スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~』 感想&予告編 ― ほっこり楽しいフランス発のコメディ映画

映画シェフ 三ツ星フードトラック始めました』というのが面白そうだなぁと思っていて…名前が似ていたから間違えて借りてしまったという。(前者は絶賛公開中)
けれど、間違いでも借りて良かった!

クスクス笑いが止まらない素敵な一作でした♪

20150408_SHEF.jpg

満足度:★★★★
2012年:フランス
監督:ダニエル・コーエン
出演:ジャン・レノミカエル・ユーンラファエル・アゴゲジュリアン・ボワッスリエサロメ・ステヴナンセルジュ・ラヴィリエールイサ・ドゥンビアヴァン・ヘイ・ミーン
公式HP:シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~

あらすじ
三ツ星レストランの有名シェフ、アレクサンドル(ジャン・レノ)を尊敬する若きシェフ、ジャッキー・ボノ(ミカエル・ユーン)。天才的な舌と料理の腕を持ちながらも、生意気な性格からレストランでの仕事は首になってばかり…。
妊娠した恋人に懇願され、ペンキ塗りの仕事をしていたジャッキーはひょんなことから、アレクサンドルに料理の腕を見込まれ、彼のレストランで働くこととなる。けれど、レストランは三ツ星喪失の危機に迫られており・・・。

特徴と見どころ
・くすくす笑いが止まらないフランス流コメディー
・主役から脇役まで行き届いたキャストが最高
・エンディングに向けてなんだか心がほかほかに


感想
ゲラゲラ笑えるというよりはクスクス笑いが止まらない。コメディーと言い切るべきかドラマと言うべきか迷うところですが、フランス流コメディーということにしましょう。
ちなみに、シネマトゥデイの紹介文には「ヒューマン・コメディー」とありました。心が温まるコメディー、そんな感じのニュアンスかな?うん、まあ、確かにそういう映画で、見終わった後はとてもハッピーな気分になれました。

主演、ジャン・レノ×ミカエル・ユーン
ジャン・レノ、ずいぶん、顔が丸くなっていますねぇ。あれ?これって、ジャン・レノだよねぇ?と思わず一時停止して、ググってしまいました。身体もさらに大きくなっているのですが、劇中、侍に変装した姿、妙に似合っていました。
ミカエル・ユーンはお初な役者さん。コミカルな佇まいとジャン・レノ扮するアレクサンドルとの掛け合いにクスクス笑わせてもらいました。

ジャン・レノが演じるのは20年来三ツ星を守って来たレストランの有名シェフ、アレクサンドル。家庭も省みず、料理の道一筋に来たのだけれど、代替わりした若いオーナーとそりが合わず、スランプに陥っています。
料理一徹の堅物親父かと思いきや、訪れたレストランの美人オーナーに一目惚れしてデレデレになってしまったり、ちょっとキャラクターの一貫性には欠けていましたが、あの大きさでデレっとされると逆になんだか可愛いですね。

ミカエル・ユーンが演じるのは腕は立つけれど、こだわりが強すぎてなかなか日の目を見ないシェフ、ジャッキー。そう若くも見えないから、今まで何やっていたんだよ、と、ちょっとつっこみを入れたくなったけれども。
ジャッキーには恋人がいて、彼女は妊娠中。生まれてくる子どものためにちゃんと仕事をしてほしいと、恋人のススメでペンキ塗りを始めるのだけれど・・・。料理のことで頭がいっぱいの彼は窓ふきの途中で、老人ホームの厨房を見つけて、そこのシェフたちにいろいろ口出しするのです。

この老人ホームのシェフ三人衆をはじめ、脇役のキャラクターがそれぞれたっていて良かったです。フランスも多人種の国なのですよね。
黒人やアジア人をバカにしている?そんな風に見てしまうと一気に興ざめしてしまいます。それぞれの特性をちょっとステレオタイプ的に誇張しておかしみを出すのは常套手段。
気楽に構えて見たら、クスクス笑いが止まりません。

わたしが1番笑ってしまったのは、何を隠そう、アレクサンドルが侍に、ジャッキーが芸者に変装して日本人夫婦だと偽ってライバル店に偵察に行くところです。
どう考えたっておかしいのに、侍&芸者の恰好と片言の日本語、片言のフランス語で、店員に日本人と信じさせるという無理矢理さ。面白すぎました。
ライバル店の「分子料理」のコンセプトもなんだか皮肉な感じで、ここはクスクスじゃなく、アハハと笑ってしまいました。

長年三ツ星を守って来たアレクサンドル。アレクサンドルはじめ有名シェフの味を完コピしてきたジャッキー。料理の腕は確かな二人、けれど、それ以外の部分では何かが欠落していた。
そんな二人が出会い、お互いに刺激し、影響し合い、新しい料理を生み、それぞれの大切な人との関係を見つめなおす。それとともに、レストランの危機を乗り越える。

見終わる頃には美味しい料理を食べたあとのように、ほかほか幸せ気分になれました。
明日から仕事だ!という休みの夜におすすめの一本です☆


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
https://youtu.be/P7UBtRKEBv4








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。