スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IHURUのおすすめ映画★INDEX-10

ご紹介した映画91本目~100本目までのINDEXです。
各映画ごとに、何かしらの関連性を持った映画を2本のせているのですが、それについてのコメントは何もしていないので、ここで1言だけのせていきます♪
ただし、未見のものもあります。それについては、amazonの評価があれば★でのせておきます。

☆はIHURUのおすすめ度、というか、お気に入り度です。5つ星満点です。

レビューNo.90『チャーリーとチョコレート工場』から・・・

↓「名子役」つながりで・・・
レビューNO.91『八日目の蝉』(2011年:日本)☆☆☆☆

八日目の蝉 通常版 [DVD]   空中庭園 通常版 [DVD]   Presents~うに煎餅~デラックス版 [DVD]

関連作品「角田光代原作」

『空中庭園』(2005年:日本)★★★+半分(36件中)
直木賞作家・角田光代の原作を小泉今日子主演で映画化したドラマ。“家族間で秘密は作らない”というルールを定め、一見幸せに暮らす京橋家だが、夫の愛人が息子の家庭教師として現れ・・・。

『うに煎餅』(2006年:日本)★★★+半分(6件中)
角田光代の小説「Presents」を、戸田恵梨香と平岡祐太共演で映画化したラブロマンス。OL1年生の羽月と大学5年生の悟は、学生時代からの恋人同士だが、羽月は合コンで理想の男性と知り合い…。


↓「誘拐犯」つながりで・・・

レビューNO.92『パーフェクト・ワールド』(1993年:アメリカ)☆☆☆☆☆

パーフェクト ワールド [DVD]   アバウト・ア・ボーイ [DVD]   ベスト・キッド コレクターズ・エディション [DVD]

関連作品「擬似父息子的な関係を築いていく映画」

『アバウト・ア・ボーイ』(2002年:アメリカ)☆☆☆☆
親の遺産で悠々自適に暮らす38歳の独身男ウィル(ヒュー・グランド)の前に、12歳の少年マーカス(ニコラス・ホルト)が現れ…。ハートフル・ヒューマン・ドラマ。

『ベスト・キッド』(2010年:アメリカ×中国)★★★★+半分(19件)
父を亡くし、母とふたりで新生活を求めてアメリカから北京に引っ越してきた少年ドレ(ジェイデン・スミス)は、地元のカンフー少年チェンたちにいじめられる毎日。逃げ道ばかり探していたドレは、ある日、マンションの管理人ハン(ジャッキー・チェン)に助けられ…。


↓「擬似的父子のロードムービー」つながりで・・・

レビューNO.93『転々』(2007年:日本)☆☆☆☆

転々 プレミアム・エディション [DVD]   星の旅人たち [DVD]   サン・ジャックへの道 [DVD]

関連作品「歩くロードムービー」

『星の旅人たち』(2010年:アメリカ×スペイン)☆☆
ある日、眼科医トムのもとに、旅に出ていた一人息子のダニエルがピレーネ山脈で不慮の死を遂げたという知らせが届き…。聖地巡礼の旅を通して、新たな自分との出会いを描いた人間ドラマ。
淡々としていて眠気に負けてしまいました。設定が切なくってそれも好みではなかったです。

『サン・ジャックへの道 』(2006年:フランス)☆☆☆☆☆
聖地・サンティアゴまでの巡礼路を一緒に歩くことが遺産相続の条件だと知らされた仲の悪い3兄弟は、遺産を貰うために渋々旅を始めるが…。ハートウォーミングなドラマ。


↓「ちょっと変った家族」つながりで・・・

レビューNO.94『キッズ・オールライト』(2001年:アメリカ )☆☆☆☆

キッズ・オールライト オリジナルバージョン [DVD]   GO fish [DVD]   バウンド [DVD]

関連作品「レズビアンカップルの物語」

『GO fish』(1994年:アメリカ)★不明(レビューなし)
グウェネヴィア・ターナー主演で贈る、女性同士の恋愛模様を描いたラブ・コメディ。

『バウンド』(1996年:アメリカ))★★★★+半分(7件)
マフィアの金を奪って逃走せんとする2人の女の姿を描いたクライム・サスペンス。


↓「同性愛」つながりで・・・

レビューNO.95『僕の恋、彼の秘密』(2004年:台湾)☆☆☆☆☆

僕の恋、彼の秘密 [DVD]   ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]   ラベンダー [DVD]

関連作品「ナイスなゲイ友」

『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001年:アメリカ)☆☆☆☆
ヘレン・フィールディングのベストセラー小説を映画化した大ヒットラブコメディ。ロンドンに暮らす32歳の独身女性・ブリジットは、二日酔いの頭で新年を迎え、しっかり生きるために日記をつけ始め…。すかっと爽快な1本。詳しいレビューはコチラ

『ラベンダー』(2000年:香港)☆☆☆☆☆
金城武×ケリー・チャンのラブストーリー。金城武扮する天使が恋人を失った悲しみにくれる女性と出会い…。コメディタッチだけれど、じんわりくる素敵な物語です。詳しいレビューはコチラ


