スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[俳優]ラジニカーント

お気に入りの役者さんと言っても、見た映画は『ムトゥ 踊るマハラジャ』ともう1本くらいなんですが・・・ ムトゥの記事を書いていたら、どうしても、SUPER STAR ラジニ様の記事を書かずにいられなくなってしまいました。

このお気に入りの役者さんシリーズは、ジョニー・デップリバー・フェニックス金城武に続いて4番目なんですが、まさか次にラジニカーントが続くとは、IHURU自身も思ってもみなかったことです。(^へ^;)>

090117Rajinikanthのコピー

役者カルテNo.1
名前:Rajinikanth(愛称は ”Super Star Rajni”)
誕生日:1950年12月12日
出身:インド、カルナータカ州

さてさて、それでは、はりきっていってみましょう♪(>▽<)/
日本で公開されるインド映画はまだまだ数少ないですが、実は世界一の映画大国。
多言語国家らしく、映画の言語も20数言語にのぼるということですが、その中でも、ボンベイ製作のヒンディー語映画、チェンナイ製作のタミル語映画、ハイダラバード製作のテルグ語映画の製作本数は群を抜いているそうです。

そして、ラジニ様はそのタミル語映画、もっというなれば、「歌」と「踊り」が満載のマサラムービーの大スターです。

え?このオッサンが? → 090117Rajinikanth3.jpg

この記事で初めてラジニを知る方は必ずしやそう思われることでしょう。

その気持ちはよく分かります。写真で見たら、ただのオッサンですよね。
でも、一度、彼の魅力に気付いてしまったら、確かにSUPER STARだと認めずにはいられなくなってしまうのです。

090117Rajinikanth2.jpg

彼のダンスに!(>w< )
彼のアクションに!!(_□_;)
彼のドアップに!!!Σ(ノ°▽°)ノ



これまで約150本もの映画に出演し、テロップの名前の前にはわざわざ「SUPER STAR」とつけられているラジニ様。
そんな彼は子供の頃から映画スターを夢見ていたのですが・・・
インドといえば、いまだカースト制度の影響が色濃く残る社会。中流家庭に生まれたラジニ様はホテルのポーターや大工仕事をした後、バスの車掌になります。(バス社内で乗車金を回収する係り)

そこでの彼の働き方 - 笛を吹いて切符を売ったり、たばこをポイっと放ってくわえたり - が名物車掌として有名になり、映画監督のK.バラーチャンダルが彼を弟子として迎えたのです。
監督のおかげで映画学校を卒業した彼は脇役~悪役とステップを踏んで行き、次第に正義のヒーローを演じるようになっていきます。

庶民出身の映画スター。

何とも夢を見させてくれるじゃありませんか。
それに実際、ラジニ様の眼光とアクション&ダンスはスゴイです。もういいお歳なのに、あの腰づかい。w

そして、IHURUすごいものを見つけてしまいました。じゃ・じゃ~ん!

SUPER★STAR RAJINIKANTH COLLECTOR’S DVD-BOX

ラジニ様主演の『アルナーチャラム-踊るスーパースター』『パダヤッパ-いつでも俺はマジだぜ!』『バーシャ-踊る夕陽のビッグボス』『ダラパティ-踊るゴッドファーザー』の4作品を収録したDVDボックスです。
その総時間なんと666分!うわぁ~、おなかいっぱい!@(>▽<)@

まあ、そんな彼のことを知りたいって方は、ぜひ「SUPER STAR ラジニ☆jp」をご覧ください。
ものすごいラジニマニアのサイトですわ~。

ではでは、最後はラジニ様の華麗なダンスシーンでしめさせていただきます♪





ラジニ様をもっと見たくなった方はクリック!もうおなかいっぱいな方もクリック!
応援よろしくお願いします!>へ<
↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログへ r_bana_11.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。