スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『小野寺の弟 小野寺の姉』 感想&予告編 - ほっこり、にっこり、温かい気持ちになれる映画

映画の宣伝で片桐はいり向井理がTVに出ているのを見て、気になっていた映画。
正直なところ、向井理はあまり好きな役者さんじゃないのだけれど、片桐はいりの吸引力に引かれて鑑賞。なんともほっこりする素敵な作品でした♪

やっぱり片桐はいりは凄い。出た瞬間から画面に釘付けになってしまいました。

20150508_ONODERA.jpg

満足度:★★★★★
2014年:日本
監督:西田征史
出演:向井理片桐はいり山本美月及川光博
公式HP:小野寺の弟 小野寺の姉

あらすじ
40歳のより子(片桐はいり)と33歳の進(向井理)の小野寺姉弟は両親を早くに亡くしてから、2人で一つ屋根の下で暮らしている。
過去の失恋がトラウマとなって恋愛に臆病になってしまった進、パワフルだけれどコンプレックスの塊で自信の持てないより子。2人はお互いの幸せを願ってばかりで、なかなか前に進めずにいた。
そんな2人の元に1通の手紙が誤配されてきて・・・。

特徴と見どころ
片桐はいりで始まり片桐はいりに終わる
向井理がまるでオードリー若林のよう
・姉弟それぞれの思いやりが愛おしくて切ない


感想
いやぁ~、もう、片桐はいりの存在感たるや!
彼女が満面の笑顔でスキップする姿で始まり、彼女の髪が珠のれんに引っかかってアイテテテとなった表情で終わる。このつかみととオチにばっちりやられてしまいました。
本当、最高です、片桐はいり、万歳!

唯一無二の存在、彼女なくしてこの映画はあり得ません。
早くに両親を亡くして、歳の離れた弟の面倒を見つつ大人になったより子。元々自分の容姿に自信がなかった上に、前歯をけがしてしまってから、さらに弱気になっていて・・・。
明るくてパワフルだけれど、恋には臆病。でも、弟の恋には大胆でどんどんけしかけていく。めちゃくちゃ笑わせてもらいました。

一方、弟役の向井理
イケメン俳優という冠つきですが、この弟役はイケてない感じの男ということで、どうなのよ?と思っていたらば・・・

オードリーの若林に見えてしかたなかったぞ!!!
ボサボサ頭にやぼったい眼鏡。若林をモデルにしたとしか思えない、おどおどうじうじした口調。
あまり好きなタイプの役者さんじゃないし、正直、演技力はないタイプだと思っていたので、見直しました。やるじゃないか、向井くん!・・・と、思いっきり上から目線でスミマセン。

でも、本当、良い感じでダサ男になり変わっていました。(その例えに若林氏を出すのもあれですね。重ね重ねスミマセン。)
途中、あれ?イケメンになっちゃうんじゃないの?というところがありつつも、そううまくはいかなかったので、ほっとしました。

40歳の姉と33歳の弟。
姉は弟が前の失恋をきっかけに恋に臆病になっていることを心配して、あれこれ世話を焼いています。弟は弟で「姉ちゃんが幸せに嫁ぐまでは・・・」と思っていて、前の失恋の原因も実はそれだったりするのだけれど、そんなことはおくびにも出さないで・・・。

姉を想う気持ち、
弟を想う気持ち、
お互いを想い合って、でも、姉弟だからそんなこと照れくさくてなかなか言えなくて。

「うるさいなぁ。ほうっておいてよ」と喧嘩したりしつつも、姉想い、弟想いの二人の関係がとても素敵でした。 2人の気持ちにじーんとして、ちょっとうるっとなったりして。
でも、そこで、ドーンとくるわけですよ、片桐はいりの存在感が。もう、これがたまらなくってですね。

・・・と、あ、最初に戻ってしまいました。
まあ、それくらい、片桐はいりがデカかったのです。ウフウフ、アハアハ笑わせていただきました。
そうそう、彼女の少女時代を演じた子も良かったです。きれいな顔立ちの子なんですけどね、なぜか、片桐はいりの子ども時代にばっちり見えるっていう。
あの違和感のなさは子役の力もさることながら、演出の力が大きかったでしょうね。

でも、逆に、弟の新しい恋の相手役をつとめた山本美月は・・・。
いまどき珍しいくらいのダイコンで、びっくりしちゃいました。あのぶりっ子演技はまさかあえての演出とか!?
元彼女を演じた麻生久美子がね、隙間時間にちょいちょい魅せてくれていたから、余計際立ちましたね。

ストーリー的には何か結論がある物語ではないので、好き嫌いが分かれる映画かなと思います。
『かもめ食堂』にはまった人ははまれるし、はまれなかった人ははまれない、そんなタイプの映画。いわゆる脱力系がお好きな方におススメです♪

つきつめて考えれば、ちょっと切ない話ですが、でも、この二人なら、二人で幸せに生きていくのもアリなんじゃないかなぁ~とわたしは思いました。
たっぷり笑って、ちょっぴりじーんとして、幸せ気分になれた大満足の一本です。



ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
https://youtu.be/R_m07TS0Jq4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。