スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日々、ロック』 感想&予告編 - 二階堂ふみちゃんのずば抜けた演技力にメロメロ!

最近、惚れ気味の二階堂ふみちゃん。
彼女主演でロックなやつ(=『味園ユニバース』)を見たいなと思っていたのだけれど、タイトルをちゃんと覚えておらず。「あっ!もうレンタル出てる~♪」と思ってウキウキして借りてきたら、あれ?なんか違くない?っていう。笑

なんか、なんかね、あと一息でとびきりよくなりそうな作品なんだけれど、とりあえず、二階堂ふみちゃんとラストのライブがとても良かったので、おまけで☆4つです。

可愛いすぎる二階堂ふみちゃんと熱い歌声を響かせてくれた野村周平くんに魅せられた一作☆

20150717_HibiROCK.jpg

満足度:★★★★
2014年:日本
監督:入江悠
出演:野村周平二階堂ふみ前野朋哉岡本啓佑毬谷友子竹中直人
公式HP:日々、ロック

あらすじ
ロックをこよなく愛する日々沼拓郎(野村周平)は草壁まもる(前野朋哉)、依田明(岡本啓佑)の二人とバンド「ザ・ロックンロールブラザーズ」を結成。高校卒業後、上京してライブハウスで活動し始めるが、客は集まらず極貧生活を送る。
そんな中、彼らのライブにトップアイドル宇田川咲(二階堂ふみ)が乱入してきて・・・。

特徴と見どころ
・漫画を忠実に再現?B級ギャグは多めに見てあげよう
・パンキッシュもデジタル系アイドルも難なくこなす二階堂ふみ
・ちょっと微妙な体当たりの演技と魂の歌声を響かせた野村周平


感想
なんかね、なんかね、非常におしい感じな一作なのですよ。

ギャグ的なところがね、どうにも、ちょっと・・・。原作の漫画を忠実に再現しようとしたのかしら?
「ザ・ロックンロールブラザーズ」を演じた面々。前野朋くん&岡本啓佑くんは程よい感じだったのだけれど、野村周平くんはちょっとはりきりすぎちゃったかな~というか、元々が色物的なキャラじゃないからね。笑い飛ばせる突き抜け方じゃないかったんですよねぇ。
魂こもった歌声はとっても良かっただけに、非常に残念!

出だしのB級感-頭パッカーん、血ドッバーんも嫌いな感じじゃないのだけれど、やはりどこか突き抜け方が微妙で。狙い通りには笑えなかったんですよね。
だもんで、ここで引いてしまう人は大勢いるかなと思います。特にB級がダメな人は速攻消したくなるかもしれません。

・・・が、この後、二階堂ふみちゃんが登場するシーンで「おおっー!」となるはずなので、しばし我慢を!
「ザ・ロックンロールブラザーズ」のしょっぱいライブに突如、乱入してきた女の子。実は彼女は人気絶頂中のデジタル系アイドル・宇田川咲だったのですが。
ビール瓶片手に何やら悪酔いしている彼女はかなり凶暴。ギターの下手さをののしり、舞台にあがって、パンキッシュに歌い上げる二階堂ふみちゃんはかなり恰好良かったです!

歌の上手い下手以上に、存在感がね。素晴らしい!
下ネタ満載の歌を気持ち良さそうに歌い上げて、ザ・ロックンロールブラザーズの面々をぼっこぼこにして。でも去り際に「でも、おまえの曲は良かったよ」って、男前すぎるでしょ~。
しかも、その後はデジタル系アイドルとしての可愛い姿を見せてくれて。大きなホールでのコンサートシーンもとびきりキュートだったなぁ。

そして少しネタばれになってしまうけれど。
末期の癌で病院に入ってからの演技も流石でした。こういう展開って、へたっぴな子がやるとただひたすらいやらしい感じがしちゃうし、そもそもこういう設定は大嫌いなんだけれど。それでも魅せられてしまう、そんな力がありました。
宇田川咲の「強い面」も「弱い面」も「はちゃめちゃなところ」も「まじめで健気なところ」も、全部彼女らしくて、その等身大の「らしさ」は二階堂ふみちゃんに息を吹き込まれたもので。ひたすら参りました。

対する野村周平くん。
冒頭にも書いたけれど、ちょっと微妙だったんですよね。漫画の主人公を演じきったのかもしれないけれど、もう少し控えめでも良かったかもしれません。
というか、彼のロック愛なり素の部分なりが全然描かれていなかったから、結局、彼の人となりはあまりよく分からないままだったんですよね。

でも、ライブシーンは良かったですね。
ロックというよりもパンクっぽかったですが。熱の入った歌い方、最高でした。
特に、ラスト、病院の屋上で宇田川咲のために歌った曲。豪雨の中、歌い上げる姿も良かったし、何より、歌(『いっぱい』 by.ザ・ロックンロールブラザーズ)がすごく良かったです。

そうそう、この映画、サントラはかなり好みでした。
音楽プロデューサーはいしわたり淳治さん。旦那が好きだったバンドのメンバーで、解散後に彼がプロデュースしているバンドも彼は好きなので、なぜか「いしわたりだからいいんだよ」と鼻息荒くしていました。まるで自分の手柄であるかのように。

ともあれ、ラストのライブシーンと二階堂ふみちゃんの存在により、個人的満足度は大幅アップ。おまけで☆4つとあいなりました。



ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
https://youtu.be/iHYOXARTzwQ




↓サントラおすすめ♪♪♪

「日々ロック」オリジナルサウンドトラック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。