2014年09月

興行成績 2013年5月18日~19日

2013年5月半ばの興行成績ですが・・・
DVDが出てきているので、ジャケット入れて再度アップします☆

過去の話題作をDVDでチェックしてみては?
↓↓↓


GW前中後と、お出かけしまくっていたら・・・
GWの翌週、旦那ダウン。そして、今週はわたしがダウン。
しっかり疲労回復の時間をもうけなければならぬと感じる本厄の今日この頃です。

それでは、5月半ばの興行成績、いってみましょー!(興行通信社調べ)
約1ヶ月前(2013年4月13日~14日)との比較を出しています♪

※タイトルのリンクは公式HPにとびます。
※( )内の数字は公開週数です。

スポンサーサイト

『マダム・イン・ニューヨーク』 感想&予告編

ベビちゃんが産まれる前に映画館へ行こう!と思い、選んだのは「シネスイッチ銀座」。こことの相性はすこぶる良いし、レディース・デイが金曜日で、しかも950円と他よりもお得感があるのです!

今回上映されていたこの映画も期待以上の作品で大満足!
インド映画もずいぶん洗練されたなぁと思いました。

20140926_MADAMinNY.jpg

満足度:★★★★★
2012年:インド
監督:ガウリ・シンデー
出演:シュリデビ、アディル・フセイン、アミターブ・バッチャン、メディ・ネブー、プリヤ・アーナンド
公式HP:マダム・イン・ニューヨーク

あらすじ
家族の中で自分だけ英語ができないことを夫や子どもたちにからかわれ、傷ついていた専業主婦のシャシ(シュリデビ)。
ある日、シャシはNYに暮らす姉から姪の結婚式の手伝いを頼まれ、単身渡米することに。NYで「4週間で英語が話せる」という英語教室の広告を見つけた彼女は誰にも内緒で英会話学校に通うことを決める。
仲間とともに英語を学ぶうちに、次第に自信を取り戻していくシャシだったが…

『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』 感想&予告編

子ども向けの映画が軒並み、TOHOシネマズ上映のため、カードを作ってみたわたし。(6本見ると1本無料だっていうからさ)
産休のうちに自分好みのも1つくらい観に行こうと選んだのがこちらの映画です。

希代の天才バイオリニスト・パガニーニを演じたデイヴィッド・ギャレットがそりゃもう素敵でした。

20140923_PAGANIINI.jpg

満足度:★★★★
2013年:ドイツ
監督:バーナード・ローズ
出演:デビッド・ギャレット、ジャレッド・ハリス、アンドレア・デック、クリスチャン・マッケイ、ジョエリー・リチャードソン
公式HP:パガニーニ 愛と狂気のピアニスト

あらすじ
1830年、イタリア。天才的な腕をもちつつも不遇な日々を送っていたバイオリニスト・パガニーニ(デビッド・ギャレット)。敏腕マネージャー・ウルバーニ(ジャレッド・ハリス)との出会いにより、パガニーニは富と名声を手にするが、私生活では相変わらず女や酒、ギャンブルにまみれた生活をしていた。
そんなある日、ロンドン公演を行うことになったパガニーニは、美しい声をもつシャーロット(アンドレア・デック)と出会い・・・。

※超絶技法で有名な伝説的バイオリニスト、ニコロ・パガニーニの伝記ドラマです。

『バスキア』 感想&予告編

この記事を書いているのは8月後半なのですが、UPされる頃には秋の気配が感じられるようになっているかしら?そうなっていたらいいなという願いをこめて・・・
芸術の秋にふさわしいこの一作をご紹介します。

ジェフリー・ライトの名演が光るアーティスティックな一作です。

20140920_BASUKIA.jpg

満足度:★★★★
1996年:アメリカ
監督:ジュリアン・シュナーベル
出演:ジェフリー・ライト、クレア・フォラーニ、マイケル・ウィンコット、デヴィッド・ボウイ、デニス・ホッパー、ゲイリー・オールドマン

あらすじ
喫茶店のウェートレス、ジーナ(クレア・フォラーニ)の部屋に転がり込んでいたストリート・アーチストのバスキ(ジェフリー・ライト)。彼は美術評論家ルネ(マイケル・ウィンコット)に注目されたことから、アンディ・ウォーホル(デヴィッド・ボウイ)に認められ、一躍有名になる。
だが、しかし、突然の変化やプレッシャーからドラッグに溺れ始めたバスキアはその成功とは裏腹に、どんどん孤独になっていき・・・。

