2013年11月

『リービングラスベガス』 感想&予告編

芋のお湯割りが美味しい季節になってまいりました☆
ジンジャー入りのホットワインもたまらないんですが、こちらは砂糖もたっぷり入っているから、油断ならないんですよね。

というわけで、今宵は芋焼酎を呑みながら、お酒に溺れた男の末路を描いたこの物語をご紹介します。

一番最初に見たときにはちんぷんかんぷんだったけれど、二度目に見たときには妙にしっくりきて、じーんとしてしまったという…。ま、大人向けのラブストーリーです。

20131126_Leabing.jpg

リービング・ラスベガス@ぴあ映画生活
1995年:アメリカ
監督:マイク・フィギス
出演:ニコラス・ケイジ、エリザベス・シュー、ジュリアン・サンズ、リチャード・ルイス
満足度:★★★★★

あらすじ
重度のアルコール依存症のために映画会社をクビになった脚本家ベン()は、ハリウッドでの生活を処分して、死ぬまで酒を飲み続けようとベガスへ向かいます。
ベンはそこでで出会った娼婦サラに惹かれ、サラもまたベンに惹かれます。二人は「酒を飲むなといわない」「(娼婦の)仕事をやめろといわない」という条件付きで、一緒に暮らし始めますが・・・。

スポンサーサイト

興行成績 2013年1月12日~13日

2013年1月半ばの興行成績ですが・・・
DVDが出てきているので、ジャケット入れて再度アップします☆

過去の話題作をDVDでチェックしてみては?
↓↓↓


2013年、一発目の興行成績です。
昨年からもちこしでランクインされているのがけっこうありますよ~!

約1ヶ月前(2012年12月15日~16日)との比較を出しています♪

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』 感想&予告編

今週はずっといいお天気のようで、ハッピーなわたしです。
やっぱり雨だと気が滅入ってきてしまうんですよね。節々が痛んだりもするし。w

ま、でも、天候に左右されず、自分のモチベーションをコントロールできるのが一番で。そのためには一体どうすればいいのか?

その答えは嘘のような本当のこの物語(脚色はあるにせよ)を見れば、見つかるかもしれません。

20131119_YESMAN.jpg

イエスマン “YES“は人生のパスワード@ぴあ映画生活
2008年:アメリカ
監督:ペイトン・リード
出演:ジム・キャリー、ゾーイ・デシャネル、ブラッドリー・クーパー、テレンス・スタンプ
公式HP:イエスマン “YES”は人生のパスワード
満足度:★★★★

あらすじ
仕事でもプライベートでも「ノー」を連発し、親友の婚約パーティーまですっぽかしてしまう後ろ向き男カール(ジム・キャリー)。生き方を変えようと決心した彼は、とあるセミナーで、いかなる時にも「イエス」と答えると言う宣誓をしてしまいます。
その結果、カールは偶然知り合ったアリソン(ゾーイ・デシャネル)から好意を持たれるなど、運気を上げていくのでしたが・・・。

興行成績 2012年12月15日~16日

2012年12月半ばの興行成績ですが・・・
DVDが出てきているので、ジャケット入れて再度アップします☆

過去の話題作をDVDでチェックしてみては?
↓↓↓


年明けちゃってますが、12月半ばのランキングです。

約1ヶ月前(2012年11月17日~18日)との比較を出していますよ♪

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

『パッチギ』 感想&予告編

昨夜は久しぶりに昔の職場の仲間と呑みに繰り出しました。30代前半~60過ぎまでの幅広い歳の女性たちなのですが、年上女性のパワフルなこと。とっても、元気をもらえました☆
それで思ったのですが、若々しく見える秘訣はちゃんと自分の「好きなこと」をもっているかどうかってことなのかな、と。わたしも愉しく日々を過ごして、素敵に歳を重ねていきたいと思います!

さて、そんな風に思って、娘を預けている実家に戻りTVをつけたら、久しぶりにエリカさまが登場しておりました。いろいろあって、しばらく干されていましたが、また復活するかな?
個人的には大好きな女優さんなので、今後の活躍を願っています。

で、今宵ご紹介するのは清純そうなエリカ様が楽しめる一作です☆

131116_Pattigi.jpg

パッチギ!@ぴあ映画生活
2004年:日本
監督:井筒和幸
出演:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、小出恵介、波岡一喜、オダギリジョー
満足度:★★★★★

あらすじ
1968年、京都。
高校2年生の康介(塩谷瞬)は、担任からの指示で親友の紀男(小出恵介)と敵対する朝鮮高校に親善サッカーの試合を申し込みに行きます。そこで康介は音楽室でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)に一目惚れしますが、キョンジャの兄は朝高の番長アンソン(高岡蒼佑)だったため…。

『扉をたたく人』 感想&予告編

先週よりも最高気温がマイナス5度くらいの今週。一気に冬めいてきましたね。
そろそろ紅葉が楽しめるかな?

寒くなると家から一歩も出たくなくなるもの。子どもができる前は週末といえば、映画をいっぱい借りてきて、カウチポテトに走っていました。
今は遊びたいさかりの子どもに付き合って、寒さに震えながら公園遊び。ふうう。

ともあれ、寒くなってくると、なんとなく「しんみりいい話」が見たくなるんですよね~。そこで、今宵はこの映画をご紹介。わたしも久しぶりにリピしようかな♪

20131112_TOBIRA.jpg

扉をたたく人@ぴあ映画生活
2007年:アメリカ
監督:トム・マッカーシー
出演:リチャード・ジェンキンス、ヒアム・アッバス、ハーズ・スレイマン、ダナイ・グリラ
満足度:★★★★★

あらすじ
妻に先立たれて以来、心を閉ざしていた大学教授のウォルター(リチャード・ジェンキンス)。彼は出張でニューヨークを訪れた際に、マンハッタンの別宅で見知らぬ若いカップル-ジャンベ奏者のタレク(ハーズ・スレイマン)と彼の恋人でセネガル出身のゼイナブ(ダナイ・グリラ)-に遭遇します。
二人はその部屋を騙されて貸し出されたようで、ウォルターは渋々ながら行くあ
てのない二人に部屋を提供することにし、次第にタレクがたたくジャンベに心を奪われ・・・。

2013年11月発売のDVD情報

2013年11月発売のDVD情報です。
元ネタはシネマトゥデイのDVD情報なので、詳しくはそちらをどうぞ!
ここでは、わたしがムムムッ?と気になったものをピックアップします♪

※ タイトルのリンクは公式HPへとびます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。