fc2ブログ

『キンキーブーツ』 感想&予告編 ― 笑えて泣ける、UK発のハートフル・コメディー

今回ご紹介するのは、前回ご紹介した『プリシラ』同様「ドラッグ・クイーン」(派手に女装したゲイ)が活躍する映画です。(余談ですが、毎回こんなふうに「何らかのつながり」でもって、レビューをつないでいけたらいいな、と思っています。)

今回の舞台はイギリス。「UKを完全ノックアウトした『フルモンティ』以来のハートフル・コメディ」という謳い文句どおり・・・

ワハハと笑えて、ちょっぴり泣けて、最高にハッピーになれる映画です!(>▽<)

0808Kinky.jpg

満足度:★★★★★
2005年:イギリス
監督:ジュリアン・ジャロルド
出演:ジョエル・エドガートンキウェテル・イジョフォーサラ=ジェーン・ボッツユアン・フーパー

あらすじ
ノーサンプトンの伝統的な靴工場の一人息子チャーリー(ジョエル・エドガートン)は、父親の急逝により、いやいやながらも跡を継ぐことに。
破産寸前の工場を救うためニッチ市場への参入として、「キンキーブーツ」(ドラッグ・クイーン専用の超ロングブーツ)の製作・販売を思いついたチャーリーは、ドラッグ・クイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)を工場に呼び寄せる。しかし、田舎育ちで昔かたぎの職人達に、靴職人としての腕がないチャーリーや奇抜な恰好のローラが簡単に受け入れられることはなく・・・。

※実在の紳士靴メーカー 「W.J. Brookes Ltd」 がモデルとなった物語

見どころと特徴
・破産寸前の靴工場がニッチ市場への参入で盛り返すトゥルーストーリー
・ちょっとずつ深まっていくチャーリーとローラの絆
・レトロな雰囲気漂う靴工場が素敵


感想
この映画、実際に「キンキー・ブーツ」の販売で成功をおさめたイギリスの工場がモデルになっています。なんて、それだけ聞くとサクセスストーリーで、その工場の主はいわゆるキレモノのように思えてしまいますが・・・

この映画の主人公、チャーリーは全然違います。
靴職人としての技術も工場の長としてのカリスマ性も持ち合わせていた父親とは大違いで、何ていうか煮え切らない冴えない男なのです。いざ工場を継ぐ決意をしても、その内実が赤字だと分かったとたん、従業員ひとりひとりを呼びだしては、

"What's can I do !? "=「僕に何ができるって言うんだ?」


と涙目で解雇を告げていく始末。
まったくもって情けなく、あまりに憐れで、逆にくすりとしてしまう感じなのです。

で、こんなチャーリーを手助けすることになるのがロンドンのバーで働くドラッグ・クイーンのローラ(本名サイモン)です。
チャーリーとローラ、一見何の共通点もないような2人なのですが・・・
お互いの苦悩を分かち合ううちに、実は同じような悩みを抱えて生きてきたことが浮き彫りになっていきます。

伝統的な靴工場の跡取り息子として生を受けたチャーリー。彼は、幼いころから「長」になるべく様々な訓戒を父親から受け、周囲からも当然跡取りとして期待されていたわけなんですが・・・
チャーリーは、自分が職人たちの信頼の厚い父親のようになれるとはどうしても思えなくて、ずっと居心地の悪い思いをしていたのです。いつまでたっても、自分がおかれている環境に「なじめない」と。

かたや、性的倒錯を持って生まれたサイモンは、物心がついた時には、きらびやかな女物にどうしようもなく惹きつけられていました。
それなのに、父親からはボクシングを強要され、常に「男らしさ」を求められていて・・・。親の期待と世間の目と自分自身の心はいつまでたっても「なじまない」と苦悩していたのです。

生まれ育った境遇は全く違う2人なのだけれど、どちらも自分の居場所を見つけられずに生きてきたから、お互い慰め合えるようなところがあって。そこから生まれた絆に、ぐぐっとくるものがありました。
ま、実際、身近にいたら、「なよなよしてんじゃねえ!」って、喝入れちゃうと思いますけど。w

でも、お互いの傷を分かち合い、理解を深めた2人は、「キンキーブーツ」の制作過程でどんどん変化していきます。チャーリーは「工場長」らしく、サイモンは「ローラ=自分」らしく。 その変化に、勇気づけられ、元気をもらえました。

さて、この映画の多くのシーンに靴工場が登場しているのですが、この工場内部の「古き良き時代」って雰囲気が、ものすごく良かったです。実はこれ現存する靴工場を借り切って撮影したんだそうで。どうりで味があったわけです。

とにもかくにも、「あたしだってまだまだやれる!」そんな風に、前向きになれる作品です!


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58



予告編 ※日本語字幕なし
http://youtu.be/83DXny5IQyM



イギリス発★笑い満載の映画

キンキーブーツ  フル・モンティ (ベストヒット・セレクション)   ウェイクアップ!ネッド


↓雨の日だって快適に♪





トラックバック

「キンキーブーツ」・・ドラァグクイーンは心優しきトランスジェンダー

サンダンス映画祭で絶賛され、本国イギリスで社会現象を巻き起こしたハートフルドラマです。(実話に基づく物語)ドラァグクイーン(※)用のブーツを作ることになった靴工場の経営者と、自分らしさを模索するドラァグクイーンの友情物語が切なくて、あたたかい。靴工場の...

コメント

コメント(3)
はじめまして
コメントありがとうございます。
TBさせてくださいね!

タイタン

2008/09/03 15:12 URL 編集返信
コメントありがとうございました
共感した台詞を見て、なんだかそれって全ての女に当てはまる気がしました。もちろん、ローラほど派手な格好ではないにしても。

aig

2008/09/03 23:36 URL 編集返信
RE
タイタンさん>
こちらこそ、ご訪問ありがとうございます★
時間があったら、またぜひいらしてくださいね。

aigさん>
まさにそうだと思います!
IHURUも自分なりにいけてない格好をしている時は、なんていうか弱気になってしまいます。。。

IHURU

2008/09/03 23:55 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

IHURU

Author:IHURU
アラサー→アラフォー女子。
出産・育児に追われ更新はまれです。
子ども嫌いだったわたしですが、目線がすっかりママになり、映画も昔とは違った点が気になるように。子どもと一緒に見た感想ものせていきます。

ブログ内検索フォーム

ランキング参加中

ぽちっと押してもらえると励みになります。よろしくお願いします♪

Google AdSense

楽天市場おすすめ商品