fc2ブログ

『グッバイ、レーニン!』 感想&予告編

ベルリンの壁崩壊。
まだ子どもだったわたしには今一つピンとはこない出来事でしたが、それでもニュースで盛んにやっていた印象はあります。わたしの娘にとってはもっともっと遠い出来事になるんでしょうね。東西ドイツ統一もソ連崩壊も。
あの頃誰かが見た未来は今実現しているのかな?

母のために奔走する息子。コミカルなんだけど愛に溢れていて、たくさん笑って、ちょっぴり涙しました。

20141217_Goodbye.jpg

満足度:★★★★★
2003年:ドイツ
監督:ヴォルフガング・ベッカー
出演:ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、チュルパン・ハマートヴァ、マリア・シモン、フローリアン・ルーカス

あらすじ
1989年、東ベルリン。反体制の考えを持つアレックス(ダニエル・ブリュール)は反社会主義デモに参加。偶然その場に居合わせた彼の母・クリスティアーネは大の愛国主義者であるため、息子のその姿がショックで心臓発作を起こしてしまう。
昏睡状態に陥って8ヶ月後、クリスティアーネ(カトリーン・ザース)は奇跡的に覚醒するが…。

感想
「ベルリンの壁」崩壊直前~崩壊後までの、とある東ドイツの家族を描いた心温まるこの映画。
相方がビデオで借りてきたのを何の予備知識もなく見たのですが、とても楽しめました。

東ドイツ建国40周年を祝う式典の夜、主人公アレックスは「改革」を求めるデモ行進に参加。一方、そんな息子の姿を見た彼の母親 -超愛国主義で社会主義信奉者- は心臓発作を起こして、意識不明に。
8ヵ月後、母親は奇跡的に意識を取り戻したものの、「今度また心臓発作を起こしたら命は助からないだろう。絶対にショックを与えてはいけない。」という状態。

ショックなことを与えてはいけない?

母親が昏々と眠っていた8ヶ月の間に「ベルリンの壁」は崩壊。社会主義は終焉を迎え、町には西の物が溢れかえっています。社会主義体制に全てを捧げていた彼女にとって、今の生活は何もかもが「ショック」なことのはず。
アレックスは、母親を守るため、母親にとってショッキングな出来事を全て隠すべく、ベルリンの壁崩壊前の生活を維持しようと奔走しはじめます。(以下、ネタばれ含みます)

アレックスが母親のために、無理難題を片付けていく姿が、滑稽なんだけど微笑ましくて、思わずふふふと笑ってしまいました。
最初は西の派手な服を脱ぎ、元の地味でダサい服に戻るだけだったのが、母親の回復とともに隠すべき事はどんどん大きくなっていって・・・。
西ドイツ製のピクルスを、今はなき東ドイツ製の瓶に詰め直したり、母の元教え子に小遣いやって昔どおりに振舞わせたり、ついには、友達とテレビニュースを製作したり。

姉や恋人のララがナンセンスだと匙を投げ出しても、アレックスは一人旧体制の維持にこだわり続けるのです。
アレックス自身も決して社会主義に傾倒しているわけではなく、西に興味津々の今時の若者なんですが。

じゃあ、どうしてアレックスはそこまで頑張ったのでしょう?母親が大切だから?

もちろん、それもあるでしょうが。きっと、アレックスは、母親が信じていたものが一気に崩れ去った現実を悲しくも思っていたんだと思います。
だからこそ、その思いが、執拗なまでに彼を奔走させたんじゃないかなぁ。
結局、最後には彼自身も望むような理想的な「社会主義の新しい道」を勝手に作り出して、母親を安心させ、物語はTHE END。

ところで、この映画の中で、1つどうしても腑に落ちないのが、ララが母親に嘘をばらしているシーンが一瞬あること。そもそも、そんなことララが言わなくたって、母親は、うすうすは何が起きているか気づいていただろうし。
なにより、その後、そこにつながるシーンがあるわけじゃないので、そこだけ妙にぽこって浮いているんです。監督は、どうしてわざわざ入れたのか?・・・謎です。