↓「彼の秘密」つながりで・・・

レビューNO.96『人生はビギナーズ』(2010年:アメリカ)☆☆☆☆☆

人生はビギナーズ [DVD]   チャンプ [DVD]   ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

関連作品「父と子の絆」

『チャンプ』(1979年:アメリカ)☆☆☆☆☆
かつてプロボクシングのチャンピオンだった現ダメ父が、息子のために再起する物語。最後のほうが涙が止まりません(TへT)。。。詳しいレビューはコチラ

『ライフ・イズ・ビューティフル』(1998年:イタリア)☆☆☆☆☆
第2次世界大戦時のイタリア。ナチスに連行されたある家族の物語。強制収容所で、息子のためにひたすら陽気にふるまう父の愛に感動(TへT)。。。詳しいレビューはコチラ


↓「末期癌」つながりで・・・

レビューNO.97『マイ・ライフ』(1993年:アメリカ)☆☆☆☆☆

マイ・ライフ [DVD]   死ぬまでにしたい10のこと [DVD]   Life天国で君に逢えたら スタンダード・エディション

関連作品「癌にまつわる映画」

『死ぬまでにしたい10のこと』(2002年:スペイン、カナダ)☆☆☆
癌を宣告された若い女性が死ぬまでにしたい10このことをリストアップして実行していくという物語。期待度は高かったけれど、いまひとつのめりこめなかったような・・・。うろ覚えですが、主人公の生き様にいまひとつ共感できなかったんじゃないかな。

『Life天国で君に逢えたら』(2007年:日本)★★★+半分(18件)
実在したプロウインドサーファー・故飯島夏樹氏による自伝『天国で君に逢えたら』、『ガンに生かされて』が原作。風と波を自在に操り、ハワイの海を駆けていた彼が、ガンにより余命3ヵ月の宣告を受け、残された日々を雄雄しく清冽に生き抜いたさまを描く。


↓「人生の最後の時間」つながりで・・・

レビューNO.98『BIUTIFUL』(2010年:スペイン、メキシコ)☆☆☆☆☆

BIUTIFUL ビューティフル [DVD]   ウィンターズ・ボーン スペシャル・エディション [DVD]   ブレイブ [DVD]

関連作品「家族のために…」

『ウィンターズ・ボーン』(1993年:アメリカ)★★★★+半分(159件)
ティム・バートンがストーリー、キャラクター原案、製作を手掛け、ヘンリー・セリック監督が映画化。クリスマスに魅せられたジャックが、ハロウィン・タウンでクリスマスを再現しようとするファンタジックなストップモーションアニメ。

『ブレイブ』(1997年:アメリカ)☆☆
ジョニー・デップ監督&主演作品。家族のために自分の命を売る男の物語。全然ぴんとこず、デップ様は格好いいけど、なんだこの淡々とした暗い映画は!と公開当時は思いました。若かったからかもしれず、今見たら、感想変るかも…と思う一作品です。


↓「愛する子どもへ」つながりで・・・

レビューNO.99『麒麟の翼』(2012年:日本)☆☆☆☆

麒麟の翼~劇場版・新参者~ 通常版 [DVD]   アンフェア the answer DVDスタンダード・エディション   SP 革命篇 DVD通常版

関連作品「劇場版-刑事モノ」

『アンフェア the answer』(2011年:日本)★★★(13件)
篠原涼子が孤高の女刑事を演じる人気TVドラマシリーズの劇場版第2弾。殺人事件の容疑者となった人物が次に殺される、前代未聞の“予告殺人”が発生。そして東京を追われ、北海道の西紋別署に勤務する雪平夏見に連続殺人の容疑が掛かり…。

『SP 革命篇』(2011年:日本)☆☆☆☆
劇場版SP。野望篇につづいての、革命篇。正直、2本に分ける必要性はまるきり感じなかったし、スペシャルドラマ枠でいいじゃーん!と思わなくはないですが、面白かったです。ラストはまた「くううー!」とさせられましたが。


↓「父の死」つながりで・・・

レビューNO.100『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011年:アメリカ)☆☆☆☆☆

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)   クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]   ブラック・スワン [DVD]

関連作品「精神的に病みぎみの主人公」

『クワイエットルームにようこそ』(2007年:日本)☆☆☆☆☆
ちょっと病んだ女子が精神病棟で自分を取り戻していくお話。内田由紀ちゃんがことのほか、すてきな縁起を魅せてくれました。

『ブラック・スワン』(2010年:アメリカ)☆☆☆☆
主役に抜擢されたヒロインがその重圧に心を押しつぶされていき…現実か妄想か…見る前に精神科医が書いたレビューを読んでいたので、なるほど、と思える部分がありましたが、読んでいなかったら、???と感じることも多かったかも。ともあれ、ナタリー・ポートマン、圧巻の演技!


祝★数珠繋ぎレビュー100本終了~。
100本目のレビューをUPしたのは2ヶ月ほど前で、そっからはぽつぽつランダムにレビュー始めています。今後ともよろしくお願いしまーす!


ポチッと応援よろしくお願いします!>へ<
↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログへ     







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。