スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エスター』 感想&予告編 - 身も心もヒヤリとする一作

夏ですね!毎日暑くて出かけるのが億劫な今日この頃。
自宅でのんびり背筋を凍らしてみるのはいかがでしょう?ちょっと季節感は違う映画なのですが、こちらなんておすすめですよ~。

じりりじりりと迫り来る恐怖が快感となる一作です☆

20150805_eSTA.jpg

満足度:★★★★★
2009年:アメリカ
監督:ハウメ・コジェ=セラ
出演:ベラ・ファーミガピーター・サースガードイザベル・ファーマンジミー・ベネットアリアーナ・エンジニア
公式HP:エスター

あらすじ
子どもを流産で亡くしたことがきっかけで、夫婦関係が悪化してしまったケイト(ヴェラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)。
以前の幸せな日々を取り戻そうとした彼らは養子を取ることに決め、地元の孤児院を訪問し、そこで出会ったエスター(イザベル・ファーマン)という少女を養女として迎え入れるが・・・

特徴と見どころ
・心理的にどんどん追い詰められていく恐怖
・エスターがとにかく不気味!
・マックスがめちゃくちゃ可愛い!


感想
巷のレビュー評価が非常に高かったので、期待に胸をふくらませて見たのですが・・・
すごい!
想像を超えた面白さで、始めから終わりまで画面に釘付けになりました。じりりじりりと迫り来る恐怖、背筋が凍りつく快感、久しぶりに味わいました。

原題は ”Orphan”(孤児)。
ロシア出身だという少女「エスター」を孤児院から引き取ったことから、起きていく不穏な出来事。実は、少女の周りでは、これまでも悪い出来事が続いていたという。
一体、少女には何が隠されているのか・・・?

そんなことはつゆ知らず、孤児院を訪れたジョン&ケイト夫妻は、ウィットにとんだエスターを気に入り、すぐに引き取る決意をします。 夫妻にはダニエル(兄)とマックス(妹)という二人の子どもがいるのですが、エスターはその真ん中のきょうだいになります。
ダニエルはエスターのお嬢様ぶった服装や態度に反感を持ちますが、マックスはすぐにエスターになつきます。
というのも、ろうあ者のマックスのために、エスターはすぐに手話をマスターしてくれたのです。

エスターとマックスがすぐにうちとけた様子を見せたため、ジョンとケイトはほっと一安心。
また、エスターの賢く心優しい様子に大満足します。
そのため、死産をきっかけに落ち込んでいたケイトの心もほぐれ、一時途切れていたジョンとケイトの関係も修復していくのですが・・・

ある日、エスターの同級生の女の子が公園の遊具から落ち、大ケガを追ってしまいます。そして、その女の子をエスターが突き落としたという目撃証言が出たことから、2人の関係は再びほころび始めます。
ジョンはエスターの無実を全面的に信じようとしますが、ケイトは半信半疑。そんなケイトに対し、エスターは徐々に素の顔を見せていき・・・。

これがもう、じりり・じりりと嫌な感じなんだなぁ~。
ケイトの過去の傷 - 死産を経験したことやアルコール中毒だったこと - を、これでもかと言わんばかりについてくる。まさに大人顔負けの嫌がらせ・・・。
しかも、ジョンには決してその顔を見せず、可愛らしく甘えてみせ、ダニエルには反発できないように脅し、マックスには同罪をあたえて裏切られないようにする周到さ。

その結果、ケイトがいくら「あの子はおかしい」と訴えても、ジョンは聞く耳をもってくれず・・・。
壊れていく夫婦関係。ダニエルとマックスに迫る危険。

物語はケイト中心に進んでいくので、ケイトの恐怖、焦燥、絶望、そんなものがゴチャゴチャにまとまって、じりじり伝わってきて、うおぉぉぉ~って感じでした。

そして、少女に隠されていた秘密。
それは思いもよらないものでしたが、オーバーラップしてみると、「なるほど~!」という伏線がいくつもあって。もう1度見返しても、楽しめそうな感じです。
エスターがジョンとケイトに最初に伝えた言葉「(絵が上手なのは)ただ練習する時間がたくさんあったから」。これは紛れもない真実だったんですねぇ~。

そうそう、マックス役のアリアーナ・エンジニアちゃんが、べらぼうに可愛かったです♪
聴覚に障害を持っていて、手話と読唇術が堪能ということで、このマックス役はまさに適役だったのかもしれませんが・・・ ずば抜けた表現力に驚かされました。

もちろん、エスター役のイザベル・ファーマンちゃんも凄かったです。
ラストも彼女が演っているんですよねぇ?夢に出てきちゃいそうな迫力でしたが。
エスターが病院のトイレで、喚きながら暴れるシーン。愛されたいのに、愛してもらえずに過ごしてきた日々を考えると、ちょっと可哀相にも思えます・・・。

グロいシーンはそんなに多くないので、スプラッターが苦手な方にもおすすめです。
でも、じりじり追い詰められる恐怖は大きいので、誰かと一緒に見たほうが心強いかもしれません。


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


ブログランキング・にほんブログ村へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
https://youtu.be/CdJ7S7ZW3gg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。