圧巻だったのは、取り壊されたレーニン像がヘリコプターで運ばれているところです。
ボボボボボボというヘリコプターの音。
斜めに傾けられた尊敬すべし麗しのレーニン像。
運悪くそこに出くわしてしまい、戸惑う母親。

まさに、「グッバイ、レーニン」といった観でした。派手さはありませんが、とてもおすすめの一作です。

ちなみに、アレックス役のダニエル・ブリュールはまずまずかっこよかったです。そしてララ役のチュルパン・ハマートヴァがすっごい可愛かったです♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・カ゛・イ♪

子育てブログもよろしくっ!→ Everything is All right 58


予告編
http://youtu.be/M1U5DL49Kow


グッバイ、レーニン! [DVD]グッバイ、レーニン! [DVD]
(2014/01/10)
ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース 他

商品詳細を見る





↓ピクルス♪




トラックバック

グッバイ、レーニン

JUGEMテーマ:洋画 「グッバイ、レーニン」 原題:Good Bye Lenin! 監督:ヴェルフガング・ベッカー 2003年 ドイツ映画 121分 キャスト:ダニエル・ブリュール      カトリーン・ザース      チュルパン・ハマートヴァ      マリア・シモン 東ベルリンに暮らすアレックスは、父が西ドイツに 亡命した後、社会主義に傾倒した母と...

グッバイ、レーニン!

監督:ヴォルフガング・ベッカー     製作:2003年ドイツ 出演:*ダニエル・ブリュール *カトリーン・サーズ *マリア・シモン 時代は変わっても、心は変わらない。 ベルリンの壁崩壊・東西ドイツ統一という歴史的事件を、 東ドイツ国民側から捉えた視点が興味深い作品です。 アッサリとして軽妙な味に仕上がっていますが、 「善き人のためのソナタ」を観た後で思えば、 ...

コメント

コメント(4)
この映画はよかった
昨年見た映画の中で好きな10本のうちの1つになっています。
アレックスの奔走する姿と窓の外の激変している街並み。
悲喜こもごも混ぜ合わせながら、家族の絆を描いていましたね。
ララがバラしているシーンは見落としました。
何か意図があったのでしょうか。

ミス・マープル

2015/01/23 16:13 URL 編集返信
ミス・マープルさんへ
良い映画ですよね〜。わたしも大好きです。
何の予備知識もないまま見たら、
笑えて泣けて、あったかい気持ちになれたので、とても嬉しかった覚えがあります。

ララ、確か、打ち明けていたと思うんですよねー。でも、なんかさらっと流されていて…えっ!?って思った記憶があるのですが…
わたしの勘違い!?…だったら、ごめんなさい(^^;;

ihuru

2015/01/25 00:37 URL 編集返信
IHURUさん、こんにちは!
東ドイツを扱った映画の割には
コミカルでテンポのいい作品で、私もこれは好きです☆

東西の統一は東に自由をもたらしたけれども、
自分達が育ち 無くなってしまった社会への思いは、残っていたでしょうね。
母親と息子が互いに思いやる優しさが胸に沁みました!

ダニエル・ブリュール、昨年のベストに入れた
「ラッシュ」が気に入ってます!
IHURUさんもご覧になってたかな?

YAN

2015/01/29 17:09 URL 編集返信
>YANさんへ
確かに、東ドイツがテーマというと重いものが多そうですね。
これはカラッと楽しめて、見終わった後も爽快な気分になれますよね♪

「ラッシュ」はまだ見ていないので、今度見てみたいと思います!

IHURU

2015/02/02 11:32 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

IHURU

Author:IHURU
アラサー→アラフォー女子。
出産・育児に追われ更新はまれです。
子ども嫌いだったわたしですが、目線がすっかりママになり、映画も昔とは違った点が気になるように。子どもと一緒に見た感想ものせていきます。

ブログ内検索フォーム

ランキング参加中

ぽちっと押してもらえると励みになります。よろしくお願いします♪

Google AdSense

楽天市場おすすめ商品