スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ゼロ・グラビティ』 感想&予告編

けっこうな話題になっていた映画ですね。
おうちでブルーレイ鑑賞だったので、やはり迫力には欠けましたが、面白かったです。映画館で3D鑑賞したらさぞかし凄かったんだろうなぁ・・・。

ジョージ・クルーニーって、あまり好きじゃなかったんですが、ちょっとだけ好きになりました。笑

20140818_ZEROGRAVITY.jpg

満足度:★★★★
2013年:アメリカ、イギリス
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー
公式HP:ゼロ・グラビティ

あらすじ
地表から600キロメートル離れた宇宙空間で、ミッションを遂行していた医療技師のDr.ライアン(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。
そこへ予想外の宇宙ゴミが飛来してきて、宇宙船は大破、仲間は全員死亡。漆黒の無重力空間へと放り出された絶望的な状況の中、2人は懸命に生還する方法を探り・・・。

感想
出演者はサンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー。他は声だけ、もしくは死体役。しかも途中からはほぼサンドラ・ブロックの独演。
ですが、息詰まる緊迫感に最後までドキドキさせられっぱなしでした。90分位の枠に収められていたのも功を奏していたと思います。

サンドラ・ブロック演じるのはスペースミッションに初めて参加する医療技師のDr.ライアン。そしてそのミッションの指揮官マットを演じるのがジョージ・クルーニーです。
物語はこの二人ともう一人の宇宙飛行士が宇宙空間で船外活動をしているところから始まります。

NASAとジョーク交じりにおしゃべりを楽しみつつ、ミッションをこなすマット。特別な空間のはずなのに、どこかのん気な気配。それは熟練の宇宙飛行士だからこできる配慮だったんだろうな・・・と後になって思いました。
ともあれ、宇宙空間が何やら楽しげなのはここまでで、NASAからの緊急連絡で全ては一転します。

ロシアが自国の衛星を破壊したところ、他の衛星も連鎖的に破壊されたため、膨大な数の宇宙ゴミが高速で接近している!至急、船内に非難しろ!


不慣れな船外活動を必死に続けるライアン。マットもサポートするものの、間に合わず、宇宙ゴミの数々が飛来してきて・・・。 宇宙船は破壊され、ライアンとマット以外の仲間は全員死亡。NASAとの通信も途絶え・・・。

広い宇宙空間に残されたたった二人の生存者。
残されているのはわずかな酸素と燃料。

マットはパニックに陥っているライアンをなだめすかし、地球に帰還する方法を必死に伝えます。
どんな最悪な状態でもつまらないジョークをはさみつつ、的確な指示を出すマット。この役柄のせいか、ジョージ・クルーニーが初めて素敵に思えてしまいました。

ちょっとネタばれになってしまいますが、マットの再びの登場シーンが特に良かったです。ライアンの願望が幻を見させたのか、もしくはマットの執念が幻を現させたのか・・・
わたしとしては後者だったんじゃないかな、と。

そして、サンドラ・ブロック。良かったですねぇ。
正直、こんなに巧い女優さんだとは思っていなかったので、驚かされました。
瞳に表れる深い哀しみ、怯え、絶望感。震えをおさえようとしながらの言動の数々。胸にせまってくるものがありました。

あまりに非日常的な出来事なので、自分の身におきたら・・・なんて置き換えて考えることはとてもできませんでしたが。
彼女の生き抜こうとする力に、圧倒され、感動させられた一作。一見の価値ありです!


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・カ゛・イ♪


予告編
http://youtu.be/aE6o6WvObKk



ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]
(2014/04/23)
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 他

商品詳細を見る








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。