スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カイジ2 人生奪回ゲーム』 感想&予告編 - 伊勢谷友介さんの恰好良さにメロメロ!

最近、フィギアスケーターの織田信成選手が「カイジ」に扮しているCMが流れていますね。かつら&つけ鼻の織田くんが印象的過ぎて、いまいち何のCMかよく分からないのですが・・・
とりあえず、漫画のカイジの風貌がまんま再現されていて、それなのにあまり不自然じゃなくって、なんだか凄いなぁ、と。織田くんを抜擢した人、凄いなぁ、と。

ともあれ、こちらの映画でカイジを演じているのは藤原竜也くん。
1のほうでは始終熱い演技の彼に疲れてしまいましたが、今回は設定的にテンションン高くてもOKな感じだったので楽しめました☆

20150728_KAIJI2.jpg

満足度:★★★★
2011年:日本
監督:佐藤東弥
出演:藤原竜也伊勢谷友介吉高由里子生瀬勝久香川照之

あらすじ
再び借金地獄に陥った伊藤カイジ(藤原竜也)。
10億円以上を稼げる巨大パチスロ「沼」に挑むカイジの前に、裏カジノの支配人・一条聖也(伊勢谷友介)が立ちふさがる。難攻不落の「沼」を攻略するため、カイジは裕美(吉高由里子)、坂崎(生瀬勝久)、そして利根川(香川照之)らと協力するが…。

特徴と見どころ
・テンション高い藤原竜也と濃ゆーい中年ふたり(生瀬&香川)
・オールバックでびしっとキめたスーツ姿が恰好良すぎる伊勢谷友介
・ほんわかムードが可愛すぎる吉高由里子


感想
漫画が原作の映画です。わたしは絵が苦手で読まず嫌いなのですが、旦那は大の原作ファン。
1のほうは「どうしても観たい!」という旦那につきあい、映画館に行ったのですが、チビが生まれてからはなかなか映画館には行けず…2はテレビ放映での鑑賞となりました。
結果、わたしは1よりも2の方が楽しめました。

1は『DEATH NOTE』同様、藤原竜也くんのしょっぱなからトバシまくりの演技についていけず、まあまあだなという感想。
2でもやはり藤原竜也くんはでだしから熱かったのですが、今回は「地下」での強制労働という非現実的なシーンからの登場だったので、テンション高めの演技もさらりと流せました。

そして、何より、伊勢谷友介さんが格好よかった~(≧∇≦)
びしっとした細身のスーツ姿にオールバックの髪。もう画面に現れた瞬間、悩殺されました。クライマックスではかなりやばい感じのシーンもありましたが、ラストはまたばっちりキメテくれて、むふふふふ。

…と、ここまで藤原君と伊勢谷さんの話題できてしまいましたが、生瀬勝久さんと香川照之さんのダブルキャストも相当な見応えです。濃い濃い~。
藤原君はもちろん、伊勢谷さんもテンション高めな演技だったので、この4人がそろうとかなり凄かったです。なので、そこに温度低めな吉高由里子ちゃんが加わるとちょうど良い湯加減になるというか。
かわいくって、癒されました。

ストーリーのほうは、多額の借金を背負っているカイジが仲間たちの分の借金もあわせて返済しようと、裏カジノの巨大パチスロ、通称「沼」に挑むというもので…
なかなかエンタテイメント性のある仕上がりになっていました。

ネタバレになってしまうかもしれませんが、1つだけ気になったのは、「ライオン」が出てくるギャンブルのシーン。まだまだ映画序盤だから、ここで負けるわけないじゃん(負け=死だから)と結果が見え見えで…
そこはちょっとスリリングさにかけたかと思います。

でも、全体的に、1よりもずっと楽しめました。1は星3つの普通でしたが、こちらは、胸をはっておすすめできる星4つです!
でも、漫画を全然知らない方はやはり1を見てからのほうが分かりやすいかな。

ま、あくまで漫画的なお話しで、リアリティには欠けるので好き嫌いは分かれると思いますが…。
何にせよ、伊勢谷さんは究極に恰好いいです!



ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
https://youtu.be/uL7OLPR6FSk




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。