スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【俳優】松田龍平

弟の松田翔太くんはまさに「恰好いい!」って感じですが、兄の松田龍平くんは「雰囲気あるなぁー」って感じの役者さん。
『まほろ駅前狂騒曲』や『探偵はBARにいる』、『舟を編む』などではちょっと風変わりな人物を演じていますが、それがしっくりはまる。そして龍平くんがやると変人になりきらないところが良いんですよねぇー。

RYUHEI1.jpg

本名:松田龍平
生年月日:1983年5月9日
出生地:東京
身長:183cm
血液型:B型
家族構成:父=俳優・故/松田優作、母=女優・松田美由紀、弟=俳優・松田翔太
オフィシャルサイト:作 RYUHEI MATSUDA

PROFIEL(オフィシャルサイトより)

1999年映画『御法度』で俳優デビュー。ブルーリボン賞、キネマ旬報ベストテン、毎日映画コンクールスポニチグランプリ、日本アカデミー賞をはじめ、数々の新人賞を総嘗にし、話題となった。
その後いくつかの作品を経て、2002年に『青い春』に主演し、圧倒的存在感ある演技が注目を浴びる。
多数の主演作を経て、2004年には舞台『夜叉ヶ池』にも初挑戦した。

近年の主な作品に、映画『劔岳点の記』、『悪夢探偵』シリーズ、『まほろ駅前多田便利軒』シリーズ、『北のカナリアたち』、『探偵はBARにいる』シリーズ、『舟を編む』、NHK連続 テレビ小説「あまちゃん」、舞台「冒した者」、映画「麦子さんと」、『まほろ駅前狂騒曲』、『ザ・レイド -GOKUDO-』等。今後の待機作に、映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』(松尾スズキ監督/2015年4月4日公開予定)がある。


わたしが1番好きなキャラは『まほろ駅前狂騒曲』の行天です。
話し方も行動も社会人としてはどうなのよって感じだし、なに考えてるかわからないのだけれど、意外に真理をついているその行動。ひょうひょうとした感じがたまりません。

RYUHEI2.jpg

『探偵はBARにいる』の高田も、なに考えてるかわからないのだけれど、めちゃくちゃ強い。背高いからアクション映えしますよね。

RYUHEI3.jpg

ご本人もけっこうマイペースな方のようで・・・
【天才?】松田龍平のエピソードまとめ【ド天然?】、面白かったです。
バラエティに出ているところとか、インタビュー受けているところとか全然見たことがないので、今度探して見てみたいと思いました。

例えば、こんなんとかねぇ。

松尾スズキ監督「(中略)……もう、一年になりましたよ」
龍平「?」
松尾「もう一年たちましたよ。早いですよねえ」
龍平「何が (真顔)」
松尾「何がって、……(絶句) 映画をとってからですよ!」
龍平「ああ。……(納得)」

出典
松田龍平は大物です - 俺はなでしこ
松尾スズキ×松田龍平 トークショー


今後もいろいろな役をこなされることと思いますが・・・
個人的には、ばっりばりのアクション映画やヤクザ映画で派手に動くやつを見てみたいなーと。ぜひぜひとびきりクールな龍平様を見せてくださいませ♪


☆出演作品⇒コチラをどうぞ。
☆レビュー⇒『アヒルと鴨のコインロッカー』、『探偵はBARにいる2』、『舟を編む


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ  
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・カ゛・イ♪

子育てブログもよろしくっ!→ Everything is All right 58




↓超人気店の味がお家で楽しめるー!!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。