スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『友だちのうちはどこ?』 感想&一部動画

寒くなってきたので、今宵はほっこりするこの映画をご紹介。
イラン映画、そんなに見たことないのですが、見たやつはどれもこれも子どもが可愛いんだよねぇ。大人になると濃すぎたりもしますが、何気に美男美女の多い国ですよね、イラン。

子どもゆえの必死さが何とも可愛らしい映画です。(*´ー`)

20131205_TOMODACHI.jpg

友だちのうちはどこ?@ぴあ映画生活
1987年:イラン
監督:アッバス・キアロスタミ
出演:ババク・アハマッドプール、アハマッド・アハマッドプール、ホダバフシュ・デファイ、イラン・オリタ
満足度:★★★★

あらすじ
誤って友だちのノートを家に持ち帰ってしまったアハマッド(ババク・アハマッドプール)。実はその日、その友だちは宿題をノートにやらず先生に「今度やったら退学だ」と叱られていたので・・・。
慌てたアハマッドは友だちにノートを届けるべく家を出ますが・・・。

感想
子どもにとっては大事件なのに、大人はそのことをちっとも理解してくれない。
大人ならどうとでも解決できることでも、子どもではそうはいかない。
子どもと大人の世界のギャップが「子ども目線」で鋭く切り取られた映画です。

舞台はイラン北部の小さな村。
物語は、小学校で先生が「宿題」をチェックしているシーンから始まります。
「宿題」は「ノート」にやるもの。その決まりを三度破り、「紙ぺら」にやってきたモハマッド・ネマツァデェ(アハマッド・アハマッドプール)は、その紙を破かれ「今度また同じことをしたら『退学』だ」と叱られます。大粒の涙をこぼして縮こまるモハマッド。

その午後、モハマッドの隣の席のアハマッド(ババク・アハマッドプール)が家に帰ってノートを広げると、そこには見覚えのない筆跡が・・・。
アハマッドはモハマッドのノートを自分のノートと一緒に持ち帰ってしまっていたのです。

頭に蘇るのは先生の「退学」の言葉。
この失態に気がついた時のアハマッドのしばし呆然とした後の、絶望的な表情が何ともリアルで素晴らしかったです。
大人の言うことが絶対の、子供の世界での大事件ぶりがものの見事に体現されていました。

「モハマッドにノートを返さなきゃ!」アハマッドは何度もお母さんに説明しようとしますが、忙しいお母さんは宿題をやらずに遊びに行きたいアハマッドの言い訳だろうと、ちっとも取り合ってくれません。
アハマッドは隙を見て、家を抜け出し、駆け足で丘を超えて、モハマッドが住んでいるという隣村まで急ぎますが・・・

友だちの名前だけを頼りに、モハマッドを探すアハマッドは簡単にうちを見つけられません。あちこち駆けずり回るアハマッド。
映画で描かれているのはたったこれだけの日常の一片です。

「友だちにノートを渡さなきゃ友だちが退学になっちゃう」「パンを買って帰らなきゃママに叱られちゃう」そう焦りまくるアハマッドなのに、アハマッドが出会う大人たちはそれを分かろうともしてくれません。
アハマッドの優しく真っ直ぐな気持ちを汲み取ろうともしてくれません。

一見、横暴にも見える大人の振る舞い。
でも、振り返れば、子どもの時って、「大人なんて何も分かってくれない!」と思ったこといっぱいありました。それを思うと、本当に、子どもの世界が忠実に切り取られた映画です。

ただ、それだけではなく・・・

たとえば、アハマッドの祖父とその友だちの老人の会話からは「子どもの教育はどうすべきなのか?」というような疑問が投げかけられています。
アハマッドに理不尽な命令をしてまで厳しくしつけようとする祖父。それに対して、友だちの老人は「何故そうするのか?それにどんな意味があるのか?」など、シンプルな質問を重ねます。

彼は決して、アハマッドの祖父の教育方針に反対もしないし、否定もしません。ただ、なぜ?を繰り返し、その答えにうなずくだけです。
だからこそ、心に残りました。果たしてそれは正しいことなのだろうか?と。

また、心に残ったといえば、普段目にしている風景とはガラリと違うイラン北部の小さな村の様子。これが何とも新鮮でした。
空気が乾燥しているのがどことなく分かる丘。石造りの階段がつなぐ家々。一昔前の木枠のドアや窓の細工はとても美しく、夜、そこからもれる明かりにはそこはかとない風情がありました。

ゆるいんだけれど、ゆるいだけじゃない。何かがきらりと光る映画でした!



にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪


一部動画 ※日本語字幕なし
http://youtu.be/vWTL9AFrxUo











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。