スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウォーターボーイズ』 感想&ENDING動画

先週末のこと。天気予報の晴れマークがいつもより激しいと思っていたら、なんと「猛暑」マークとのこと!
いきなりの最高気温35度にも負けず、元気いっぱいな子どもをつれて、区民プール(屋内)へ行ってきましたが、自転車での往復にヘロヘロになってしまいました。夏の週末はなかなかつらいです・・・。

ともあれ。夏といえば、プール!プールの映画といえば、やはりこちら!
あははっと笑える青春シンクロ物語です。

20130706_WaterBoys.jpg

ウォーターボーイズ@ぴあ映画生活
2001年:日本
監督:矢口史靖
出演:妻夫木聡、玉木宏、三浦哲郎、近藤公園、金子貴俊、竹中直人
満足度:★★★★

あらすじ
部員が高校3年生の鈴木(妻夫木聡)ひとりという廃部目前の唯野高校水泳部。
そこへ突如やってきたのは若くて美しい女性教師・佐久間(眞鍋かをり)。それを知った男子たちはこぞって入部するが、佐久間先生はなんと“シンクロをやる”と言い出し・・・。

感想
埼玉県立川越高校水泳部の文化祭の出し物「男子シンクロ」からインスピレーションを得られて作られたこの作品。男子高らしい、明るくおバカなノリの学園ドラマです。

映画のあと、ドラマ化もされ、毎年夏になると「男子シンクロ大会」の模様がTVでも放送されるようになりました。「男子シンクロ大会」の演技と映画の演技を比べると・・・やはり映画の中の男子シンクロは完成度が低いですが・・・。

でも、クランクイン約1ケ月前から合宿生活を送って猛特訓に励むボーイズたちのメイキングなんかを見ると、がんばったんだなぁ~って、ちょっと感動したりもします。

さてさて、主人公は廃部寸前の唯野男子高校水泳部にただ一人残っていた鈴木くん(妻夫木聡)。それも、特にやる気があってというわけではなく、ただ何となくダラダラ残っていただけなんだけど・・・。
でも、そこに、新人のピチピチ女教師・佐久間先生(眞鍋かをり)が就任したから・・・♪

女に飢えている男子高のボーイズたちですから、水泳部には入部希望者が押し寄せます。
でも、佐久間先生が教えたかったのは、競泳ではなく、なんとシンクロナイズドスイミング!!佐久間先生の熱い思いを知ったとたん、生徒たちは恐れをなして逃げ帰りますが、鈴木を含む間の悪いヘナチョコ5人だけが、言いくるめられて渋々シンクロをする羽目になり…。

怪しいイルカの調教師=竹中直人。
ど迫力のオカマバーのママ=柄本明。

個性的な2人の登場シーンは文句なく爆笑ものです。

なぜか鈴木とラブラブになる女子高生(平山綾)との恋バナありーの、ボーイズたちの成長ありーの、まあ、軽~く楽しめる明るい青春物語です♪
若かりし(今も別に若いけどさっ)妻夫木聡&玉木宏の競泳パンツ姿が見られるのは、この映画だけかも。(!?)



にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ    
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪


ENDING動画
http://youtu.be/BGr4wdGhhD0



青春コメディ映画

ウォーターボーイズ スタンダード・エディション [DVD]   スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]   ぼくたちと駐在さんの700日戦争 コレクターズ・エディション〈2枚組〉 [DVD]










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。