スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スティング』 感想&予告編

出産後、1か月ほど4歳の娘と実家にお世話になり、無事家に戻って10日ほど経ちました。
赤ちゃんとの生活は時間がありそうで、ないような。ふと気づくとあっという間にお迎えの時間!でも、産休・育休で保育園に預かってもらえるので、幼稚園通いのママよりはのんびりできているんですよねぇ。

この隙に、数年来の念願であるブログ更新を充実させていきたいな!
とりあえずは、別ブログにUPしていた記事をガンガンうつしていくぞー!というわけで、今回はちょっと古めのこちらの映画をご紹介。

良作はいつまでたっても良作なんだと思わされる面白さ!痛快な1本ですよー!

20141007_sting.jpg

満足度:★★★★★
1973年:アメリカ
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、ロバート・ショウ、チャールズ・ダーニング

あらすじ
936年。シカゴの下町で、ニューヨークの大物ロネガンの金をそうとは知らずに騙しとってしまったフッカー(ロバート・レッドフォード)ら3人組の詐欺師。
仲間の1人が殺されたことにより、フッカーは復讐を誓い、伝説の詐欺師ゴンドルフ(ポール・ニューマン)の元を訪れ…。

感想
この映画のレビューをいくつかのブログで見ていて、気になっていた作品なのですが・・・
レンタルビデオ屋に行ったとき、たまたまポップつきで前面に置かれていたのが目にはいり、「そういえば、これって・・・」と、借りてきました。

いやいや、面白いですわ、これ!!!
レビューを書いていた方たちが大絶賛していのも、大いに納得。思わず手を叩いてしまいたくなるような見事な展開でした。

1936年、シカゴに近い下町。
道である男をひっかけ、金をせしめた3人の男たち。彼らは「道路師」と呼ばれる「詐欺師」で、男が持っていた予想外の大金に大喜び。
でも、実は、そのひっかけた男がギャングの下っ端だったから・・・。

数日後、「道路師」のリーダー格であったルーサーがギャングに殺されてしまいます。
彼の相棒だったフッカー(ロバート・レッドフォード)は、自身も命を狙われながら、ルーサーの復讐を誓います。「殺人は殺人鬼がすること、詐欺師の自分は詐欺で相手をこらしめよう」そう考えたフッカーは、伝説的詐欺師ゴンドルフ(ポール・ニューマン)の元を訪れます。

ゴンドルフはFBIに目をつけられてから、売春宿で粛々とアルコールに浸って過ごしていたのですが、旧友ルーサーの死、そしてひっかける相手が大物ロネガン(ロバート・ショウ)だと知り、俄然やる気を出します。
かくして、大掛かりな ”Sting”(俗語で「だます」)の準備が始まり・・・。

ゴンドルフ、渋くて、熟練の巧みな技が格好良かった~。

そして、ラスト。
すっかり、わたし自身もだまされていました。絶妙なトリックですわぁ!!!

ネタバレできないので、内容についてはこれ以上書けないのですが、全編を彩るミュージックもいい味出していました。
そして、当たり前だけど、ポール・ニューマンもロバート・レッドフォードも若いっす。
ロバート・レッドフォードって、若い頃、こんな顔だったのね。なかなか男前。
ちょっとブラピに似ています。・・・って、順番から言ったら、ブラピがロバート・レッドフォードに似ていると言ったほうが正しいですね。

とにもかくにも、本当に面白い、オススメの映画です。ぜひ爽快に騙されてください!


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・カ゛・イ♪


予告編
http://youtu.be/8pY58pO_cUs




スティング [DVD]スティング [DVD]
(2012/04/13)
ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード 他

商品詳細を見る





↓ゆっくり味わいながら・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。