スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ALWAYS 三丁目の夕日』 感想&予告編 - ベタだけど思わず泣いちゃう名作

こういういかにも泣かせますー的な家族物語が苦手で避けていた時期もありましたが、今はそんな苦手意識はなくなったかな。
そんなに進んで手を伸ばすほどじゃありませんが、なんだかんだで、見たら感動しちゃうんですよね。

下町の古臭い人情物語。ベタさに泣くのもいいじゃないか!

0713_ALwAYS.jpg

満足度:★★★★★
2005年:日本
監督:山崎貴
出演:吉岡秀隆須賀健太小清水一揮堤真一薬師丸ひろ子小雪堀北真希

あらすじ
昭和33年の下町で自動車修理工場を営む鈴木一家ー父(堤真一)、母(薬師丸ひろ子)、小学生の息子・一平(小清水一揮)。
そこへ集団就職で上京した星野六子(堀北真希)が住み込みで働くことになり…

特徴と見どころ
・戦後復興期の下町を舞台にした人情物語
・ベタだけど泣けちゃう
・東京タワーと夕日が素敵


感想
たまたまテレビをつけたらやっていて…という感じで、数回見たことがあるのですが、やはり、いいものは何度見ても良いですね。

東京タワー完成間近の昭和33年。
まだご近所同士のつながりが密だった下町で、小さな自動車修理工場を営む鈴木一家。父ちゃんと母ちゃんと小学生の息子・一平。そこに、星野六子という娘っ子が集団就職で上京して来ます。
また、その向かいで駄菓子屋を営む三流小説家・茶川竜之介の元にも身寄りのない少年・淳之介が来ることになり…

物語はその二軒の様子を順々に描きだしていきます。
いくつかの小さな出来事があたかも大事のようにバタバタと描かれていくのは、鈴木オートの下町親父が絡んでくるから、かな。短気で早とちり、だけど人一倍人情にあつい親父さん。
分かり切ったベタなストーリー展開なんだけど、ぼろぼろ泣いてしまいました。

「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」が三種の神器と言われ、田舎から東京への集団就職の若者たちが「金のたまご」と言われていた時代。
それは、ちょうどわたしの両親が10代の頃のこと。そしてまさしくわたしの母は中学卒業後、金の玉子として、山形のど田舎から上京してきたのです。
まあ、そんなわけなので、当然、わたしには馴染みのない時代なわけですが・・・。

それでも、何となくノスタルジィ的なものも感じてしまいました。

堤真一さんのすぐに頭に血がのぼる父ちゃん、最高でした。とても似合っていたなぁ…。
薬師丸ひろ子さんのいつもにこにこ穏やかで優しい母ちゃんも素敵だったし。夫婦としてもいい釣り合い!
一平を演じた小清水一揮くんの子供らしいわんぱくさも、淳之介を演じた須賀健太くんの弱気でおどおどした感じも、それぞれ対象的で良かったです。

六子を演じた堀北真希ちゃんのずうずう弁はちょっと不自然な感じもしたけど。でも六子の一生懸命さは伝わってきたので、まる!(って、何故か上から目線…)
もちろん、風体のあがらない茶川竜之介を演じた吉岡秀隆さんは花マルだし。
たばこ家のおばちゃんも、悪魔と呼ばれるタクマ医師も、呑み屋の姉さんも。一平の友だちも。

それぞれに、とても魅力的なキャラクターになっていました。

ベタなストーリーなのに目頭が熱くなってきてしまったのは、それぞれの役者さんたちが素晴らしい故だろうなぁと思います。

ラストシーンでは、タイトル通り、真っ赤な夕日が映し出されます。
「50年後だって、夕日はきれいだよ」という一平に、「そうだといいな」「そうだといいわね」と返す父と母。
およそ50年たった今、この頃の夕日を知っている人は、この映画のラストを見て、どんなことを思ったのでしょうか?ふと、そんなことを思ってしまいました。



ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
https://youtu.be/fmeB08Qd4Qo






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。