スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『小さいおうち』 感想&予告編

お嬢様だと知っているから気品を感じるのか、本物のお嬢様だからこそこういう両家のご婦人役が似合ってしまうのか・・・ どちらにせよ、松たか子さんにピッタリはまる今作でした。

一人の女中が語る昭和初期の「小さなおうち」の物語は優しさと切なさが入り混じったあたたかなお話でした。

20141221_TIISAIOUTI.jpg

満足度:★★★★★
2013年:日本
監督:山田洋次
出演:松たか子、黒木華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子
公式HP:小さいおうち

あらすじ
親類の健史(妻夫木聡)に唆されて、大学ノートに自叙伝を書き始めたタキ(倍賞千恵子)。
そこには上京し女中として働くタキ(黒木華)の目線で「小さなおうち」のことが綴られていった。
昭和11年、主人である雅樹(片岡孝太郎)と美しい年下の妻・時子(松たか子)、二人の間に生まれた男の子が暮らしていた赤い屋根のモダンな家。穏やかな彼らの生活を見つめていたタキだが、板倉(吉岡秀隆)という青年に時子の心が揺れていくことに気づき・・・

※第143回直木賞を受賞した中島京子の同名小説『小さいおうち (文春文庫)』が原作です。

感想
おばあちゃん役、倍賞千恵子さんだったんだ!!!・・・ということを今知り、いつの間にやらずいぶんおばあちゃんになったものだと、びっくりしました。
まあ、老けメイクも施しているでしょうが、でも、もう70歳過ぎてらっしゃるんですね・・・。

さて、物語は倍賞千恵子さん演じるおばあちゃんが亡くなり、遺品の整理をしているところから始まります。
生前、生涯独り身だったおばあちゃんをちょくちょく訪ねていた親類の健史。彼はおばあちゃんに自叙伝でも書いてみたらいいじゃないと唆し、おばあちゃんの若き日の話を聞き始めます。
そして語られる昭和初期の東京のある一家の物語。映画は現代と過去をいったりきたりしながら進んでいきます。

これ、若い人が見ても全然面白くないだろうなぁと思います。
っていうか、そもそも、わたし自身、失礼ながら山田洋次監督の映画を見るというのは稀。何となく、年配の方向けかなぁなんて思ってしまって。
これも、また、年配の方がご覧になったら、わたしなんかより、さらに色々な感情が浮かんできて沁みるはずです。

でも、ふと気づいたらアラフォーのわたし。自分自身意外なくらい、しみじみといい作品だなぁと思ってしまいました。
何でしょう、とっても淡々としています。かといって、「かもめ食堂」的なおかしみがあるかというとそうでもなく、いわゆる「ゆる~い脱力系」の映画とはまた違います。
淡々としているのだけれど、そこには複雑な感情が必死に押し隠されていて・・・
それがもどかしくもあり、心地よくもあり、そして、これこそが昭和初期だったんだろうな、っていう。

・・・って、自分でも何が言いたいのかよく分かりませんが。
きっと20代の自分が見ていたら「古臭いなー」の一言で一蹴していたに違いありません。

ともあれ、名キャストでした。
冒頭の松たか子さん。彼女はとても巧い女優さんですから、女中さんの役をやったとしてもうまくこなしたと思うのですが、逆に、この奥様に似合う人はなかなかいないんじゃないかな、と。
なんていうか、やっぱり、「品」があるんですよねぇ。すごい美人というわけではないけれど、両家の子女っていう風格がそなわっている。うーん、心憎い!

そして、独り身のおばあちゃんにやいのやいのとちょっかい出す健史の役は妻夫木聡くん。やはりこういうちょっと頼りなさげなんだけど、優しい男を演じさせたら、ピカイチですよね。
自然体でいて、好感度高い。文句なしです。

おばあちゃんの若き日を演じた黒木華ちゃんもずうずう弁が似合っていて、こちらはこちらで田舎娘の雰囲気がばっちりでした。
そして、そんな彼女と奥様の二人から想いを寄せられる男の役に吉岡秀隆さん。彼もねー、こういう素朴で、でも周りの人とはちょっと違うタイプの男性役が似合いますよねぇ。

そんな適材適所のキャスティングだったので、冒頭からどっぷり物語の世界にはまれました。

ストーリー的には強いメリハリがあるわけではありません。
吉岡秀隆さんが二人の女性に想いを寄せられると書きましたが、そのことだって、明け透けに描かれるわけではないし、むしろ、最後まであくまでぼやかされています。
けれど、そのぼやかされた気持ちを慮ると、おばあちゃんの若き日の物語の結末がとても切なくて・・・そして、もちろん「小さいおうち」で暮らしていた一家のことも・・・

昭和モダンの赤い屋根の小さいおうち。外観も内装もとても素敵でした。
原作をぜひ読みたいなと思った一作。アラフォー以上の世代の方におすすめのじんわり沁みる作品です。


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・カ゛・イ♪


予告編
http://youtu.be/aVVyOmASS1k




小さいおうち [DVD]小さいおうち [DVD]
(2014/08/08)
松たか子、黒木華 他

商品詳細を見る






↓昭和モダンな家具、可愛いですよねー♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。