スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブリジット・ジョーンズの日記』 感想&予告編

前回ご紹介した『フロスト×ニクソン』は、白熱のインタビューの様子が素晴らしく、こちらまで手に汗にぎるスリリングさが伝わってきました。
フロストはこのインタビューで大きな成功をつかんだわけですが・・・
今回ご紹介するこちらの映画では、主役のブリジットがリポーターに転身し、ちょっとした独占インタビューのチャンスを手に入れます。むろん、フロストほどのビッグインタビューではありませんが。

ともあれ、「インタビュー」つながりということで、いってみましょう!

ダメダメだって、自分らしけりゃいいじゃない!パワーがもらえる1本です♪

110331Bridged.jpg

ブリジット・ジョーンズの日記@ぴあ映画生活
2001年:アメリカ
監督:シャロン・マグワイア
出演:レニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、ヒュー・グラント
満足度:★★★★★

あらすじ
ロンドンの出版社に勤めるブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)は32歳のシングルトン(独りで立派に生きていける独身者)。
新年のパーティで手痛い質問攻めにあい、今年こそは体重を減らし、お酒とタバコを控え、ステキな恋人をゲットしようと決意し、日記をつけ始めますが・・・。

※イギリスの女流作家ヘレン・フィールディングの同名小説の映画化です。

感想
嫌なことがあった日に、ぴったりの一作です。
なぜって、主役のブリジット・ジョーンズを見ていたら、どうしたって元気がわいてくるからです。

禁酒も禁煙もダイエットも成功したためしがないし。
30すぎても、仕事は中途半端なまま。かといって、結婚するような相手がいるわけでもなく、親戚らからはやいのやいの言われ・・・。
まさに、この先の人生には迷いばっかり。

そんな等身大で、すでに原作で多くのファンをつかんでいたこのキャラクターに挑んだのは、10K近くの増量をしたレニー・ゼルウィガー。
もともとすごい美人というわけでもない彼女はいい意味で、そこらへんにいそうな雰囲気もあり、この役柄にうってつけでした。

セクシーな勝負パンツとヒップラインがキレイに見える実用的なおばさんパンツ。どちらを選ぶか迷った末、後者を選んで、大事な場面に・・・。
休日のドライブ。スカーフ巻いて決めたのに、オープンカーの風で頭爆発!
夜、悲しくって、辛くって、ベッドの上、ひとりパジャマ姿で、”All by myself”を熱唱。

思わず吹き出してしまうようなブリジットの行動の数々。
でも、これ、アラサー女子なら、「分かる分かるー」ってところがいっぱいなはず!なので、すっごく共感できました。

さて。そんなブリジットを取り巻く男子2人は、敏腕弁護士のマーク(コリン・ファース)と編集長のダニエル(ヒュー・グラント)。
この2人がどうしてブリジットに惹かれていったのか、そんなことは深く考えてはいけません。特に、ダニエルのほうは「なぜ?」と大きく「?」が浮かんでしまう感じですが、まあまあ、そこはつっこまないでおきましょう。

それにしても、ヒュー・グラント、いいですね
ラブコメってあまり好きなジャンルじゃないので、ラブコメでそこそこ二枚目役をやっているっぽいヒューにも興味がなかったのですが・・・
最近、妙に好きです。細身の筋肉質、いいよねぇ~(>▼<)/

でも、実はこの映画にはもう一人気になったメンズがいまして。それは、ブリジットの親友の一人で、ゲイキャラを演じていたジェームズ・コリスです。
なかなかにおいしい役でしたよね。
こういう友だち欲しいなぁ~、と、思った女子は多いんじゃないでしょうか?

ともあれ。憂鬱な思いを吹き飛ばすパワーのある映画です。
では、ラストはとっておきのこの台詞で♪

"I like you very much, just as you are."(ありのままの君が大好きだよ!)




ブログランキング・にほんブログ村へ    
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪


予告編 ※日本語字幕なし
http://youtu.be/DQdy98B1nf0



日記つながりの映画
ブリジット・ジョーンズの日記 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]   グレッグのダメ日記 [DVD]   ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]


  







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。