スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』 感想&予告編

今週はずっといいお天気のようで、ハッピーなわたしです。
やっぱり雨だと気が滅入ってきてしまうんですよね。節々が痛んだりもするし。w

ま、でも、天候に左右されず、自分のモチベーションをコントロールできるのが一番で。そのためには一体どうすればいいのか?

その答えは嘘のような本当のこの物語(脚色はあるにせよ)を見れば、見つかるかもしれません。

20131119_YESMAN.jpg

イエスマン “YES“は人生のパスワード@ぴあ映画生活
2008年:アメリカ
監督:ペイトン・リード
出演:ジム・キャリー、ゾーイ・デシャネル、ブラッドリー・クーパー、テレンス・スタンプ
公式HP:イエスマン “YES”は人生のパスワード
満足度:★★★★

あらすじ
仕事でもプライベートでも「ノー」を連発し、親友の婚約パーティーまですっぽかしてしまう後ろ向き男カール(ジム・キャリー)。生き方を変えようと決心した彼は、とあるセミナーで、いかなる時にも「イエス」と答えると言う宣誓をしてしまいます。
その結果、カールは偶然知り合ったアリソン(ゾーイ・デシャネル)から好意を持たれるなど、運気を上げていくのでしたが・・・。

感想
もしも、すべてに ”イエス” と答えたら。

なーんて、何だか啓発本っぽいキャッチコピーですね。
内容も「味のある人生を送るための『唯一のルール』は、全てのことに、それがどんな無理難題であっても『イエス』と言うこと。そうすれば、あなたの運気は上がっていくでしょう!」というような、とってもベタなものです。

全てのことに「イエス」と答えることを強いられたのは、銀行マンのカール・アレン。
カールは常日頃、「ノー」「イヤだ」「パス」と答えてばかりの超ネガティブ人間。親友の婚約パーティーまでを気が乗らないからとすっぽかし・・・
激怒した親友に「生き方を変えない限り、お前はひとりぼっちになる」と脅され、ひどい悪夢にうなされます。

それがきっかけで、とある自己啓発セミナーに参加したカールは、そこで、「全てのことに『イエス』と答える」という誓約をさせられます。もしその誓いを破ったら・・・
強迫観念で、次々と「イエス」を連発していくカール。
職場ではどんな融資相談にも「イエス」と答え、道ゆく人の願いにも全て「オーケー」。今まで見向きもしなかったことも、積極的に受け入れ挑戦し・・・。

あまりにもデタラメなその行動の数々。
けれど不思議とそれが彼に幸運をもたらして・・・。

ともすると強引すぎる展開なのですが、ジム・キャリーという一流のコメディアンの手により、それが面白おかしく描かれていたので、すんなり受け入れることができました。
それこそ、「『イエス』って受け入れよう!」って無理矢理に思うワケじゃなくてね。

でも、ジム・キャリーの芸自体は、ひかえめです。
だから、彼のオーバーアクションな芸が苦手な方にもおすすめできます。
個人的には、大昔のオーバーな彼の芸が大好きなので、もっとやって欲しかったですが・・・万人受けを考えれば、パーフェクトな演技かと思います。
なんだかんだいって、彼の顔の動きはすごいですよね~。どうなってんだろう、あの顔面の筋肉。w

そして、イギリスの大御所俳優テレンス・スタンプが、自己啓発セミナーのカリスマ講師を怪しさたっぷりに演じています。
こちらもなかなか笑わせてもらいました♪

実際に、この映画のストーリーほどに「イエス」と答えたら、大変な事態になってしまいそうですが・・・でも、「イエス」と答える気概、大切ですよね!
ブルーな時ほど、「ノー」「イヤだ」「パス」と答えてしまいがちな自分。この映画を見たとき、まさにブルーな気分だったので、ぱっと霧が晴れるような感じを味わえました。

もし今、何かに落ち込んでいる方がいましたら、ぜひこの映画をご覧になってみてくださいね♪
少なくとも、いくぶんは気が紛れると思いますよっ!



にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪


予告編
http://youtu.be/il9-l-RG0O8











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。