スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パブリック・エネミーズ』 感想&予告編

もう桜が咲いちゃった!と焦っていたら、その後は寒い日が続き・・・
なんだか春らしくないわねーと思っていたのに、気づいたら4月。
ああ、明日はわたしの36回目の誕生日。・・・。

なんだかトキメキがないよね、と思う今日この頃。
こんな美丈夫と恋におちてみたいわ~~~。

20130406_Public.jpg

パブリック・エネミーズ@ぴあ映画生活
2009年:アメリカ
監督:マイケル・マン
出演:ジョニー・デップ、ジェームズ・ルッソ、デイヴィッド・ウェンハム、クリスチャン・ストルティ、ジェイソン・クラーク

あらすじ
1930年代のアメリカ大恐慌時代。
利益を独り占めする銀行を大胆不敵かつ紳士的に襲い、脱獄を繰り返すジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)は、弱者からは奪わないという彼独特の美学からいつしかアメリカ市民のヒーロー的存在となっていました。
そんなある日、ジョンはバーで出会った女性、ビリー(マリオン・コティヤール)に運命的なものを感じ・・・。

感想
映画公開日あたりが出産予定日だったわたし。ギリギリいけるか?!と思っていたら、頑固な逆子ちゃんが直らず、帝王切開で早めの出産となり・・・
映画館に行けず悔しい思いをしていた本作です。

って、そんな前置きはどうでもいいんですけどね。格好よかったですよ、デップ様!!!

正直言うと、あまり期待はしていなかったんですね、髪型も微妙に変だし、長々していて退屈しちゃう系かな~なんて思ってしまっていたのです。
でも、見事にツボにはまりました。いい意味で予想が裏切られれて嬉しかったです。

今回デップ様が演じたのは1930年代のアメリカ大恐慌時代に実在した銀行強盗・ジョン・デリンジャー。彼はFBIから「PUBLIC ENEMY NO.1(社会の敵NO.1)」というレッテルを貼られながらも、その鮮やかでスマートな強奪ぶりから、民衆からはロックスターのようにもてはやされていました。

大胆不敵な行動力。
決して友を見捨てない男気。
そして、愛することを恐れない情熱。

デリンジャーが一目で恋に落ちたビリー・フレシェットの仕事場を訪れ、「あなたのこと何も知らないわ」と半ば拒絶する彼女に向かって、早口でまくしたてた台詞。

「故郷はムーアズヴィル。3歳でお袋が死に、親父に殴られて育った。 好きなものは野球、映画、高級服、早い車、ウイスキー。そして君だ。」


その力強い眼差しに、ビリーともども、完璧、射ぬかれました。
こんなオレオレな台詞がビシッと決まってしまうなんて、さすがデップ様!!!これにおちない女なんているわけないわよね~。

というわけで、ビリーもドキュンとやられてしまうのですが、デリンジャーは指名手配の身の上。簡単に会えるはずもなく。

さらには、悲しいかな。
時代は、銀行強盗なんてリスキー手段をとらずとも、電話1本で安々と大金を手に入れられる(競馬のノミ屋とか)ように移り変わってきていて・・・。
銀行強盗にこだわり、独自の美学を貫くデリンジャーは、犯罪シンジゲートから疎まれ、協力を拒まれてしまいます。

徐々にFBIに追い詰められ、信頼できる仲間を次々と失っていくデリンジャー。

デリンジャーを追い詰めるFBI側のメルヴィン捜査官をクリスチャン・ベールがやっているのですが、彼もまた格好よかったです。メルヴィンは功績を認められて、フーヴァー長官に引き抜かれるのですが、そのプレッシャーはなかなかのもの。
彼自身も追い詰められながら、デリンジャーを追っていく。その二重の切羽詰った感じが物語りに厚みをもたらせていました。

ま、そういう意味では、ビリーとの恋物語はあまり重要ではなかったかと思うのですが・・・
でも冒頭にご紹介したシーンのように、ビリーとの絡みによりしびれさせられることは多かったですからね!

そうそう、クリスチャン・ベールのメルヴィンはデップ様とは違った、いわゆる正統派的な感じの格好よさを感じさせる役柄で、こちらにもまたホロッときてしまったわたしです。

若干、銃撃戦(山小屋のシーンとか特に)が長すぎるように感じてしまいましたが、それを除けば、大満足の1本でした!
日本の予告編や番宣ではラブシーン中心に取り上げられていましたが、実はバリバリ男くさい映画です。デップファンはもちろん、硬派な映画が好きな男性陣にもおすすめな1本です!


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ  
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪


予告編
http://youtu.be/Q8xOgO7_eT8 ※日本語字幕なし



アンチヒーローに魅了される映画

パブリック・エネミーズ [Blu-ray]   ナチュラル・ボーン・キラーズ ディレクターズカット [Blu-ray]   俺たちに明日はない [DVD]










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。