スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ティンカーベルとネバーランドの海賊船』 感想&予告編

お天気が悪いということで、娘と見るために借りてきました。
飽きっぽい娘も最後まで楽しめ、わたしも満足のいく1本でした。

ピーターパンでおなじみのティンカーベルが主人公の一人。ピーターパンと同じようにワクワクできる映画です。

20141027_thinkaberu.jpg

満足度:★★★★★
2014年:アメリカ
監督:ペギー・ホームズ
声の出演:メイ・ホイットマン、クリスティーナ・ヘンドリックス、トム・ヒドルストン/(吹替)深町彩里、植竹香菜、内田直哉
公式HP:ティンカーベルとネバーランドの海賊船

あらすじ
ディズニーの名作アニメ『ピーター・パン [DVD]』に登場する妖精ティンカー・ベルを主人公に描いた人気シリーズの第5作。
妖精の粉の番人をしていた妖精ザリーナが、貴重な青い妖精の粉を盗んで行方をくらませてしまう。ザリーナが海賊団と一緒にいることを知ったティンクたちは、海賊団が妖精の粉を悪用するのを阻止するべく立ちあがるが・・・

感想
子どもの頃、大好きだったピーターパン。
ウエンディたちがティンカー・ベルに妖精の粉をふりかけてもらって、窓の外に飛び出していくシーンは特にワクワクしました。
そのティンカー・ベルが主人公となっている今作。シリーズとしては5作目とのことですが、1~4作目は飛ばして初視聴。 他も見たいと思える満足度の高い一作でした。

妖精たちの世界、ピクシー・ホロウでは妖精が飛ぶのに必要な「妖精の粉」が大切に管理されています。粉には「金色の粉」と、粉を生産するのに必要な希少な「青い粉」があり、この粉の番人をしているのが、本作の主役ザリーナです。
ザリーナはとても好奇心の強い妖精で、粉の力に興味津々。粉に手を加えることは禁じられているのに、いろいろ試してみずにはいられません。

ある日、それが元で大失態をやらかしたザリーナは粉の番人をクビになり、やさぐれたザリーナは海賊と手を組み、妖精たちを眠らせて「青い粉」を盗み出すことに成功。それを知ったティンク(ティンカーベル)ら6人の妖精たちは「青い粉」を取り返すために海賊船を追いかけていき・・・。
一方、ザリーナはジェームズ(後のフック船長)ら海賊たちから「船長」ともてはやされていましたが、海賊船に飛べる力がつくと、用済みにされてしまい・・・

妖精たちは「青い粉」を無事取り返せるのか?
ザリーナはどうなるのか?

もちろん、結論はわかりきったことですが、ワクワクさせる展開がとても面白く、途中にはさまれる海賊たちの歌もノリノリで楽しさ倍増!
ラスト、妖精たちの力がいかんなく発揮されるショーのシーンは夢いっぱいでとても素敵でした。
フック船長の腕を奪ったチクタクワニがまだ子どもとして登場してくるなんて仕掛けにも、ピーターパン好きのわたしは大満足。

78分と短めの尺なので、飽きっぽい4歳のうちの娘も飽きることなく最後まで楽しんで見ることができたので、小さなお子さんと見るも良し。童心に戻って試しに見てみるも良し。
妖精たちの友情も感じられるなかなかにおススメの一作です☆


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・カ゛・イ♪


予告編
http://youtu.be/s8ym24Z-THg



ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船 [DVD]ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船 [DVD]
(2014/05/21)
ディズニー

商品詳細を見る






↓ハッピーハロウィーン♪






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。