スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる作品 『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』

最年少でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたクヮヴェンジャネ・ウォレスがヒロインを演じたこの映画。
以前、王様のブランチで紹介されていたのですが、この女の子がめちゃ存在感ある感じで、気になっています!

20130430_HUSH.jpg

2012年:アメリカ
監督:ベン・ザイトリン
出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー
公式HP:ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~
あらすじ(シネマトゥデイ)

6歳の少女ハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は、“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで、父親のウィンク(ドワイト・ヘンリー)と暮らしている。彼らは、閉鎖的な場所であったものの穏やかな日々を送っていたが、ある晩、嵐が全てを奪い去る。突然大好きな場所や仲間を失ったハッシュパピー。途方に暮れる状況の中、ウィンクが重病であることを彼女は察知し……。


パパが娘に生きるための方法を教えていく。
娘がパパに「わたしを捨てるの?」と問いかける。

特集の中の短いシーンで、ジーンときてしまいましたわ。
Yahoo映画のユーザーレビューでも、4/30現在、総合:4.05点/37件という高評価です!
母の日にかこつけて、久しぶりに映画館に行って見ようかなぁ~。


ポチッと応援よろしくお願いします!>へ<
↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログへ     







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。