スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フィッシュストーリー』 感想&予告編 - 坊主頭の高良健吾くんがヨロシ!

前回ご紹介した『DMC デトロイト・メタル・シティ』の主人公・根岸くんの大好きな言葉は「ノーミュージック、ノーライフ」。
今回はこの言葉を文字通りの意味でとらえて、こちらの作品につなげます。

売れないバンドの1曲が地球を救った!・・・そんなお話です。
高良健吾くんのファンなら必見!カワイク男前っ(*>▽<*)

090913FISHSTORY.jpg

満足度:★★★★
2009年:日本
監督:中村義洋
出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋

あらすじ
1975年、早すぎたパンクバンド「逆鱗(げきりん)」(伊藤淳史ほか)の物語。
1982年、やたら気の弱い大学生「雅史」(濱田岳)の物語。
2009年、修学旅行で大ポカをした女子高生「麻美」(多部未華子)とそこに居合わせた正義の味方になりたかった「パティシエ」(森山未來)の物語。
一見何のつながりもない物語が交錯した時・・・。

※伊坂幸太郎の同名小説『フィッシュストーリー (新潮文庫) 』が原作です。

特徴と見どころ
・中村一義の音楽が最高~♪
・高良健吾くんのボーカル役が最高~♪
・怒涛のネタバレラッシュでスッキリしすぎ


感想
アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督が再び伊坂幸太郎氏の作品を映画化するということで、期待度大だったわけですが、期待が大きすぎたせいか、思っていたほどの感動は得られず、ちょっと残念でした。
要所要所では思わず吹き出してしまうおかしみがあったし、数多くの登場人物のキャラはそれぞれたっていたし、良かったことは良かったんですけどねぇ。 ううむ。

物語は2012年からスタートします。
あと数時間で地球に彗星が衝突し、地球が滅びようとしている時・・・人っ子一人歩いていない閑散とした町の中、なぜか変わらずに営業を続けているレコード店。
そこには、レコード店の主人とお客1人、そして地球の滅亡を願う偏屈親父が居合わせて・・・。

70年代に全く売れなかったパンクバンド「逆鱗(げきりん)」の「フィッシュストーリー」という曲。レコード店の主人が話し始めた「逆鱗」のこと。
そこから時が戻り、あらすじに書いた3つのストーリーが展開されていきます。

一見、何のつながりもない出来事。
けれど、それが実は全て「逆鱗」の「フィッシュストーリー」につながっていて・・・

ラストは怒涛のネタばれラッシュでした。

正直、これはバカ丁寧すぎました。
もう少し、台詞に含ませるだけの部分を残して、観客側が推測する部分があったほうがむしろ楽しめたんじゃないかと思います。
なんだかあまりにもスッキリしすぎちゃって、それによって原作者である伊坂さんのマジック効果が目減りしてしまったような・・・そんなような・・・

ともあれ、先述したとおり、たくさん出てくる登場人物たちはみんなキャラがうまく出ていました。

特に、物語の骨となる「逆鱗(げきりん)」のメンバーは、ナイス!
かつてのチビノリダー、そして今はいじめられ役がお似合いの伊藤淳史くんがパンクバンドのリーダーということで、若干心配だったんですが、ちゃんと強く見えました。
しかも実は細マッチョなのね~。ま、そういう風に見えるように撮られたのかもしれないですが、上半身裸の姿には思わず注目してしまいました。 w

ドラマー役の渋川清彦さん(モデル)、ギタリスト役の大川内利充さん(本当のギタリスト)も「売れないバンドのメンバー」って感じがして良かったし。
何より、ボーカル役の高良健吾くんが良かったわ~。歌う姿、格好よかったし、ちょっとかすれ気味の声が素敵でした♪どこか初々しい感じも(この映画の後、いくつか彼が出ている映画を見たのですが、若いのに、役ごとにだいぶ雰囲気ちがっていて、これからが楽しみです!)

まあ、でも、1番びっくりしたのは、パティシエに扮した森山未來くんのアクションです。いやはや、とても強そうでしたよ。
アクション映えしまくり!
パイを片手に持ちながら、構えに入って~・・・アチョー!(゜゜()☆○=(-"-)

期待していた濱田岳ちゃんは今回はあまり出番ありませんでした。
弱っちくてダメダメなシーンも多かったしね~。

とにもかくにも、これはぜひとも原作が読みたくなってしまいました。
そして「フィッシュストーリー」もいい曲だったけど、エンディングで流れていた斉藤和義の「Summer Days」がめちゃいかしていました♪


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
http://youtu.be/T9-YHxz-hHM



伊坂幸太郎さん原作の映画

フィッシュストーリー [DVD]   アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]   Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]


原作もわりと良いですよ♪

フィッシュストーリー (新潮文庫)


サントラもおすすめ♪

フィッシュストーリー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。