スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『チェイサー』 感想&予告編 - 全身ゾクゾクが止まらない韓国映画

韓国映画を見ると、毎度、役者さんたちの力量に驚かされます。
まあ、そうはいっても韓国映画に関しては基本、サスペンス系しか見ないので、あまり役者さんについて詳しくはないんですけどね。

ともあれ、これも主演3人の演技力にやられた一作です。

20150817_Caiser.jpg

満足度:★★★★★
2008年:韓国
監督:ナ・ホンジン
出演:キム・ユンソクハ・ジョンウソ・ヨンヒキム・ユジョンチョン・インギ

あらすじ
デリヘルを経営するジュンホ(キム・ユンソク)。店の女の子たちと相次いで連絡がとれなくなり、ばっくれられたと苛立つジュンホだったが、ときを同じくして街では連続猟奇殺人事件が発生し・・・。
ジュンホは女の子たちが残した携帯電話の番号から客の一人ヨンミン(ハ・ジョンウ)にたどり着き、警察に通報。ヨンミンはあっけなく逮捕されて自供するが、証拠不十分で再び街に放たれてしまい・・・。

特徴と見どころ
・韓国アカデミー賞で主要6部門を受賞した話題作
・追う者、終われる者、囚われる者、3人の視線から進む極上のサスペンス
・脚本の秀逸さと3人の演技力に釘付け

感想
第45回韓国アカデミー賞で、最優秀作品賞を含めた主要6部門受賞したというこの作品。
日本での評価もまずまず高く、気になっていたのですが・・・
後味、悪し!
でも、全身、ぞくぞく。意外な展開に、魅せられました。この手の韓国映画って、グロくて後味悪いんですが、それがなぜかやみつきになってしまうんですよね。

10ヶ月に21人を殺害した実在のユ・ヨンチョル事件が基になっているというこの映画。ま、そうはいっても、ノンフィクションというわけではなく・・・
この事件を通して、アイディアが浮かんだ!みたいな感じなんじゃないですかね?よくは知りませんが、実際の事件の端々にいろいろと付け加えられて、秀逸な脚本が生まれたという印象を受けました。

物語は、チェイサー(追う者)=デリヘルの経営者・ジュンホ(キム・ユンソク)の視線。
ジュンホに追われる殺人者・ヨンミン(ハ・ジョンウ)の視線。
そして、ヨンミンに囚われてしまうデリヘル嬢・ミジン(ソ・ヨンヒ)の視線。
この3つが交差して進んでいきます。

店の女の子が相次いで行方をくらませます。ばっくれられたと信じて疑わないジュンホは、苛立ち気味に画面に登場。かたや、ヨンミンの登場は、女の子を自宅に呼び込むところから始まります。
最初から不穏な行動に走るヨンミン。ヨンミン演じるハ・ジョンウがね、これでもかっていうくらい、気色悪いんです。生理的に受け付けられない感じのオーラで、雰囲気ばっちり。

ヨンミンは女の子たちを殺してしまっているのですが、そんなことを知る由もないジュンホは、新たにミジンという女の子をヨンミンの元に遣らせます。
で、ミジンもまたヨンミンの魔の手にかかりかけ・・・(以下、ネタばれ含みます)

このへんはね、容赦なく、グロいです。
ミジンの視線で見せられるから、彼女の恐怖がじかに伝わってきて、辛いです。でも、それがまた、この物語から目が離せなくなるきっかけになっているわけです。

ともあれ、ジュンホはミジンとも連絡がとれなくなり、ミジン探しを始めます。
その途中で、ミジンを遣った客の相手の携帯番号が、いなくなった女の子たちの最後の客の携帯番号と同じことに気づき・・・

意外なことに、まだ序盤のほうで、ジュンホはヨンミンを突き止め、警察に突き出します。
しかも、ヨンミンはそこで「(連続殺人とうたわれている)女たちは俺が殺した」とあっさり供述、さらには「ひとり(ミジン)はまだ生きている」と告白してしまうんです。
え?え?え?という感じなんですが、実は、ここに警察のルールという落とし穴が。

韓国の警察では、自供のみで物的証拠がない場合、たとえ容疑者であっても、12時間しか拘束できないんだそうです。12時間以内に、物的証拠をつきつけられなければ、釈放しなければならない・・・。
ヨンミンはそれを逆手にとって、のうのうと殺人したと宣言するわけです。
ジュンホのほうは、ミジンの娘と出会い、それまで「店の女の子」としか考えていなかったミジンを「幼い子供の母親」としてとらえるようになります。そして、娘のために、本気でミジン探しを始めます。

けれど、ミジンは見つからないまま、12時間後、ヨンミンは再び自由を手にし・・・。

ジュンホが元刑事、という設定が心憎かったです。
ミジンの娘とのやりとりで、次第に蘇ってくるかつての正義感。警察がたどりつけずにいる証拠に、いち早く気づく嗅覚。そして、適度に持ち合わせているあくどさ。
物語の進行とともに、彼の心理面の変化も映し出されていくので、ただのクライム・サスペンスとしてだけでなく、人間ドラマとしても楽しめる映画になっています。

そしてその人間ドラマを魅せてくれるのが主演の3人-キム・ユンソクハ・ジョンウソ・ヨンヒ- の演技力。うーん、素晴らしかったです!

ただし、最初に言ったとおり、ラストは相当後味悪いです。
本当、救いようのない衝撃的なラストなので、そこのところは心してご覧くださいませ。


ここまで読んでくれてありがとうございます。ポチット押していただけると励みになります♪


にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ   


子育てブログもやっています☆→ Everything is All right 58


予告編
https://youtu.be/4tW_Vb-BQZs




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。