スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ライフ・イズ・ビューティフル』 感想&予告編 ― 笑いあり、涙あり、心温まるイタリア映画

前々回は『裸足の1500マイル』、前回は『グアンタナモ、僕達の見た真実』と「人権」にまつわるヘビーな2作をご紹介してしまいました。
さすがにこれ以上この類のものが続くと、立ち上がれなくなりそうです。

でも、かといって、いきなりおバカな映画に飛ぶのも無粋だと思うので・・・
今回は「強制連行」つながりで、でも、観終わった後にHAPPYな気分になれる映画をご紹介したいと思います。

ロベルト・ベニーニが監督・脚本・主演の3役をこなしたイタリアからの素晴らしい映画です!(;▽;)

081007Lifeis.jpg

満足度:★★★★★
1998年:イタリア
監督・脚本:ロベルト・ベニーニ
出演:ロベルト・ベニーニ、ニコレッタ・ブラスキ 、ジョルジオ・カンタリーニ

あらすじ
1939年イタリア、トスカーナ地方。主人公のユダヤ系イタリア人グイド(ロベルト・ベニーニ)は、ドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)と恋に落ち、息子ジョズエ(ジョルジオ・カンタリーニ )をもうけます。幸せいっぱいの家族。
しかし、ほどなくして、一家はナチスの強制収容所へ送られてしまいます。けれど、そこでもグイドは幼い息子に悲惨な現実を悟られないよう、ひたすら笑顔で陽気に振舞い続け・・・。

特徴と見どころ
・強制収容所を扱った物語だけれど「陽性」
・どんな状況でもユーモアを忘れない主人公が魅力的
・哀しいけれど幸せなラストシーン


感想
イタリア映画だし、ナチの強制収容所の話だし、きっと暗くて重いんだろうな・・・
と思いながら、映画館に行ったら、いい意味で裏切られました。
笑えて、泣けて、そして最高に温かい気持ちになれる、とても素敵な映画です。

全体を通して、「笑い」にあふれていますが、特に、グイドとドーラが結ばれるまでが描かれている前半は、笑いっぱなしでした。ドーラに一目惚れしたグイドは、いつも、「ボンジョールノ!ビチベーサ!(こんにちは!お姫さま!)」と茶目っ気たっぷりにドーラの目の前に現れます。
そして、どうにかしてドーラを笑わせようと試行錯誤します。

「好きな人を笑わせたい」=「幸せな気持ちにさせたい」、そんな心意気に溢れるグイドは、決してハンサムじゃないけれど魅力溢れる好人物です。
ドーラはそんなグイドに自然と惹かれていき・・・。

結婚した2人には、めでたく男の子(ジョズエ)が生まれます。
順風満帆な一家の暮らし。
が、しかし、時代は、ムッソリーニによるファシズム政権下へ。幸せいっぱいの家族のもとにもナチスの影がのびてきて・・・

映画の中盤、彼らは強制収容所に連行されてしまいます。並みの映画だったら、ここで一気に暗~いトーンに変わってしまうと思います。
けれど、この映画は、一瞬重い雰囲気にさせながらも、まだまだ笑わせてくれるのです。温かい気持ちにさせてくれるのです。
そこがこの映画の素晴らしいところです!

収容所は、女性用・男性用・子供用・老人用と分かれているのですが(子供と老人はすぐに毒ガスシャワーで…)、グイドはうまいことジョズエをかくまって自分と同じ収容所に連れて行きます。

そして、「ジョズエがいることがばれたら一環の終わり」という状況の中、グイドはあの手この手で、ジョズエを守り続けます。しかも、ジョズエが辛い現実を悟ってしまわないように、どんなに厳しい労働を強いられても笑顔をふりまき、ユーモアたっぷりのアイディアでジョズエを楽しませるのです。
そう、かつて、ドーラにそうしていたように。

どんな不遇にあおうとも、どんな過酷な状況におかれようとも、"Life is beautiful."ということを忘れずに過ごしたグイドの人生は、まさに、"Beautiful !!!"。
愛する者にありったけの愛を注ぎ、機転をきかせ、時には大胆不敵に行動する。
そして、どんな時でも決してユーモアを忘れない。

ぜひとも見習いたいものです。

そうそう、グイドのユーモアが現実になるラストシーンはとっても素敵!数ある映画の中のラストシーンでも、間違いなく、最高の部類です。
ジョズエ役の子は最初から最後まで可愛さ満点でしたが、特に、このシーンでのぱっと花が開いたような笑顔は忘れられません。

とにもかくにも、グイドの生き方に、たくさんの感動をプレゼントしてもらいました♪


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログへ


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


メモ
・グイド役のロベルト・ベニーニとドーラ役のニコレッタ・ブラスキは、実生活でも夫婦です。
・ ロベルト・ベニーニはこの作品で、アカデミー主演男優賞(第71回)、アカデミー外国語映画賞、カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリなどを受賞しました。外国語でのアカデミー主演男優賞を受賞したのは彼が初めてだそうです。


予告編
http://youtu.be/lh44dI5YHdo



逆境の中、知恵をしぼって生きた人の映画

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]   ショーシャンクの空に   ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。