スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アバター』 感想&予告編

またまた1ヶ月以上ぶりのレビューになってしまいました!
DVD鑑賞はぽつぽつしているんですけどね。このブログのレビュー、一応、「数珠繋ぎ」ってことで自分ひとりでこだわっているから、余計に更新しにくくなっているんですよね・・・。

でも、せっかくだから、100レビューまでは数珠繋ぎでがんばってみようかな、と。

というわけで、今回は前回ご紹介した『闇の列車、光の旅』より、「新世界」続きということで、こちらの映画を選びました。
ホンジュラスの少女がアメリカという新世界にたどり着く前者、アメリカ人兵士が地球外の新世界でアバターとなる後者。ね?どちらも、「新世界」。

・・・って、もう、限りなく、無理やりな数珠繋ぎになちゃってますね・・・。

ストーリーはさておき、映像がすごーーーい!!!作品でした。

110815AVATA.jpg

アバター ブルーレイ版エクステンデッド・エディション(本編3種収録)(初回生産限定3枚組) [Blu-ray]
2009年:アメリカ
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、ミシェル・ロドリゲス、スティーブン・ラング、シガニー・ウィーヴァー
公式HP:AVATAR アバター

あらすじ
22世紀。人類は地球から遠く離れた宇宙で、莫大な利益をもたらす鉱物を発見します。
その鉱物を採掘するため、元兵士のジェイク(サム・ワーシントン)はアバター(ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体)をもちい、その星の先住民ナヴィに近づいていきますが・・・

感想
地デジ化のため、6月半ばにあわててテレビを買い換えました。
ブルーレイつきのやつにしたので、かねてから興味はあったものの、DVDじゃなぁ~と懸案していた「アバター」をやっとこさ鑑賞したのですが・・・

いやいやいやいや、聞きしに勝る映像美ですねぇ~。

ぶっちゃけ、ストーリーは浅くてつまらなかったんですが、迫力ある映像に「おおっ、おおおぅー」と思わず声が出てしまいました。
今まで古いアナログテレビで見ていたので、デジタルにしてから、ただでさえ3Dっぽく感じちゃっていたんですが、そんなの比ではない、リアルな飛び出し感に驚きました。また、ジャングルの奥行き、これにはいたく感動しました。

ストーリーは・・・
ネイティブアメリカンの娘に恋した白人兵士が自軍を捨てて、ネイティブアメリカンの加勢をするっていうような、2番煎じ、3番煎じのものです。ただ、舞台が地球から宇宙になったっていうだけで。
まあ、「アバター」という設定は目新しいし、面白いと思いましたが・・・
つっこみどころは満載なお話かなぁ、と。

何より、わたし、主人公ジェイクにちーっとも感情移入できなかったんですよね。
だって、あまりにも、あっさり、ナヴィになびきすぎでしょう!?
これがまだネイティブアメリカンの美少女相手だったら、まだ理解もできますよ。なんだかんだいっても、同じ生物なわけですし、自分たちがいろいろな面で迫害してきたということに気づき、自分の過ちを認めるっていうか・・・

でもね、ナヴィは地球人とはまったく異なる容姿。
その大自然や生き方に共感したとしても、あんなにあっさり、仲間を討ちやる理由にはならないでしょう。しかも、そのことに対し、何の躊躇も苦悩も見せずに・・・。
これまであなたが生きてきた過去は何だったんですか?と問いたくなってしまいました。

最期の戦闘シーンも長すぎて食傷気味だったし、「共生」という方向にもっていったら、新しいカタチのエンディングで良かったんじゃないかなぁ・・・と。
何より、前半に魅せられた美しいジャングルが戦闘で破壊されるのは残念でなりませんでした。

・・・と、ちょと文句たらたらになってしまいましたが、映像的にはこれまで見たどの映画よりも魅せられました。 その驚きだけでも、★4つの価値はありです!



にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ    
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪


予告編
http://youtu.be/8-XXDzOJ1m8



3Dアクション映画

アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]   センター・オブ・ジ・アース [Blu-ray]   トロン:レガシー 3Dスーパー・セット [Blu-ray]










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。