スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マイベスト5】ロードムービー

一口に映画と言っても、いろいろなジャンルがありますが、わたしが1番好きな類は、いわゆる「ロードムービー」と呼ばれるものです。

ロードムービー(road movie)=主人公が旅、もしくは旅に通じるような長距離の移動をしながら物語が進んでいく映画


わたしは「旅」が大好きです。
だから、映画の中で主人公が旅をするお話も大好きなのです。

いろんな場所の素晴らしい景色、
移動することで出てくる習慣の違い、
旅をする中で誰かと関わりあって成長する主人公、

そういうのって、とっても楽しめます。

まあ、そういうわけで、今回の○○マイベスト5のお題は、「ロードムービー」マイベスト5です。

それでは、いってみましょう~!ドンドンドン・ぱふぱふっ♪ \(◇^\)(/^◇)/



いい具合にいろいろな国の映画が出そろいました。

でも、そういえば、日本のロードムービーってあまり記憶にありません。
気になったので、ちょっとググッてみたら、日本のロードムービー代表作は、「黄色いハンカチ」のようです。
ん~・・・タイトルと物語の流れは何となく聞いたことがありますが、実際に見たことはないかなぁ~。スカパーでケンさん特集をやっていた時に、ちらっと目にしたような気もするのですが・・・

ま、それは、ともかく、それぞれにちょことずつコメントしていきま~す♪


第1位 プリシラ
1994年:オーストラリア
監督:ステファン・エリオット
出演:ヒューゴ・ウィーヴィング、テレンス・スタンプ、ガイ・ピアース

プリシラ [Blu-ray]

3人のドラッグクイーン(ド派手な女装をしたゲイ)が地方のホテルで行うショーのために、砂漠を横断して行く映画です。
ご機嫌なディスコサウンド。壮大な砂漠の光景に、妙に映えるド派手な衣装。どれだけ悩んでも、どれだけ傷ついても、最後にはゲラゲラと下品なジョークで笑い飛ばしてしまう彼女たち。

何度見ても、新しい発見と感動があって、たくさんの元気とパワーをもらえます。

⇒ 詳しいレビューを見る


第2位 ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
1997年:ドイツ
監督:トーマス・ヤーン
出演:ティル・シュヴァイガー、ヤン・ヨーゼフ・リーファース

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア [Blu-ray]

2人の末期患者の男が、未だ見ぬ海を見るために海を目指す映画です。なぜ海か、って?
「天国では、海について語ることが流行っている」からです。
未だ見ぬ海を見るためにっていう設定が心憎いとてもクールな映画です。

物語は、最初からラストまで軽快な流れで、小粒な笑いが満載です。でも、末期患者ゆえのつうんとくるような切なさもあって…。
しんみりとした感動に包まれる一作です。

⇒ 詳しいレビューを見る


第3位 世界最速のインディアン
2005年:ニュージーランド、アメリカ
監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:アンソニー・ホプキンス 、ダイアン・ラッド 、ポール・ロドリゲス

世界最速のインディアン スタンダード・エディション [DVD]

1967年に68歳で1000cc以下の部門で世界最速記録を達成した伝説のライダー「バートン・マンロー」の映画です。
正直、アンソニー・ホプキンスがこんなにチャーミングに見えるとは思いもしまいませんでした。
いくつになっても、自分の夢に正直で一生懸命。他人に対して偏見や差別をもたず、真摯に親切に接する。
そんなホプキンス演じるマーロンじいちゃんを見ていると、素直に彼を応援したくなってしまいます。

とびきりの感動と勇気と元気をもらえる映画です。(タイトルはいま一つだけどね。)

⇒ 詳しいレビューを見る


第4位 サン・ジャックへの道
2005年:フランス
監督:コリーヌ・セロー
出演:ミュリエル・ロバン、アルチュス・ド・パンゲルン、ジャン=ピエール・ダルッサン

サン・ジャックへの道 [DVD]

親の遺産を受け取るために、仲の悪い兄弟妹が徒歩で巡礼する映画です。
まず、特筆すべきは風景の美しさです。IHURUは見終わったあと、思わず本気で巡礼の旅を考えてしまいました。^ ^;

そして、一緒に巡礼することとなった人たちとのシニカルで辛辣だけれど笑いに満ちたやりとり。
見終わった後は、思わずお散歩に出かけたくなるような、そんな秀作です。

⇒ 詳しいレビューを見る


第5位 ナチュラル・ボーン・キラーズ
1994年:アメリカ
監督:オリヴァー・ストーン
出演:ウディ・ハレルソン、ジュリエット・ルイス

ナチュラル・ボーン・キラーズ 特別編 [DVD]

連続殺人ミッキー&マロリーの映画です。
ウディ・ハレルソンのスキンヘッドが妙にきまっていて、ジュリエット・ヴィノシュもとてもチャーミング。
人をばんばん殺しまくる2人を理解できるわけではないけれど、2人の間のある種ピュアな愛には何だかじ~んとしてしまいました。

世間の評価は微妙なようですが、意外に名作です。


ジョニー・デップマイベスト5に続き、また第5位を何にするか迷ってしまいました。
3位までは割とバシッと浮かぶのですが、それ以下は同じ位好きなのがたくさんあって、難しいですね~。
まあ、今回5位に『ナチュラルボーンキラーズ』を選んだのは、1位~4位までとちょっと毛色の違うものにしたかったからでというのが1番の理由です。

というわけで、ロードムービーマイベスト5でした!
もし、おすすめのロードムービーがありましたら、ぜひコメントに残してくださいね♪


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。