スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東京タワー オカンとボクと時々オトン』 感想&予告編

前回は『チャンプ』、前々回は『ライフ・イズ・ビューティフル』と、どちらもパパと息子がメインな映画をご紹介しました。
そろそろママにもスポットをあてなければ!

・・・というわけで、今回は「親子」つながりでこの映画をご紹介します。まだ皆さんの記憶にも新しい一作だと思います。

リリーさんのオカンに対する愛があふれた一冊の映画化です。

081021toukyou.jpg

満足度:★★★★
2007年:日本
監督:松岡錠司
出演:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫

あらすじ
どきどきしか現れないヤクザまがいのオトン(小林薫)に代わって、家計をやりくりし、愛情たっぷりにボク(オダギリジョー)を育ててくれたオカン(樹木希林内田也哉子)。大学進学で上京を果たしたボクは、でも、自堕落このうえない生活を続け、いつまでもオカンに苦労ばかりをかけるのだった。
それから数年、ようやく仕事の目処がたちはじめた頃、オカンに癌が見つかって…

特徴と見どころ
・号泣できる・・・人もいる
・オダジョーの雰囲気が良い
・樹木希林と内田也哉子の共演が素晴らしい


感想
2度のドラマ化を経ての映画化。
ドラマの方は、自分の中でキャストのイメージが噛み合わず見る気がしなかったのですが、この映画は・・・

リリーさん役=オダギリジョー(どうしようもねぇえなぁっていう役がぴんとくる!もちろん、リリーさんはこんな格好よくないけど。)
オカン役=樹木希林、内田也哉子(樹木希林なら間違いないだろうし、親子出演というのも気になるっ!)

ということで、とてもとても楽しみにして、公開初日に観に行きました。
結果的に言って、上の3人は期待通り100点満点!
中でも、内田也哉子さんに関しては、プラス大きな大きな花マルでした。でも、全体的には、まあ、普通、かな・・・。

といいますのも・・・

あまりの泣き声に、何だか気分がそがれてしまったのです。まあ、これについては公開初日に観に行った自分が馬鹿だと思います。>□<
きっと原作大ファンの方々がたくさんいらっしゃっていて、それぞれがそれぞれの思い入れのある場面があったんでしょうね・・・

それほど涙をそそるようなシーンじゃなくても、「うっ。うぇっく、うぇっく」。
涙をそそるようなシーンになったら、「ひっ!ひぃーっく、ひっぃ~~~く」。
もっのすごい泣き声がこだましていました。いやぁ~、映画館での泣き声ランクでは間違いなく歴代NO.1でした。

わたし自身も原作ファンではあったんですけどね・・・周りの反応にちょっと、ひいてしまいましたわ。
また一部のキャスティングがどうしても納得できなかったんですよね。それは、オトン役の小林薫さんと「ボク(まあくん)」を演じた子役の1人(名前不明)です。

まず、小林薫さん。暴虐なオトンをやるのに、彼の優顔はちょっと・・・。
演技力うんぬんではなく、どうしてもイメージが・・・。キーパーソンであるだけに、このギャップは結構痛かったです。
オカンのデートの相手を寺島進さんがやっていたので、どうせなら、強面の彼がオトンをやり、デートの相手を小林薫さんがやってくれれば良かったのに~、と思ってしまいました。

また、どうしても解せなかったのが、リリーさん役の中・高生時代を演じた子です。
これもまたこの役者さんの演技がどうこうというわけではなく、高校3年生までを彼が、大学1年生からをオダギリジョーがっていう設定時代に無理がありました。
「(たった1年でその変わりようは)あり得な~い~!」と劇場で叫びそうになってしまいました。(いくらホクロつけていたって・・・。ねえ?)

高校時代なんてナレーションなどですっ飛ばしてしまえば良かったのにと思いますが、まあ、そういう意味では、原作に忠実でした。

・・・と、まあ、なんだかネガティブなことばかり書いておいて、おすすめするっていうのも何ですが・・・

主演3人の演技は本当に素晴らしいです!
先にも書きましたが、特に、内田也哉子さん!
DNAのなせる恐るべし技なのか?存在感&雰囲気とも十二分な女優さんです。

もちろん、樹木希林さんとの相性は抜群!
2人で1役をこなす上で、親子というのは最高の強みだと思いますが・・・単に顔の造りが似ているだけでなく、間合いっていうんですかね、台詞と台詞の間の呼吸の取り方が、2人ともぴったり同じで・・・。
彼女たちのシンクロ具合は本当に素晴らしかったです。

というわけで。「オカン」を観るだけでも、価値のある一作です!


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
http://youtu.be/DRHHNLain-M



母と息子で思い出す映画

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組)   フォレスト・ガンプ   Ray / レイ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。