27歳でこの世を去った実在の画家ジャン・ミシェル・バスキアの伝記映画。

【マイベスト】2013年のお気に入り映画

はいさーい!
え?なに?この中途半端な時期に、このタイトルは!?・・・って、感じですよね。
いや、ふいに、やり忘れていたな・・・と思い立ちまして。

ずいぶん遅い発表になってしまいましたが、2013年に見た映画ベスト5の発表でーす♪

※「2013年に見た」映画です。製作年および公開が2013年というわけではありません。
※タイトルのリンクは詳しいレビューにとびます。

『フェイク』 感想&予告編

【再UP】記憶おぼろに書いたレビューだったので、DVD見直したのを機に、書き改めました。

ようやく『インファナル・アフェア』の三部作を書き終わりました。
そろそろ、がらっとテイストの違う作品を紹介したいところでもあるのですが・・・
「潜入捜査官」つながりでピコンと浮かんでしまったこの作品が頭から離れないので、今回も骨太な映画でいきたいと思います。

マフィアから今なお50万ドルの懸賞金がかけられているという実在の人物の手記を元に作られたノンフィクションムービー。アル・パチーノが魅せてくれます。(TへT)

081114Fake.jpg

満足度:★★★★★
1997年:アメリカ
監督:マイク・ニューウェル
出演:アル・パチーノ、ジョニー・デップ、マイケル・マドセン、ブルーノ・カービー

あらすじ
78年、ブルックリン。FBI捜査官ジョー・ピストーネ(ジョニー・デップ)はドニー・ブラスコとしてマフィア組織に潜入を試みる。ドニーが最初に近づいたのは、末端の気さくな男レフティ・ルギエーロ(アル・パチーノ)。
レフティは聡明なドニーに惚れこみ、親身に世話を焼きマフィアの上層部に彼を紹介していくが・・・。

『そして父になる』 感想&予告編

今日は少し前にテレビ放映されていたのを見たこちらの映画をご紹介。
好き嫌いで言えばあまり好きにはなれなかったのですが…
それでもやはり映画の完成度としては高いのかな、と。

福山って、本当に子ども苦手そう!と思ってしまいました。(『真夏の方程式』、然り)

20140911‗SOSITETITININARU

満足度:★★/ 完成度:★★★★
2013年:日本
監督:是枝裕和
出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升げん
公式HP:そして父になる

あらすじ
申し分のない学歴や仕事を自分の力で勝ち取ってきたエリートサラリーマンの良多(福山雅治)とその妻みどり(尾野真千子)。ある日、2人が6年間育ててきた息子・慶多(二宮慶多)が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明。
取り違えの相手・斎木家(リリー・フランキー真木よう子黄升げん)と面会する中で、血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤が生まれ・・・。

『月に囚われた男』 感想&予告編

今宵は中秋の名月ということで・・・
この記事を書いているのは実は8月(あと数日で出産予定です!)なので、綺麗なお月様が見られるかどうか知る由もないのですが、とりあえず、月にまつわるこちらの映画をご紹介します。

噂に違わぬよく捻られたしかけに、ほおぉ~っとなりました。

2014090TUKINITORAWARETAOTOKO.jpg

満足度:★★★★
2009年:イギリス
監督:ダンカン・ジョーンズ
出演:サム・ロックウェル、ケヴィン・スペイシー(声の出演)
公式HP:月に囚われた男

あらすじ

近未来 - 地球のエネルギーは底をついた。
新たな燃料源を38万キロ彼方の「月」で採掘。
「ルナ産業」が実行し、一人の男が派遣された。

契約期間:3年
赴任地:月
労働人数:一人



『世界の涯てに』 感想&PV風動画

ラブストーリーは進んで見るほうではないのですが、これは何度かリピートしている大好きな映画です。
ちょっぴりビターだけど、心にじんわりしみてくるんですよねぇ~。

なんといっても、金城武×ケリー・チャンの魅力がぐぐっとつまっています。

20140905‗SEKAINOHATENI

満足度:★★★★★
1996年:香港
監督:リー・チーガイ
出演:金城武、ケリー・チャン、ミッシェル・ウォン

あらすじ
裕福な家庭に育ったラム(ケリー・チャン)は、何でも屋のナーハウチョン(金城武)にテッド(ミッシェル・ウォン)という男を捜してくれるよう依頼した。ラムは不治の病に冒されており、彼女はテッドの言葉を支えにして生きていたのだ。
やがてラムはナーハウチョンの仕事を手伝うようになり、彼に惹かれていくが・・・

『フラガール』 感想&予告編

9月最初にお届けするのは、思わずフラダンスをやってみたくなってしまったこの映画。
涙あり、笑いあり、元気がもらえる素敵な映画です!

松雪さんのダンスシーンに惚れ惚れしました~♪o(>▽<)o

20140902‗FURAGIRL

満足度:★★★★★
2006年:日本
監督:李相日
出演:松雪 泰子、蒼井 優、豊川 悦司、岸部一徳、富司純子、徳永えり

あらすじ
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いたドラマ。
東京からフラダンスの先生として招かれたあかね(松雪泰子)のもとに、早苗(徳永えり)、紀美子(蒼井優)、小百合(静ちゃん)、佐々木初子(池津祥子)らが集まり、フラガールになるべく練習を始めるが・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。