スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[俳優]エズラ・ミラー

きました、きました、きました!
久しぶりに、海外の役者さんでピキピキピーンとドストレートにきました!

EM2.jpg

Ezra Miller(エズラ・ミラー)
本名:Ezra Matthew Miller
生年月日:1992年9月30日
出生地:アメリカ合衆国ニュージャージー州バーゲン郡ワイコフ

6歳から始めたオペラ歌手としての訓練によって吃音症を克服し、メトロポリタン歌劇場やフィリップ・グラスのオペラ『White Raven』の米国初公演などの舞台に立つ。
2008年の映画『Afterschool』への主演により俳優としてのキャリアを開始。
2011年の映画『少年は残酷な弓を射る』はカンヌ映画祭で絶大な賛辞を受ける。
2012年には『ウォールフラワー』でローガン・ラーマン、エマ・ワトソンと共演。
他に日本で公開された映画では『アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち』というのに、ひょっこり出ているくらいのようで・・・ 2012年以降の活動がつかめないのが残念なところです。
どうしているんだーい???

ともあれ、わたしが最初に見たのは『ウォールフラワー』。

EM3.jpg

ゲイの男子高校生役。
型破りで陽気で、まるで太陽みたいな人。でも、同時に、ゲイであるがゆえの苦しみも抱えていて・・・。主役ではないのだけれど、抜群の存在感でした。
ちなみに、本人はバイセクシャルっぽいです。(「自分を表現する方法としてゲイは選ばない。惹かれたことがある人のほとんどは女性だが、多くの人と一緒になったし、愛が見つかればどこでもそれを受け入れる」とインタビューで語っていたそうな)

この映画ですごく印象に残り、彼をもっと見たくて、借りてきたのが『少年は残酷な弓を射る』。

EM1.jpg

母親の愛情不足からなのか生まれもったものがあったのか・・・
自分が通う学校で無差別殺人を犯してしまう高校生役。
美しい容姿に秘められた残酷な心。全てを見透かしているかのような鋭い目線がたまりませんでした。

画像を探していたら、改めてその美しさに惚れ惚れしてしまいました。美しく、かつ、演技派。
本当に、今、何しているのでしょうか?いろいろな映画に出て欲しいぃー。
ニューヨークのバンド Sons of an Illustrious Father でドラムスとボーカルを担当しているとのことなのですが、そっちの情報も乏しく・・・残念でなりません。

EM4.jpg

もし何か情報がありましたら、ぜひぜひ教えてくださいねっ!!!

@エズラ・ミラー出演作品はコチラ



ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。