダ
監督:ケン・スコット
出演: パトリック・ユアール、アントワーヌ・ベルトラン、ジュリー・ルブレトン
公式HP:人生、ブラボー!

あらすじ: 42歳の独身男ダヴィッド(パトリック・ユアール)はある日突然、693回に及ぶ精子提供を通じて533人の子どもの父親であることが発覚。さらに142人の子どもから身元開示の訴訟を起こされていることを知る。身元を明かすつもりはないダヴィッドだったが、子どもの一人が応援しているサッカーチームの選手であることに気付くと、ほかの子どもたちにも興味を持ち始め……。

興行成績 2012年6月16日~17日

2012年6月半ばの興行成績ですが・・・
DVDが出てきているので、ジャケット入れて再度アップします☆

過去の話題作をDVDでチェックしてみては?
↓↓↓

はいさい!さくっといってみましょう! 6月半ばのランキングでーす。

約1ヶ月前(2012年5月19日~20日)との比較を出していますよ♪

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

興行成績 2012年5月19日~20日

2012年5月半ばの興行成績ですが・・・
DVDが出てきているので、ジャケット入れて再度アップします☆

過去の話題作をDVDでチェックしてみては?
↓↓↓

もうなんか・・・
あかんですね、全然、更新できず・・・
なのに、今日、アクセスカウンターを見たら、びっくり!なんかこの数日、200くらいのアクセスがあるんですけど・・・

がんばります。

でも、とりあえずは、とまっていた興行成績から。
いったい、いつ以来、レビューしてないんだって感じなんですが・・・。

ともあれ、、5月半ばのランキング、いってみましょー。

約1ヶ月前(2012年4月21日~22日)との比較を出していますよ♪

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

『あしたのパスタはアルデンテ』 感想&予告編

はいさーい!
レビューもようやく100をむかえたので、これからは気の向くままに、大好きな映画について感想をつらつら書いていきたいと思います。

3連休の中日の今日は、家族の温かさにほっこりするこちらの映画をご紹介します。

20120210_Pasta.jpg

【送料無料】あしたのパスタはアルデンテ [ リッカルド・スカルマチョ ]
2010年:イタリア
監督:フェルザン・オズペテク
出演:リッカルド・スカマルチョ、ニコール・グリマウド、アレッサンドロ・プレツィオージ
公式HP:あしたのパスタはアルデンテ

あらすじ
ローマに暮らすトンマーゾは、兄のアントニオが家業を継ぐのをきっかけに、久しぶりに南イタリアのレッツェに帰郷します。
そこで、トンマーゾはアントニオに「経営学は専攻しなかったこと、作家になりたいこと、ゲイであること」を家族に告白する予定だと打ち明けますが、なんと、アントニオが「自分はゲイである」と先にカミングアウトしてしまい・・・。

2013年2月発売のDVD情報

2013年2月発売のDVD情報です。元ネタはシネマトゥデイのDVD情報なので、詳しくはそちらをどうぞ!
ここでは、わたしがムムムッ?と気になったものをピックアップします♪

※ タイトルのリンクは公式HPへとびます。

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 感想&予告編

てってけてーん!!!

いよいよ、記念すべき100回目のレビューとなりました♪(>▽<)/

2008年に8月に開設したこのブログ。気づけば、なんと、もう5年目じゃないですか!それで100レビューってどうゆうことだよって感じですが。
仕事で凹んだり、妊娠したり、そんでもって出産、復職・・・と、いろいろありまして。

ま、ま、そんなことはともかく。
最後の数珠つながり(100レビュー目まではつなごうとヘンな意地をはったために、なかなか更新できなかった、という言い訳もございます)は、『麒麟の翼』からで、「父の死」つながりでいきます!

ものすごく美しい少年がつむぐ物語。ラストは涙がぼろぼろ止まりませんでした。

20120201_Monosugoku.jpg

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@ぴあ映画生活
2011年:アメリカ
監督:スティーヴン・ダルドリー
出演: トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー
公式HP:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
満足度:★★★★★

あらすじ
9.11で最愛の父(トム・ハンクス)を失ったオスカー(トーマス・ホーン)。その日、学校を早退させられたオスカーは父からの最期の電話が留守電に録音されるのを聞いていたのですが・・・。
それから1年、父の死から立ち直れないオスカーは、偶然父のクローゼットから1本の鍵を見つけ、その鍵穴を探す旅へと出て行きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。