スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『9000マイルの約束』 感想&予告編 - 生きるための逃走、その先にあるものは?

前回ご紹介した『生きてこそ』では、「生きることへの執念」に唸らされました。
今回ご紹介するこの映画の主人公も、「生きることへの執念」を決して絶やさず、突き進んでいきます。

極寒のシベリア収容所からの脱出劇は、寒さを超えて痛そうでした・・・(((=_=)))

100402kyusenmaile.jpg

満足度:★★★★
2001年:ドイツ
監督:ハーディ・マーティンス
出演:ベルンハルト・ベターマン、ミハエル・メンドル、アナトリー・コテニョフ

あらすじ
第2次大戦後、戦犯としてシベリアの強制収容所へ送還されたドイツ兵士クレメンツ・フォレル(ベルンハルト・ベターマン)。彼はその地で25年の強制労働を科せられる。
しかしクレメンツは「必ず帰る」と約束した家族との再会を胸に、極寒の地から脱走を試み・・。

※実話に基づく大ベストセラー小説の映画化です。

特徴と見どころ
・極寒の地、シベリアの壮大な自然
・主人公クレメンツの凄まじい執念
・追う者、追われる者の緊迫感


感想
シベリアの自然は、なんとも壮大でした。
わたしは映画に出てくる光景にすぐに感化されてしまうのですが、たとえどんなに美しいオーロラが出ようとも、マイナス何十度の世界とは無縁でいよう!と思うほど、寒そう、というよりも、それを通り越して痛そうな景色でした。
いやはや、撮影大変だったろうなぁ・・・。

主人公クレメンツ(ドイツ兵中尉)は、「戦犯」としてシベリア最果ての炭鉱所に送られるわけですが、その刑は25年もの強制労働という過酷なものでした。
寒さや飢え、長時間の労働により、次々と倒れていく仲間達。
彼は、愛する妻と可愛い娘と交わした「必ず帰る」という約束を消し去ることができず、強制収容所からの脱走を試みます。

ただし、「難攻不落」といわれる収容所の周りには、塀も壁も有刺鉄線もない代わり、厚さ数十センチの雪に覆われた広大な台地が広がっているのです。
当然、そこには、隠れ場所も食料も、何もなく・・・

けれど、クレメンツは挫けることなく、「約束」だけを胸に、3年かけて、9000マイル(14,208km)もの道を、ひたすら徒歩で突き進んでいきます。
なんとも凄い執念です。

クレメンツは、その9000マイルの道程で、何人かの人に助けられていきますが・・・
最初に協力したのは、収容所で働かされていたドイツ人医師です。
彼は、自分がそこから逃げ出すために準備を重ねていたのですが、ある事情からそれを断念し、クレメンツに全てを託します。この事情がなんとも切なく、彼のその後の身の振り方も・・・。

また、もっと後になってから、クレメンツは一人のユダヤ人に助けを乞うことになります。戦争中、ナチスの収容所で兄弟を失ったユダヤ人。
でも、彼は、来るものを拒まず、誰であろうと、助けを求められたらそれに応じています。なぜなのか?ドイツ兵やドイツ人に対する恨みはないのか?

クレメンツは

「どうしてドイツ兵である私を助けるんだ?大虐殺は知らずに行ったことだからか?」


と尋ねますが、結局、その理由が明かされることはありませんでした。
でも、その沈黙にこそ感じられる何かが、確かにありました。

ドイツ兵の感情的な面を描くのはやはりタブーなのか、クレメンツ個人の感情描写は「家族に会いたい」という一点に集約されていました。
戦中に対する追憶もなければ、ソ連兵に対する憤りもなし。
ユダヤ人に対する問いかけが、唯一触れているといえば触れている感じですが、それは一般論を口にしただけで、クレメンツ本人の感情にぐいと踏み込んだものではありませんでした。

クレメンツの感情が、もうちょーっとだけでも、顕にされていると、もっと味わい深い作品になったんじゃないかな、と、思います。
でも、まあ、脱走したクレメンツへの追跡には大した緊張感がありましたし、何より、3年もの歳月を歩きに歩いて、家族と再会するシーンには思わず涙してしまいました。

それにしても、クレメンツを追い続けた収容所の責任者=ソ連兵。
彼の並々ならぬ執念は、一体、どこからきていたのでしょう?何ゆえあそこまでクレメンツを目の敵にしていたのか?ちょっと理解不能な部分がありました。
だって、普通だったら、たった一人の脱獄者を3年も追いかけていられないでしょう?ねえ?

ともあれ、氷点下の大地の後の春の訪れは、ことさら美しく見えました。
そういう意味では、風景を楽しめるというロードムービーの醍醐味もしっかり出ている映画です。


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
http://youtu.be/cPxd9A7EZIk



ドイツ兵を描いた映画

9000マイルの約束 [DVD]   スターリングラード [DVD]   橋 [DVD]








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。