スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『裸足の1500マイル』 感想&Tribute Video - 追われるものの焦燥感にヒリヒリするロードムービー

前回の『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』では、主人公の二人がギャング&警察から追われながら目的地に向かって逃走する物語でした。
今回は「追うもの、追われるもの」つながりで、この映画をご紹介したいと思います。
これも、一種のロードムービーです。でも、『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』のように優しい気持ちになれる映画ではなく、追われる側の焦燥感、追い詰められる気持ちがジリジリ伝わってくる映画です。そして・・・

何ともやるせない気持ちになり、考えさせられる映画です。

081004hadashi.jpg

満足度:★★★★
2002年:オーストラリア
監督:フィリップ・ノイス
出演:エヴァーリン・サンピ 、ローラ・モナガン、ティアナ・サンズベリー 、ケネス・ブラナー、デイヴィッド・ガルピリル
公式HP:裸足の1500マイル

あらすじ
1931年、オーストラリアでは先住民アボリジニと白人の混血児を家族から隔離し、白人社会に適応させようとする隔離・同化政策が行われていた。
それにより、14歳のモリー(エヴァーリン・サンピ)と8歳の妹デイジー(ティアナ・サンズベリー)、二人の従妹である10歳のグレイシー(ローラ・モナガン)は強制的に寄宿舎に収容されてしまう。3人は窮屈な施設から逃げ出すが、母のもとへ戻るには1500マイル(2400キロ)もの長く険しい道が続いており・・・

特徴と見どころ
・隔離・同化政策という愚かな史実を知ることができる
・主人公モリー役のエヴァーリン・サンピの存在感がピカイチ
・オーストラリアの荒涼な大地の美しさに圧倒される


感想
この映画、もう1度観たい映画かと聞かれたらNOです。だって、辛すぎるから。
でも、1度は観ておくべき映画かなとも思います。

最初から、胸がちくちく痛むシーンが続きました。

アボリジニに対する政策の説明。
アボリジニ保護局の不穏な動き。
そして、保護局によって、アボリジニの子どもが連れ去られる場面。

泣き喚く親子。無情に任務を遂行するアボリジニ保護局の人間。(このシーンは、本当に、胸が張り裂けそうでした。)

3人が連れて行かれた収容所では母語の使用が禁じられ、英語での会話、白人の生活様式が強制されています。肌の色によって知能指数をはかられ、色が白い子どもたちは学校に通わされるようになるという、あまりにも白人本位の行い。
主人公のモリーは、それに対して激しい嫌悪感を抱き、デイジーとグレイシーをつれ、収容所を飛び出すのですが・・・

当然、そのまま見過ごしてもらえるわけがなく・・・

彼女達を引き戻そうと収容所側は警察にまで手を借りるのです。
でも、それよりも怖いのは、わけあって収容所で働かされているアボリジニの凄腕のハンター「追跡人」です。
この追跡人、ほぼ無表情なんですが、たまにニヤッとするんです。それは、逃げるモリーの賢さに対する称賛なのか・・・?はたまた強い敵に対するハンターとしての本能的な喜びなのか・・・?

その表情の意味が読めず、非常に薄気味悪く、怖かったです。
それゆえに、追われる側の焦燥感は一層伝わってきたわけなんですが・・・

ところで、主人公モリー役のエヴァーリン・サンピという女の子、めちゃくちゃ存在感ありました。誰にもこびることのない力強い視線が印象深く残っています。
道中出会ったアボリジニと交わすハンドサイン、鳥の鳴き声を真似た口笛、空を見て方角を読む姿、どれをとっても板についていて、とても格好良かったです。

そして彼女の妹=デイジー役のティアナ・サンズベリーにも胸をドキューンとうたれました。可愛すぎです。
幼子なのに、既に色気があるんです。サンピとは逆のナチュラルにこびた目つき。末恐ろしい子です・・・。

それにしても、オーストラリアの荒涼な大地は、くるくる変わる空の色、そしてその空と大地の境目の色合いが何とも美しかったです。砂漠の灼熱地獄は勘弁ですが、いつか行ってみたいです。

最後に・・・
この映画を見てつくづく感じたのは、何を「正義」と信じるかの怖さです。
「子どもたちをアボリジニの原始的な生活から救わなければならない」---それは、必ずしも、差別的な心だけからくるものではなかったわけです。(もちろん、ただの差別心の人もいたと思いますが)
何を信じるか、それを信じ続けていいのか、絶えず、人は考えなければいけない、そう思いました。


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


Tribute Video
http://youtu.be/rF5y5nP8Pps



人種差別に関する映画

裸足の1500マイル   遠い夜明け  マルコムX





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。