スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『her/世界にひとつの彼女』 感想&予告編

OSに入れたAI(人工知能)に恋してしまう男の物語ということで、なんとなくコミカル系をイメージしていたら、実はシリアス系でした。
そしてAIに恋するというのがテーマというよりは、その前の失恋をどう乗り切るかというのが本当のテーマだったような。そこに行きつく過程にAIとの出会いがあり、それによって自分を見つめ直せたというようなお話しに感じました。

現実世界であるような、ないような、そんな雰囲気が絶妙でした。

20150314_Her.jpg

満足度:★★★★
2013年:アメリカ
監督:スパイク・ジョーンズ
出演:ホアキン・フェニックスエイミー・アダムスルーニー・マーラオリヴィア・ワイルドスカーレット・ヨハンソン(声のみ)
公式HP:Her/世界でひとつの彼女

あらすじ
近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は別居中の妻キャサリン(ルーニー・マーラ)との離婚に踏み切れず、沈みがちな毎日を過ごしていた。
そんなある日、彼はAI(人工知能)=サマンサ(スカーレット・ヨハンソン)と出会う。知的でユーモアに溢れ、自分に好意的なサマンサ。セオドアは次第に彼女に惹かれていくが・・・。

特徴とみどころ
・近未来のロサンゼルスが舞台でその雰囲気作りが見事
・AIの声を担当するスカーレット・ヨハンソンのハスキーボイスがたまらない
・近未来だけれどセオドアの仕事は手紙代行業というちぐはぐさが巧妙


感想
いつとははっきりされていませんが、近未来のロサンゼルスが舞台です。
映画全体の色味というか、配色というか。パッと見た感じがどこか現実世界っぽくないんですよね。
全体の画の中でセオドアの衣装だけがパッと浮き上がるような、計算ずくで作られたその少し不思議な感じが見事に近未来的な雰囲気を醸し出していました。

AI=人工知能に恋をする ―
ITの進化が続く限り、あり得ることだと思います。むしろ、理想の恋人や友人にプログラムされたAIに大いに慰められたりしちゃうんじゃないかな。

主人公のセオドアが恋したAI=サマンサも最初はまさに理想的な恋人だったのです。
いつでも自分の味方で、リスペクトがあって、優しい言葉を投げかけてくれる。落ち込んでいたら慰めてくれるし、サマンサ自体はいつも好奇心旺盛で無邪気そのもの。
現実世界の恋人のように、愚痴ったり、自分を批判してきたり、不機嫌になったりしない。そりゃ、セオドアじゃなくても、そんな相手と話していたら、楽しくなってきますよ。

スマートフォンにインストールしたサマンサに外の世界が見えるようカメラをオンにしてデート。
電話で話しているように見えなくもないけれど、1人ではしゃいで跳ね回っている姿はちょっと痛々しいし。あげく、テレフォンセックス的に行為にふけるのはどうかとも思ったけれど…。
でもまあ、サマンサの声の主がめちゃセクシーボイスだったからね。ありったら、ありなのかなぁ。もうこれは趣味の問題なので、こういうの苦手な方はドン引きするかもしれません。

でも、サマンサの声役に挑んだスカーレット・ヨハンソンの声は本当に素敵でした。
少しかすれ気味の声は妙にセクシーで。落ち着いた良識ある大人の女っぽさがありつつも、かなり艶やか。
こんな声で自分に都合のいいことばかり囁かれたら、誰だって、恋愛的感情くらい持ってしまうんじゃないかという説得力がありました。

ともあれ、理想的な恋人の出現により、別居中の妻と正式に離婚の手続きを進める決意を固めたセオドア。でも、別れ際、妻から手痛い台詞を言われてしまって…。
凹みマックスな中、勝手に進化してより人間っぽくなったサマンサが「最近、冷たいのね。ベッドの回数も減ったし」なんて倦怠期のカップルそのものの批判をしだして。いやはや、これには笑ってしまいました。

そしてやはり人間同士の付き合いのように溝ができてしまうっていう展開。
一体、この物語はどういう風に終わりを迎えるんだろう?と、この中盤過ぎたあたりではまるで想像がつかず、先が非常に気になりました。
ここからネタばれになりますが…

倦怠期を乗り越え、一度は修復したかに見えたセオドアとサマンサ。
セオドアは妻のことを吹っ切り、サマンサと正式に恋をしようとウキウキし始めます。けれど、サマンサはセオドアの知らない間にまたしても進化を遂げてしまい・・・

結局、オチ的にはサマンサとの出会いでセオドアは別居中だった奥さんとの関係をスッキリさせて、前へ進む準備ができたという感じで。
サマンサ=AIに恋をした男の話というよりは、1つの恋を終わらせるのに誰かがきっかけとなってくれた、その誰かがたまたまAIだったというような。その終わり方が気に食わなかったということは全然なく、むしろ、そういう持っていきかたには好感度大でしたが、なんとなく、映画のPRとはちょっと違うんじゃないかなぁーと。

・・・んー、わたしの受け取り方が変なのかな?

最後に、セオドアの仕事が興味深かったです。
どんな仕事かというと、手紙の代筆業。近未来だけど、「手紙」。真心あるようでいて、でも「代筆」。その二重の矛盾が面白いなぁーと。
そしてセオドアの書く手紙はかなーり心温まるものなのだけれど、実際の彼はその雄弁な手紙とはまるで違っていて、巧く言葉を口に出来ない不器用な人なんです。

そんなセオドアの物語。
恋物語としてみるかセオドアの成長物語とみるか、それは見る人次第なのかな?好き嫌いはわかれるところかもしれませんが、一風変わった物語やまったりした映画が好きな方にはおすすめです。


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   
↑↑↑
ポチッと応援してもらえると嬉しいです。( ̄人 ̄)オ・ネ・カ゛・イ♪

子育てブログもやっています☆良かったらのぞいてください。→ Everything is All right 58


予告編
http://youtu.be/xmkFRwmOzVA



her/世界でひとつの彼女 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]her/世界でひとつの彼女 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
(2014/12/03)
ホアキン・フェニックスエイミー・アダムス

商品詳細を見る


↓ホワイトデーにおすすめですよ~





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。