スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆気になる作品 『50/50 フィフティ・フィフティ』

2012/1/24にUPした記事ですが、DVD鑑賞したので追記しました。ご参考までに。
↓↓↓

先月公開された映画ですが、こちら、気になっています。
『500日のサマー』でいい味だしていたジョセフ・ゴードン=レヴィットが主役の映画です。

20120122.jpg

50/50 フィフティ・フィフティ
2011年:アメリカ
監督:ジョナサン・レヴィン
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード、アンジェリカ・ヒューストン

あらすじ(シネマトゥデイより)
酒もタバコもやらない陽気な青年アダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は27歳でガンを患い、5年の生存率は50パーセントと宣告される。
職場の同僚や恋人、家族が病気を気遣い神経質になっていく中、悪友カイル(セス・ローゲン)だけはいつも通りに接してくれていた。何とかガンを笑い飛ばそうとするアダムだったが、刻々と悪化していく病状に動揺を隠せなくなってしまう。

「病気×若い女×恋愛」の組み合わせは、まるで見る気がしなくなってしまいましたが、これは気になります。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット、『500日のサマー』を見て、けっこう惚れてしまったんですよね、実は。
すごい格好いい~!!ってときめく感じではなく、ほっこりいいなと感じるような、そんな優しい雰囲気。このストーリーのキャラにもとても合っていそうな気がします。

DVDの発売、待ってまーす!!!



追記
満足度:★★★★
主演のジョセフ・ゴードン=レヴィット。格好よすぎないところが格好いい。いそうでいて、なかなか、いないよね、こういう男の人。ふう~。
詳しいレビューはコチラ

予告編
http://youtu.be/48Q9wPAFXH4




にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。